チベットヒマラヤンスパから思うこと

バンコクで無邪気に行ってきました。チベットヒマラヤンスパ。

スパに行ってからいろいろ考えさせられたんですが

まずはヒマラヤンスパの素晴らしさ。

その語感からユーラシア大陸の中央部ヒマラヤと崑崙山脈の間にある

高度三千数百メートルのチベット高原を思い浮かべ、

壮大な自然の中で育まれたチベット医学から派生した自然治癒で

たっぷり癒されたい~なんて思い立ち、

どうせ受けるならスパ天国バンコクでと乗りこんだ

シャングリラホテル内にある「気 chi」スパ。

受付を済ませ通されたのは全面積1000平方メートル。

その広さにオリエンタル満載の優雅な雰囲気。

トリートメントルームはたった9部屋ですべて80平方メートル以上という・・・

これまた贅沢、きっと罰が当たるでしょう

ヒマラヤンストーンマッサージで使われるストーン一つ一つは、

チベット僧によってチベット文字が彫られ芸術作品のようでもあります。

それはオイルで重く鈍く鉱物のように光っている。

ストーンは同じように美しい形をしており、それがいくつも置かれ

無言でいて底知れぬ力を秘めているよう。

一流の技術で施される生薬と温められたオイルとストーン・・・

自然に寄り添うことの大事さを改めて感じた貴重な時間でした。


まあ、そのうち罰が当たるでしょう


しかしその後いろいろ思うところがありました。

そのチベット僧が彫ったというストーンを見て

チベット僧のチベット民族の悲惨な現状を思い浮かばずにはいられません。

このヒーリングはチベットのココナール湖に伝わるものらしい。

しかし現在ココナール湖付近には、

ある国の放射性汚染物質用のごみ捨て場となっています。

チベットの独立を阻むのはこの広大な土地があるからでしょうか?

またチベットが大量の鉱物資源を持っているからでしょうか?

自国の自治区というある国はチベット民族からその民族の言葉をなくすという

近代教育改革を推し進めようとしています。

多くのチベット僧の焼身自殺は何を世界に訴えているのでしょうか?

多くのチベット民族の犠牲は何のために払わなければならないのでしょうか?

チベット医学の良さを知れば知るほど

あまりにも世界に不条理がまかり通っている現実に唖然としてしまう。

こういう弾圧などの不条理の繰り返しが

人間や地球を有限にしてしまう。

誰がやめさせれるのか?

無邪気にスパを受けたけれど複雑。

チベットの現状




スポンサーサイト

タイ舞踊

タイ舞踊が近くで見れるというので

ホテル内にあるタイ料理店Salathipを早めに予約。

勿論本格的衣装を着けて伝統舞踊を見せてくれる場所もありますが

今回は食後出かけるので雰囲気を少し味わいます。

素敵な外観のお店です。
タイ料理in shangri-la(S) Salathip周り

夜2回お客さんのテーブルまで来てタイ舞踊を見せてくれます

タイダンスの手 タイダンス(s)

タイ舞踊は指先の動きが特徴的ですね。

指先が美しく見えるように長~いつけ爪をして手を信じられないほど反らします。

女性らしさや繊細さを身体全体使って踊ります

か細い身体ゆえあのような動きの形態になったんでしょうか?

本格的古典舞踊では重そうな頭飾りや宝石がちりばめられたシルクの衣装で

身を包み、さらに重心を低くしかも微笑みを絶やさず踊りますね。

暑いタイという国でクーラーがなかった時代は

過酷としか言いようがなかったでしょうね。

完成された独特のタイ舞踊には、

タイ王朝や仏教の影響が色濃く感じられます。

特にあの音楽は瞑想にぴったりではないでしょうか。

今回は目の前に現れた女性の指に注目致しました

あのように指が曲がっているのを初めて見ました

タイの女性は骨格が細いので、指の骨も細くて曲がりやすいのかしら・・・

しかしあんなに曲げるには練習中に骨折なんてあり得ませんかね?

タイ料理(s) Salathip外灯

因みにグランドハイアットエラワンホテルに隣接するエラワン祠でも

タイ舞踊を見ることができます。

ェラワン(S)

ただしこの寺院周りの花やさんはお供えを高く売りつけるので要注意らしい。

仏教徒のタイですがバンコクでは

まだまだこういう話よく聞きますね

寺院の中で買うのがベスト。

タイ料理とタイ舞踊の後は、チョオプラヤ川沿いに2012年にオープンした

アジアティーク・ザ・リバーフロートの夜市。

ホテルすぐ近くのBTSサパーンタークシン駅の近くの船着き場から船がでます。

でもシャングリラホテルからも船が出るので今回はすごく気分が楽です。

べっとりとしたバンコク夜風に吹かれて船が10分ほど進むと

アジアティーク・ザ・リバーフロートの観覧車が見えてきました。

なぜかとても早く回っているように見えますが、あれじゃ乗り込めない!!

