唐閣

友人たちとThe Langhamの「唐閣」

このレストランに仕事の関係がある友人がいて久しぶり本格中華。

今日も全員そろわず4人で食事。

いろいろ考えるよりセットメニューにしましょうということで

DSC_0186 (1)唐閣 DSC_0188唐閣 

DSC_0189唐閣 DSC_0187 (1)唐閣 


DSC_0190唐閣 DSC_0191 (1)唐閣

最近は慣れた居心地を最優先して同じお店が多いけれど

たまには初めてのお店もいい。

ホテルの雰囲気も変わらず落ち着いていていいですね。

大人の雰囲気です。

味は食材もいいからおいしくいただきますが

若い時のように「おいひー」なんてびっくり目を丸めることも

最近はありませんね。食事のコメントなんてできない・・・・

DSC_0192The Lamgham

このホテル。

15年ぐらい前に香港旅行に来た時泊まったなあ。

あれから来てないっていうことです。

あの時は香港に住むなんて夢にも思っていなかったけれどね。

人生とはわからないものです。


12世紀のオマル・ハイヤームの『ルバイヤート』(小川亮作訳)から一つ

あることはみんな天の書に記されて、
人の所業を書き入れる筆もくたびれて
さだめは太初からすっかりさだまっているのに、
何になるかよ、悲しんだとてつとめたとて!



どう息巻いたとて人生そう変わらないということでしょう。
12世紀も21世紀も変わらないね。













スポンサーサイト

手作り湯圓

昨年の12月に蘿蔔糕(大根餅)を手作りした。

次回は湯圓(お団子)を作ろうという話がでていて今日集まった。

K子さんとERICAさん。

ERICAさんの媽媽が皮も餡もとってもいい具合に作るというので教えてもらった。

今日はERICAさんの媽媽手作りの花生パウダー(落花生)もわざわざ持ってきてくれた。

袋から花生のいい香り。

DSC_0088 (4)花生

昔はフードプロセッサーもないので大量の花生を擂鉢でつぶしたのでしょう。

棒状のブラウンシュガーを使っているみたい。

粉は糯米粉。

DSC_0087 (3)もち米粉

お湯を入れて丁寧にこねていく。

今日食べる分だけして残りは私のプラクティスらしい。

粉を4分の1ぐらい使用。

餃子の皮の要領でこねて、その中に花生パウダーを入れて丸くする。

こねるのは硬めの耳たぶぐらい。

丸くしてそれを平らにしてくぼみを作ってその中に花生パウダーを入れる。


DSC_0093 (2)丸める

個性でいろいろな大きさ。

お湯の中に投入。

この時にかなり大きく膨れます。

今回はERICAさんのお勧めで茹でるのとショウガ湯を同時に。

この方が皮にもショウガの香りがしみこんでいいとか。

ショウガ湯はいつも使っているパック入り。

お店ではショウガ湯(シロップ)と別なので透き通ったシロップで提供されますね。

DSC_0097 (2)湯圓食す。

三人で話しながらやればあっという間。

芝蔴餡にしたければゴマペーストの瓶入りが売っているのでそれを利用すればいい。

ショウガ湯を使わなくてそのまま食べても・・・・・

湯圓はスーパーで箱入りや冷凍物がいつでも売っているけれど

やはり手作りは違う。

みんなが集まって定番の香港スウィーツ簡単に作れる。

楽しみがまた増えた









金葉庭

DSC_0054 (1)金葉庭

香港の友人5人がそろったこの日。

予約が取りにくい金葉庭なのにM子さんのおかげで

いつもスムーズ。

ここはコンラッド香港ホテル内。

こじんまりして落ち着いてゆっくりできる。

庭DSC_0053 (2)金葉

会えなかった日々の話やらあれこれ話が尽きない。

勿論それぞれの親の話も・・・・

軽度のアルツハイマーと言われててから

もうすぐ2年経つ義母だけれど

91歳に手が届きそうな高齢者は進行もゆっくりのようです。

泥棒に物を取られるというお話は毎日電話で聞かされるけれど

「今度長崎に来るとき友達とお茶するときのお菓子も持ってきて」と依頼される。

昔と変わらずはっきり言えるんですよね~。

みんなにお菓子を差し上げて、後で泥棒がもっていったとか言わないでね。

記憶以外の脳の働きってすごいですね。

こういう話もそれぞれ、あれこれ。

友人がいたから長く香港に居れるんですよね。

つくづく感謝♥

それにしてもいつもM子さんのおかげでホテル側から厚遇。

次回は3月の後半に会えるのを確認。

今回も暑かったけれど次回はもっと暑いはず。

だらだら春から夏ってパターンですね。

あっという間に時間が経って元気の給油が完了。

さあ大急ぎで帰りましょう





DIM SUM LIBRARY

DSC_0152 (1)2017年1月26日

友人たち5人が全員集まるのはなかなかむずかしい。

2人、3人と個別で会うことになりがち。

今日は4人でいい年を迎えれるように顔をそろえました。

新しいお店です。間口よりずっと奥が広くてびっくり。

そういえばこの場所以前は広いSports Shopだった・・・・・

街は早く転がるように変化します。


DSC_0146 (1)DIM SUM LIBRARY

DSC_0144 (1)DIM SUM LIBRARY

DSC_0150 (2)DIM SUM LIBRARY

最近は中華もフュージョンが多い気がしてちょっと寂しい。

食事の後はいつもの音楽付きお茶タイム

旧正月にやってはいけないこともたくさんあって話題になりましたよ。

その中で少し。

風水でお正月に幸運を呼び込むために

窓を開けて幸運を呼び込む。

赤い服を着る。

赤い下着はさらにポイントアップ。

部屋の真ん中に水仙の花をおく。

やってはいけないのは髪を切ること。

散髪は幸運を切り落とすとされてハサミや尖ったものは

片付けなくてはいけないようです。


「新年快楽!」

「恭喜發財!」

A Happy New Year!

世界平和は賢いリーダーがたった一人でも出れば世界が動くはず。

しばらく心配・・・・・




DIM SUM LIBRARY

124,Level 1, Pacific Place, Admiralty, Hong Kong

満楽 潮州料理

このガーゼのような薄い卵焼き。

こういうのが中華の技かな。

蟹籽海皇炒飯。

DSC_0094 (1)蟹籽海皇炒飯


蟹の卵が入って赤い粒粒が口あたりいい。

魚料理は春菜煮銀雪魚。

DSC_0096 (2)春菜煮銀雪魚

こういうスープ形式の魚料理はご飯ものにかけて食べたり・・・・

後定番の四季豆

潮州料理は結構個性が強いけれど

今夜はさっぱりでおいしくいただきました。

DSC_0090 (2)満楽

家の近くに新しくOPENした潮州料理のお店

満楽 MOON LOK


     
FC2カウンター
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
こびとさんの時計

ふたりに触れないで~

フリーエリア
banner-himawari2.jpg
プロフィール

メロンボール

Author:メロンボール
どこにいてもマイペース。
とっても天然メロンです。

なおブログの引用、転載お断りいたします。

カテゴリー
リンク
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索