鳳凰木と假檳榔

DSC_0032 (4)鳳凰木2017年5月

そろそろ大好きな鳳凰木の赤い花が咲き始めました。

咲き誇ると迫力のある景色になります。

何しろ鳳凰木は世界三大花木です。

毎年この時期、窓から下を眺めると赤の華やかさに見とれてしまいます。

そして先日、城市大学構内散歩のとき假檳榔(ビンロウ)の木。

英語名 Archonto phoenix alexandrae


DSC_0050 (1)假檳榔

檳榔の種子は噛みたばことして台湾などで嗜好品だったけれど

現在は発がん性があると国際がん研究機関が発表しています。

いつもビンロウってどんな樹だろうと思っていたので

これは初檳榔!って感激したけれど

「假・檳榔」 假とは偽物っていう意味。

にせ檳榔か。

でも偽っていうには檳榔に似ているんだろう。

やはりいつも見るヤシと少し違う。

さて今日からまた神戸、長崎、福岡・・・・

帰ってきたら鳳凰木が満開だといいけれど・・・

5月末までブログお休みいたします

よろしくお願いいたします。









スポンサーサイト

多様性のシンガポール

なんだかカラッとした風が窓から吹いてくると思ったら湿度63%。

DSC_0077 (2)樹頭菜2017年4月

樹頭菜。

街路樹に植えられていますが山を見るとこの樹で山が真っ白に見えてきます。

これから私の好きな真紅の熱帯の木「鳳凰木」も咲きだすはず。

今日は書法。

老師は国際結婚の妹さんが住んでいるオーストラリアから帰ってきたばかり。

以前その妹さんの新築祝いに老師が手書きの書の額縁をプレゼントされていた。

暖炉のある西洋建築に白と黒の書の額はしゃれていて知的で素敵だった。

見せていただいたお家の写真のシノワズリーな調度品も素敵でした。

文化が交じり合う多様性は発展には避けて通れません。

昔、福沢諭吉が日本の発展に国際結婚をまじめに勧めたと習ったけれど

先見性がやはりある人だったんだ。

文化とは単一では発展しない。

明日からほんの少しシンガポールに遊びに行く。

今回の目的は

チャイナタウンで幻の麒麟(キリンビールのラベルのような)の飾りを探すこと。

それとプラナカン建築を眺めマレーと中華の多様性を見てこようと思う。

多様性から生み出された雑貨もおしゃれ。

それにできたら木の実の印材があれば見つけたい。

麒麟の飾りは風水では最強の魔除け。

香港でもなかなか見つけられないので

今回頑張って来よう。

暑いのにもっと暑いところに行きたくなる











香港の竹足場

今日はこんなところでラムチョップなどを食べて

DSC_0052 (2)Osteria

あれなんだかいつもよりすいている・・・・

イースターだから西洋人が旅行に行っているかもしれない。

香港の街中何かに追われているように工事、工事、工事。

やはり返還20周年が関係しているのかしら?

DSC_0061 (1)ペニンシュラ2017年4月

このビルもきれいに直しています。

香港名物竹組足場。

どこのビルかというと

DSC_0060 (1)ペニンシュラ2017年4月

ペニンシュラホテルです。

DSC_0058 (1)竹足場

人が見えますか?

急いで仕事をして落ちないようにね~

夕方の散歩。

暑く蒸して香港らしくなっています。

DSC_0049 (2)アフリカンチューリップツリー東涌

アフリカンチューリップツリーとブーゲンビリア

DSC_0048 (3)アフリカンチューリップツリー DSC_0047 (1)香港花2017年4月9日

いつの間にか夏になっています






香港オーキッドツリー

香港も桜のような香港オーキッドツリーが咲き始めています。

ホンコンオーキッドツリー1(S)

ピンクと白の樹があり南国の桜のような雰囲気です。

香港行政府の(国)花で葉っぱが大きなハートでかわいい♥

ホンコンオーキッドツリーは、蘭のような花。

マメ科の樹木で、ハートの形は羊の蹄(ひづめ)に似ているので

羊蹄木(ヨウテイボク)とも呼ばれます。

花を見ながら歩いていると一瞬墨絵のような景色が現れました。

DSC_0247東涌墨絵2017年3月28日

方向を変えるとこんなに青い海なのに。

DSC_0244東涌2017年3月28日

夜はこの前当選した300HK$のチケットもって韓国料理へ。

当選した時お店の人と撮ったピースをしているメロンの写真が貼ってありました

恥ずかしいけれど当選の見返り。

DSC_0256韓国料理

チケットあるから太っ腹になって二人で700ドルも食べてしまって

帰ってから胃薬飲んでる強欲馬鹿なメロン・・・

初駐在が韓国だったから韓国料理食べると当時が思いだされて

おいしく懐かしい

よく行くから当選させてくれたかなってフト思っちゃったけれど

厳正な抽選のもとでしょう。

どちらにしても ヨカッタ

<注>水冷麺の上のキムチはメロンが置いたものです。



寶雲道(Bowen Road)

今日も23度で暖かいというか暑いぐらい。

久しぶりに寶雲道を歩いてみる。

寶雲道って本当にいい名前。

実は香港は日本軍に占領されていた時期があるのです。

香港では「三年零八個月」と言えば1941年から1945年8月15日までの期間。

悲しい歴史の期間があるのです。

その間日本軍がつけたこの道の名前が「霧島通」。

その後香港総督によって改名され「寶雲道(Bowen Road)」になったそうです。

「霧島通」と「寶雲道」歴史が隠れているのです。

宝の雲。断然「寶雲道」の方が想像力の翼が広がります。

香港ではこの程度が紅葉かな~

DSC_0083 (3)宝雲道2016年12月10日

寶雲道は中環から歩きます。

以前住んでいたミッドレベルのマンションを通って

DSC_0082 (4)寶雲道へ
この辺りでヴィクトリアピークから観光のトラムが通るのが見えるので

橋の上で少し待つ。

私はトラムに乗るよりここから眺めるほうがいい。

満員ですからね。

寶雲道の途中の東屋で少し休憩。

この道は木陰が多くてとても気持ちがいい。

整備された道から左手には香港の街と海が手に取るように見える。

昔のイギリス人たちはこうやって眼下に街を眺めていたのでしょう。

万歩計を見るとすでに12000歩になっているので

ヴィクトリアピークから中環へ下るバスに途中から乗る。

DSC_0088 (3)中環2016年12月10日

皇后像広場のツリー。

夜はさぞかしきれいだろう。

X’mas皇后像広場2016年


香港は大都会なのに緑が多い。

これは温暖な気候で南国の樹木の成長が早いこともあるのでしょうね。

そして街の景色は人工なのにあきない。

それほど私が個人的に香港が好きってことかもしれないけれど・・・・











     
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
こびとさんの時計

ふたりに触れないで~

フリーエリア
banner-himawari2.jpg
プロフィール

メロンボール

Author:メロンボール
どこにいてもマイペース。
とっても天然メロンです。

なおブログの引用、転載お断りいたします。

カテゴリー
リンク
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索