コゼットのオニオンスープ (マンダリンオリエンタル香港)

今回も一人欠けて4人。

DSC_2878マンダリンのオニオンスープ

ミートサンドイッチとスープをそれぞれ二人分。

いつも量が多いので二人分を4人でシェア。

香港の友人たちとの付き合いはもう10年ぐらい。

10年も経つといろいろな変化も出てくる。

来年はまた帰国や違う国への移動やそれぞれありそうだ・・・・

勿論これっきりじゃないけれど、

ずっと同じはあり得ないもんね。人生。

ざわざわと人の声と食器の触れ合う音を聞くと

あー香港だ。


今朝Line Todayから
「殿堂級歌手西城秀樹逝世 享年63歳」と送られてきて驚く。
広東語に編集された歌も結構あったそう。
早すぎる・・・
ご冥福をお祈りします。

スポンサーサイト

梅窩のkitchen

以前ランタオ島で一番おいしいピザって何方かのコメント見て

それ以来時間があれば通っているお店。

個人的には香港でかなり上位に入れたい。

DSC_2830pizza.jpg

直径50センチぐらいあるけれど

好きな薄いピザだから2人で全然平気。

4月に来た時はTRAIL RUNが開催されていてお店に入りきれなかったけれど

また平常に戻って穏やかな日。

お店にいる大型犬が足元で寝ているのどかさ・・・・

DSC_2829キッチン

海沿いを一回りしてバスで帰ります。

梅窩のkitchen



海南鶏 と ジャスミンドラゴン茶

DSC_2642 2018年4月9日

久しぶりに気持ちのいいお天気。

KさんとMさんとランチ。

実は日本から帰ってすぐお誘いがあったけれど

ウイルス性胃腸炎のような症状でぐずぐずしていた。

何度目かでご一緒でした。

最近は香港に帰っても日本に行った日数ぐらい疲れを引きずる。

血圧も日本から帰ると飲薬しているのに高めが続く。

血圧もたぶんびっくりするほどではないのかも(自分で思っているが)

お医者さんからはもう飲んでおいた方がいい年齢ですと言われた。

運動は好きだし、辛いのは中辛までが限界。

結局年齢か・・・・・

医師から下の数値がちょっと気になるとも。

用心に越したことはない。

食事は普通にしているからね。

DSC_2648インターコンチ

今日の私は海南鶏。

目の前は仏飯じゃないよ。

みんなそれぞれでアジアン オン パレード。

この店の海南鶏が世界一なんて言ってた人がいたらしいけれど・・・

こういうローカルの食べ物は本当は小さな店でがやがやがおいしいんだよね。

しかも料理人が変わればその味は不変ではないんです。

今日はおしゃべりで味わうのを忘れています。

そのあとは少しは健康にいいかと中国茶

DSC_2649ジャスミンドラゴンティ

名前に惹かれました。

ジャスミンドラゴン茶。

可憐でいて強いなんて素敵ではないですか。

自己においての矛盾。

DSC_2644 2018年4月9日







ロイヤル香港ヨットクラブにて

DSC_2283ヨットクラブ

ヨットクラブに10名集まって食事。

この集まりには香港在住40年近くのひとたち。

そして今日は友人の送別会に参加させてもらっている。

彼女たちは、子供をこの地で生んだ人もいる。

この地でそれぞれ子育てをし、その子供たちが結婚したり離婚したり、

孫が生まれたり、病気になったり、ご主人がなくなったり・・・

さまざまなことを経験してなお明るい女性たちだ。

香港の刺激ある毎日を過ごしてきた彼女たちも

これからは当然のように自分たちのことに話題が進む。

日本に帰ることなど考えない人や

後10年で帰るという人、行ったり来たりを続ける人など

未来予想図はうっすらと描かれている。

40年近く香港或いは異国で暮らすとはどういうことだろうか。

もう人生の半分ぐらいをこの地の風や空気を吸って過ごしたことになる。

子供たちもバイリンガルであったり国際結婚をしたりさまざま。

その親である彼女たちも、すでに何らかの特徴をもった日本人が

出来上がっているのだろうな。

それもいいんではないだろうか。

人生って過ぎてみると案外短い。

これから後の人生がまだまだあると言っても

今まで過ごしたキラキラとしたものとは随分違ったものになるはず。

後半の人生も案外短かったと言えるように私も過ごせたら。

「これをしていたら死ぬのも忘れるよ~」なんてものが見つかれば

人生万歳と思う。

帰国する友人もすぐ香港に遊びに帰ってくるんだろうなあ。

そうきっぱり香港のキラキラした思い出なんて忘れられないだろうから















続きを読む

ドトリムク

韓国料理は結構よく食べる。

胃の調子が悪いときや風邪のひきかけの時などです。

近くのこの店ではいつもいつも「カルビタン」。

メニュー見ても結局「カルビタン」なんです。

鍋の中のスープをひとさじ口にすると身体に優しくしみこみます。

カルビと添えられるカットゥギ(大根キムチ)と白いご飯で

お腹がいっぱいになって満足していつも家に帰るのです。

ところが先日、テーブルに並んだ前菜の中にドトリムクが出てきました。

「あっ、ドトリムクだ!」

DSC_2194韓国ドングリ料理

これはドングリで作る韓国料理。

韓国に住んでいた時、勿論レストランでも食べましたが

知り合いになった韓国の人たちの中に、これを手作りでごちそうしてくれた人がいて、

そのことを思い出して懐かしい思いが溢れました。

ドングリは私の小さなときは「食べてはいけないもの」と教えられていました。

ドングリの中でもマテバシイやミズナラ、コナラの種類は食用ができるそうです。

ただ手間のかかる料理で、見た目も華やかさに欠けるので

本当に昔の田舎料理だと彼女も言っていました。

ドトリムクを目にして、その日はいつものメニューとは違って、

その当時駐在員家族の友人たちと

よく食べていた「スンドゥブ」を久しぶりに注文。

DSC_2195韓国料理

アツアツの鍋に牛肉とあさり、そして柔らか豆腐。

今では日本でも人気ですね。

30年前の値段は確か2千ウォン。

日本円で200円。

なんと円高だったのでしょうか。

これより安いメニューは見かけなかったぐらいのコスパの良さに

「スンドゥブ食べに行こうか」と青空が広がる冷たい空気の中を

みんなで出かけたのを思い出します。

白子も安かったな~。

懐かしの「スンドゥブ」だったけれど

次に食べるのはやはり「カルビタン」だろうな。

そういえば韓国料理やキムチって中毒性があるって

韓国の友人たちも言っていたけれど

確かにそうかも。

たまにきっちり食べたくなる。



     
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
こびとさんの時計

ふたりに触れないで~

フリーエリア
banner-himawari2.jpg
プロフィール

メロンボール

Author:メロンボール
どこにいてもマイペース。
とっても天然メロンです。

なおブログの引用、転載お断りいたします。

カテゴリー
リンク
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索