40年ぶりの再会

久しぶりの神戸でした。

実家の母はもう何もわからないかもしれません。

赤ちゃんのように目を動かして空を見て何かを探しているようにも見えます。

もうすぐ90才の誕生日なので行ってきました。

もう足を地面に着くことができないなんて・・・・

歩けない赤ちゃんが1年ほどかけて

地面を歩けるようになることは本当にうれしい、驚きのことなんですね。

日本滞在最後に40年ぶりの友人たちが有馬温泉に誘ってくれました。

神戸も大雪かもしれないと予報は言っていたけれどすっかり晴れ。

DSC_0020 (1)有馬温泉

40年という時空を一瞬で超えて○○ちゃんと呼び合うのは

気持ちがほぐれてあの頃の心が覚えている空気が流れだします。

5人での楽しい時間ありがとう。

あれからすっかり暮らしは変わった私だけれど、

気持ちなんてすぐ戻れるのがわかってよかった。よかった。

そして何よりみんな幸せそうでよかった!

次の日の関空も晴れてくれて、香港行きキャセイ便が待っています。

DSC_0021 (3)関空





スポンサーサイト

今回の本

私は毎回のように日本に行くとき香港からネットで本を購入して日本に届くようにする。

今回はこの本たち。

7月購入本

結構バラバラに見えるけれど世の中何事も繋がっているはず。

右の『THE TEACHING OF BUDDHA』はカンボジアのホテルの部屋に置いてあって興味を持ったもの。

聖書の和英はよくあるけれど、さすが仏教国カンボジアでは仏教の和英の本が置いてありました。

『鉱物の不思議がわかる本』はBIRD READERさんのブログに紹介されていた本。

鉱物は本当に不思議、ダイアモンドなんて不思議の極み。

ダイアモンドは人の姿をかき消す」って、オスカーワイルドが本の中で言っていました。

後は椋鳩十の『月の輪グマ』。

なぜ童話かというと童話は哲学のかたまり。私はそう思う。

童話は決して子供の本ではないのです。


私がライフワークにしたいことは、いつかただ一冊だけ童話を書くということ。

子供は哲学のかたまり。

可愛い孫N君から学ぶことがいっぱい

自然の子供から学んでいつか必ず・・・・

N君とは今回は少ししか遊べなかったけれど

いつも通り目に涙をいっぱいためてお別れ

当然私も

「香港にいくの?」とN君は聞くけれど2歳の彼に香港はどんな認識なんだろう?









浪漫鉄道

乗り物が大好きな2歳児Nくん。

弟ができて初めは戸惑いもあったけれど、一か月たってやっと承認できたかな。

列車を動かせたり眺めたり・・・・・飽きない世界
列車たち(shou)

香港の乗り物もずらーっと。

香港の乗り物たち(shou )

線路は続くよ~どこまでも♪は彼のBGM

さらにJR九州社歌「浪漫鉄道」までくちずさむ。

夢の列車が~ひた走る~♪

可愛い声で歌うのをよく聞いてると素敵な曲。

調べると歌っているのは懐かしのハイ・ファイ・セット

知っていました?「浪漫鉄道」。



香港に帰って私も口ずさんでいます♪

88歳と2歳

88歳の米寿の母親と孫なんだか同じiいろんなこと。

食べる物や、寝る時間。

人生なんだかクルクル回る。

命がなんだか繋がっている。


2歳の孫にはもうすぐ弟。

からだの中が不安でいっぱい。

なんでもかんでも「いや、いや、いや。」

夢の中でも「いや、いや、いや。」

そうして一言「ママ~」

寝ても涙が流れるのね。

                          

                          
米寿の母親の所に孫たちと新幹線で神戸まで行ってきました。

新幹線が大好きな孫君は大興奮。

88歳の母親はひ孫を見ると笑顔が咲きます。

88歳と2歳。

なんだかすごい。

どちらもすごい。








別府温泉

別府

今回は湯けむり立ち上る別府温泉まで足を延ばしてみました。

別府湾の日の出と長崎の大村湾の日の入りは有名と聞いていたのでTRY。

日の出と日の入りは地球ができた頃から不変なんだとしばし物思う。

まるで人間の行いを大きなオレンジの太陽が毎日優優と眺めているという図なのでしょう。

「お天とさんが見てるよ」と昔はよく言ったものです。

年明けから大きな太陽に心が洗われてハッピーハッピーでした。

別府温泉は確か2回目。

長崎の夜景も綺麗だけれど別府湾の夜景はなかなかのものでした。

なぜか「香港より綺麗」って瞬間思ったのは空気がとっても澄んでいたからでしょう。

静かな暗闇にブルーやグリーン赤やオレンジなどの明りが

冷気にキラキラと瞬いています。 賑やかな香港ではこうはいかない・・・・

和牛やてっさまで頬張って、後は温泉なんて、なんて日本は贅沢なんでしょう。

香港の人たちが好むわけです。

これを香港で食べたらいくらになるかなんてすぐ香港ドル換算してしまうのは

長年の習慣という事です。

別府では親戚の人たちと久しぶりにお会いしたり

25年前の韓国ソウルの駐在家族時代の友人と25年ぶりに再会したり・・・

別府駅近くに住むこのE子さん、少ししか時間がなかったけれど

会った途端にその頃に戻って話が尽きない。

お互いそんなに変わってなくて胸をなでおろす。

「続きは香港でね!」と約束をしてお別れ。

別府温泉は日本でも源泉がダントツに多いらしい。

広大な由布岳を目の前にし、湯けむりが立ち上る別府温泉また行きたい


     
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
こびとさんの時計

ふたりに触れないで~

フリーエリア
banner-himawari2.jpg
プロフィール

メロンボール

Author:メロンボール
どこにいてもマイペース。
とっても天然メロンです。

なおブログの引用、転載お断りいたします。

カテゴリー
リンク
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索