行政長官選挙結果と長崎の義母

今日の香港行政長官は予想通りのキャリーラム氏の当選でした。

選挙委員が1194名そのうち投票したのが1186名。

キャリーラム氏は777票獲得

えらい香港らしい縁起がいい数字になりました。

今回の選挙で香港人がもっと協力して前進すればいい。

それにしても会見でキャリーラム氏を含め落選した候補者たちからも

香港人という言葉がよく聞かれた。

「香港人」という言葉には深い意味と愛着があるのです。

                        

さて毎日電話を掛けている長崎の義母ですが

今夜の電話の内容は次のようなもの。

「このマンションにはいろいろな事件(ドロボウや人に部屋をかき回されている等等)が

起こるのでお隣の部屋の方とここを出ようと思う」という

「どこへ行くの????

病気とわかっていても私も興奮してくる・・・・

「どこに行っても泥棒が来ることになるんだよ~。

こんないい所もうないんだよ~。」

義母「そうかな?」

(物がなくなって泥棒だと思っているけれど泥棒はあなたなんですヨ~!)

自分がしたことはすっかり忘れて、毎日夕食後、

同じ階の友達たちとお茶を飲みながら話しているようだ

記憶はなくなっても思考力、体力はまだまだ元気です。


やはり人生95才なのか。

老後がどんどん遠くなる。


作家の佐藤愛子さんも92歳だしね。

瀬戸内寂聴さんも94歳か・・・・・







スポンサーサイト

香港行政長官選挙2017

政治の世界はどこも混沌として・・・・・

さて香港。

3月26日(日)は香港行政長官の選挙です。

今回の選挙から民主派も立候補ができる香港市民による

1人1票の普通選挙が行われるはずでした。

それが中国側からの反対で撤回され、学生たちの雨傘運動に発展しました。

そのような事情から今回も今まで通り

「親中派」だけが立候補した候補者から選ぶことになります。

香港の選挙方法は選挙委員に選挙権があります。

議員以外に不動産業界や金融業界、教育業界などから

1200人の選挙委員が選ばれます。

ただ選挙委員の半数以上が親中派という現実があります。

今回は三人の立候補者がいますが

実態は雨傘運動で断固拒否した「鉄の女」の異名を取る

前政務官のキャリーラム氏

そしてソフトなイメージの前財政官の

ジョン・ツァン氏の二人の戦いと思われます。

前政府の公務員のNo2とNo3。

香港の行末を決める大事な選挙。

地球上のほんの小さな香港の選挙も

いろいろ世界を動かすのです

この間はあんなに暑かったのに今日は20度を下回る肌寒さ。

天気も選挙結果も明日はどうなるのでしょう?






唐閣

友人たちとThe Langhamの「唐閣」

このレストランに仕事の関係がある友人がいて久しぶり本格中華。

今日も全員そろわず4人で食事。

いろいろ考えるよりセットメニューにしましょうということで

DSC_0186 (1)唐閣 DSC_0188唐閣 

DSC_0189唐閣 DSC_0187 (1)唐閣 


DSC_0190唐閣 DSC_0191 (1)唐閣

最近は慣れた居心地を最優先して同じお店が多いけれど

たまには初めてのお店もいい。

ホテルの雰囲気も変わらず落ち着いていていいですね。

大人の雰囲気です。

味は食材もいいからおいしくいただきますが

若い時のように「おいひー」なんてびっくり目を丸めることも

最近はありませんね。食事のコメントなんてできない・・・・

DSC_0192The Lamgham

このホテル。

15年ぐらい前に香港旅行に来た時泊まったなあ。

あれから来てないっていうことです。

あの時は香港に住むなんて夢にも思っていなかったけれどね。

人生とはわからないものです。


12世紀のオマル・ハイヤームの『ルバイヤート』(小川亮作訳)から一つ

あることはみんな天の書に記されて、
人の所業を書き入れる筆もくたびれて
さだめは太初からすっかりさだまっているのに、
何になるかよ、悲しんだとてつとめたとて!



どう息巻いたとて人生そう変わらないということでしょう。
12世紀も21世紀も変わらないね。













春分の一日

いつもの珈琲豆を買いに中環のオリンピアにいく。

DSC_0205 (2)olympia coffee DSC_0206 (2)olympia

二代目のお兄さんともう何年香港に居るのと聞かれ

そうだ。ちょうど3月で丸8年になると気づく。

8年前にもこの近くによく食べに来ていたカレー屋さんが今もあるかな?

全く香港は家賃の値上げの為、すぐに店が変わってしまうと急に怒りがこみ上げる。

ミッドレベルのエスカレーターのすぐ近く。

あの小さな間口の席が3つほどしかないネパール人の家族でやっている店。

寄ってみることにする。

DSC_0196 (1)中環カレー 

なかったドアーがついていてびっくりしたけれど、相変わらず頑張ってくれている。

DSC_0199 (1)中環カレー

味が少しまろやかになっている。

店にいた女性に「前にいたおじいさんと男性は?」と聞くと

ネパールに帰ったと言う。おじいさんはもう膝が悪くてと言っていた。

ネパールでは何をしているんだろう。

ともかくまだ営業していてよかった。おいしかったしなんだか前よりマイルド。

DSC_0202 (1)中環エスタれーたー付近

懐かしい界隈をうろうろしていると新しい店ができている。

DSC_0208 (3)中環新店舗 DSC_0210 (3)中環BOOKS

DSC_0209 (3)台湾茶店台湾茶のカフェ

台湾のパイナップルケーキと台湾茶を飲ませるカフェがあった。

すぐ話しかけるメロン。

「オープンしたばかり?」と目が合ったお店の女性に聞くと

2年も経っているらしい。

お腹が大きくて「赤ちゃんが生まれるの?」と聞いてみると

日本語で答えが返ってきた。

日本語上手な台湾人だったのでしょうか?香港人だったのでしょうか?

いろいろな国の人たちとお話しできて香港はそこが楽しい♪

今日は春分でお昼から27度にも気温が上がってきた。

香港らしい季節がやっときました。

久しぶりにくっきりした影を眺めながら

中環のど真ん中の交差点まで下がってくると

多人種の人たちが思い思いに交差している。

みんな同じ方向じゃない。

あっちからこっちへこっちから向こうへぶつかりそうになりながら・・・

枠にはまらない行動がたまらなくうらやましい。

みんな同じ方向にそろっていたら滑稽でしょ。

つくづくそう思った。









米芾 

DSC_0183米芾手本

最近は私がこの前台湾に行ったとき買ってきた米芾の手本で老師に書いてもらっている。

老師は広東語で読みながら私に意味を説明しながら書写する。

米芾はいろいろな字を自由に書く。

おおらかな字体は私も大好き。

DSC_0181 (2)米芾 老師

老師が珍しく自分の書いた書をスマホでパチリ。

私も一緒に思わず写真を撮った。



今夜放送されたNHKドキュメント72時間を見た。

香港の重慶マンションはやはり今でも様々な問題を抱えているビルだったんだ。

本当に世界には紛争や貧困で理不尽な生活を強いられている人たちが大勢いる。

何だか考えさせられる。







     
FC2カウンター
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
こびとさんの時計

ふたりに触れないで~

フリーエリア
banner-himawari2.jpg
プロフィール

メロンボール

Author:メロンボール
どこにいてもマイペース。
とっても天然メロンです。

なおブログの引用、転載お断りいたします。

カテゴリー
リンク
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索