潮州料理

日本でものど飴に使われる羅漢果

日本には生の羅漢果はないようですが

香港では中薬(漢方)の店頭でよく見かけます。

ゴロンと丸くて薬用効果が高くその事から仏教の羅漢さんの名がつけられたようですよ。

その羅漢果のような色をしたpotを初めて食べた。


南乳羅漢齋pot
DSC_2848南乳羅漢齋pot

いろんな食材が入っているので体にいいという意味で羅漢という名がついたのかな?

でもこれは確かに羅漢果の香りがしますね。

南乳は腐乳(豆腐発酵調味料)ですね。

はじめは「うん?」と思ったけれど

そのうちシチューのようにまろやかで深い味。

おいしくて次回も注文しようと思った一品。

これは花膠竹笙海皇羹

DSC_2847花膠竹笙海皇羹

花膠とは魚の浮袋(魚肚)

コラーゲンがたっぷりだけど中華って本当に色々食べますね。

竹笙は衣笠竹。

栄養たっぷりスープです。

潮州料理の炒飯は、上にかかったレースのような卵焼きが特徴的。

プロの技ですね。

DSC_2845欖菜肉碎炒飯

最近は潮州料理を食べる機会が増えた。

香港は潮州、汕頭出身者も結構多いので

お店も多い。

日本ではあまりお店がないかもしれない。

おいしいので香港で機会があればぜひ





スポンサーサイト

紅豆糯米

DSC_2717 central 花園



もうすぐ子供の日

香港ではいつもあるんだけれど粽

肉粽もおいしいけれど

これは 紅豆糯米


DSC_2725紅豆蒸米

円筒形でもないし、四面体というべきか
とにかく中身はこれ。

DSC_2726紅豆蒸米 中身


緑豆もあったよ。



これがおいしい♪

DSC_2700夜上海

夜上海の上海粗炒麺。

普通によくあるメニューだけれど

この腰のある麺。

太い硬い麺は名古屋の味噌煮込みの麺を思い出させます。

麺と野菜の絡まり具合がいいですね~

DSC_2699夜上海 翡翠 小籠包DSC_2698夜上海 

今日来たのは尖沙咀のフェリー乗り場の近く
マルコポーロホテル6Fの夜上海。

DSC_2705窓からフエリー DSC_2708フェりー


台湾にも新しいお店ができたようでVoucherまたくれた・・・・



白糖糕。

DSC_2681白糖糕

白いのは白糖糕、黒は黒糖ですね。

香港の飲茶はとてもおいしいのに、お菓子となるとなんだかな~

香港スイーツと言われる物や飲茶の甜品もおいしいものがあるのに

街中で売っているのは昔ながらの手作りお菓子がほとんどで正直、進化はなし。

このウイロみたいに見えるお菓子は白糖糕。

どういうものかというと

飲茶で人気の蒸しケーキのような馬拉糕の失敗作品の様。

米粉に砂糖、酵母を入れて発酵させオイルを少し垂らして蒸す。

至ってシンプル。

ふわっとした馬拉糕に対して膨らんでいない馬拉糕という感じでしょうか?

それでも昔からずっとあるので香港の懐かしの味でしょう。

3個10HK$(140円ほど)でした。

街の中から少し離れたお菓子やさんや昔のパンやさんでも購入できますよ。

ウイロに見えてそれを裏切る食感。

一度試してみてはどうですか?








この小朋友すごすぎ・・・・



口ぽっかりあけてみてしまう・・・

可愛いくてすごい

おかたづけもできて不得了[bat1 dak1 liu5 ] スゴイ!








     
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
こびとさんの時計

ふたりに触れないで~

フリーエリア
banner-himawari2.jpg
プロフィール

メロンボール

Author:メロンボール
どこにいてもマイペース。
とっても天然メロンです。

なおブログの引用、転載お断りいたします。

カテゴリー
リンク
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索