しばらくするとスピードダウンしてきました。止まった気がしますが・・・

どういうシステムでしょうか?

アジアティークリバーフロント(s) 花火(s)

ここは現代大型娯楽施設。

ウイークエンドマーケットの現代版ですね。

もうこうなったらバンコクではないような気がしますが

でもこれからこの場所はバンコクの一大観光地になるんでしょう。

経済的発展?には世界画一化なんでしょうか。

世界が金太郎飴になってしまう

クルーズ船 タイ風小舟

それにしても朝晩の温度差があるバンコクはいいですね~

日本もそうだけれど朝晩涼しい

香港は一日の温度差が1,2度でほぼ同じ温度なんですよね。

朝から晩まで帰ったら暑いぞ・・・

プーパッポンカリー

プーパッポンカリーの「ソンブーン」スラウォン店

BTS サラディーン駅から歩いていけます。

ガイドブックには「ソンブーン」だけ告げてタクシーに乗ると

かなりの確率でぼったくりの店に連れて行かれるとか書いてあります。

バンコクで宝石詐欺にあった経験のあるメロンは今は慎重です

食べるその前にBTS サラディーン駅前に昔からあるTaniya Plaza。

20年30年前はさぞかしにぎやかな日本人街だったと思わせるビルです。

そこでアジアン雑貨やセラドン焼を売っているお店に行き

お土産を買うことにしました。

蚊取り線香用のセラドン焼と思わずかわいくて買った野菜のミニチュア

香取線香入れ 小さな野菜

この野菜ってひょっとしてお供えもの??少しそう思ってしまいました。

買い物もしたし、さてプーパッポンカリーを目指します。

渋滞の車の中を歩いて渡り(これ苦手・・・)

看板を見つけました。

元祖プーパッポンカリー とは これです。

プーパッポンカリー ソンブーン 

蟹をカレー粉で炒めただけのものに卵を加えた料理。

タイ料理の店でどこでも食べられるけれど、この店が元祖だとか。

卵がとろりとして食べやすいですね。

蝦もはさみで切ってくれるし、お店の人も親切。

プーパッポンカリーソンブーン ソンブーンの蟹

石斑魚も注文。香港じゃとっても高い魚です。

石斑料理 石斑料理小分け

お店の女性がきれいに身をほぐしてくれて、簡単に食べることができました。

西洋人も日本人も大勢の観光客や地元の人が来てました。

やはり噂通りにおいしいお店なんですね。

2年ぶりバンコクプチ旅行

shanngri-la タイ料理(s) チャオプラヤ川

2年ぶりに微笑みの国バンコクへ行ってきました。

香港から2時半で行けるアジアはバンコクやベトナム、カンボジア、台湾など・・・

香港は本当に便利な立地です。

1日で回りきれる狭い香港から見れば国内旅行の感覚です。

狭い国にいると飛び出したい気分になるんですよね。

香港の人も大の旅行好きです。バンコクでも香港人によく出会いました!

暑い国からもっと暑い国へ行くのはどうなの?って思いますが・・・・

今回は目的を持って、充実のプチ旅行でした。

目的は元祖プーパッポンカリーを食べる。

タイ料理を食べながらタイ舞踊を見る。

タイ料理をできるだけ食べる。

日本人が経営しているラーメン屋さんに行く。

足マッサージにも行く。

夜はアジアティークザリバーフロントに行く。

そして最後にシャングリラホテルの「chi」SPAに行く。

2泊という短時間でこんな目的を叶えるのに

ぴったりなシャングリラホテルに宿泊です。

久しぶりのバンコク

ちょっと用事で大急ぎ・・・
久しぶりのバンコクです。
なんだか観光客も少ないし、そんなに暑くない。変だな世界は・・・
まあソンクラーンの前だしね。

サイアムシティホテル1 ホテルサイアムシティ

タイ料理 バンコク

夜でもエラワン祠は人でいっぱいです。

エラワン祠

香港に帰ってきたら、香港の日本食店が大量倒産の危機というニュース
大急ぎで日本食店へ
西洋人の人たちも来てくれていました
でもこの先みんなあまり神経質にならないように、お願いしたい

                ブログランキングにクリック❤ありがとう
     
FC2カウンター
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
こびとさんの時計

ふたりに触れないで~

フリーエリア
banner-himawari2.jpg
プロフィール

メロンボール

Author:メロンボール
どこにいてもマイペース。
とっても天然メロンです。

なおブログの引用、転載お断りいたします。

カテゴリー
リンク
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索