ドリアン・グレイの肖像

お正月のNHKスペシャルで放送されていた『NEXT WORLD 私たちの未来』をみた。

とうとう人類は若返りの秘薬を発見したそうだ。

なんだかこんな本があったなあーと本棚を探して読んだのが『ドリアン・グレイの肖像』(オスカーワイルド)

ドリアン・グレイの肖像

オスカーワイルド(1854-1900)は19世紀のアイルランド出身の作家。

メルヘン『幸福な王子』も書いていて(私は童話という言葉がしっくりこないのでメルヘンといいます。)

色々な騒動を起こしたけれど小説の時代と言われる19世紀、世界中に影響を及ぼした作家です。

オスカーワイルドに影響された日本の文豪たちも多い。

森鴎外、夏目漱石、芥川龍之介、谷崎潤一郎などなど・・・・

この本の中には様々なオスカーの知識が入っていて、それだけ取り出しても有益です。

作品の内容を一言で言うと

美貌の青年ドリアンが画家バジルのモデルとなり1枚の肖像画が描かれる。

青年ドリアンは永久の若さと引き換えに、絵が年を取っていくなら魂も投げ出すと言う。

その後徐々に自分の悪行や悪意が肖像画の表情に

刻々とあらわれてドリアン自身に恐怖として襲いかかってくるという内容です。

魂と肉体という問題でもありますね。

素直な人間が一つの観念からやがて欲望のまま愚行礼讃の哲学となって「快楽」となってしまう。

人間が悪に染まっていく心の様子や、誰にも見せられなくなってしまう

自分自身の心が映し出される一枚の絵。(これは恐怖ですね!)

オスカーワイルドの手に汗握る世界が広がる小説です。

「魂にも獣性があり、肉体にも霊的な瞬間がある。感覚も浄化されうるし、知性が頽廃することもある。
どこに肉体的衝動がおわり、どこに精神的衝動がはじまるかを、誰が指摘しうるだろう」(p119) と

オスカーワイルドは文中でこの時代の心理学者を批判しています。

つまりオスカーが言う魂と肉体の関係は切り離せないと言っています。

これから未来、私たち人間は秘薬で若返えることが可能になって

ますます長生きできるのであれば、

さらにどう生きるのかも私たちに突きつけられる問題でしょう。

病気が予防できて、また治療も簡単になって喜ばしいけれど

なんだかまた別の難しい問題がでてきそうな予感・・・・


続きを読む

スポンサーサイト

ハワイ行きとディケンズ

明日からハワイ

忙しいにもほどがあるって言いたいけれど

うれしい用事です

衣装も準備して・・・

dress.jpg munuhealii red


このハワイのブランドのドレスは、

フラを踊る友人に、お店まで案内してもらって購入したもの。

香港でも十分活躍しそう


ハワイ行の飛行機の中ではディケンズ『二都物語』下巻を読み切りたいもんですね。

二都物語

家のリフォームの時、本箱から取り出して読んだ上巻。中途半端で終わっている

メロンはどこの国の小説でも古典が好きです。特に黄金時代の19世紀。

読みだすとやっぱり面白い。

人間なんて100年、200年経ってもちっとも変りやしないもんです。

それにしてもハワイはやはり楽しみですね 

ALO~HA

善行とディケンズ『クリスマスキャロル』

Xmas.jpg
またまたクリスマスシーズン到来。
どこかのおばあさんが言ってたね。
一日は長いけど一年は早いって。これってちょっと怖いですね
一日があっという間っていうのは、幸せってことですね。

                        


今日はクリスマスストーリーをメロンボールに盛りつけます。

チャールズ・ディケンズ
『クリスマスキャロル』。有名ですね。
子供の本質、人間の本質をたたえる小説です。

強欲、非道の男スクルージ
彼は長年の友人の死後、彼の亡霊から三人の精霊に逢わされる。

この精霊たちはスクルージに過去・現在・未来の姿を見せる。

第一の精霊はこれまであった事柄の影法師。
自分の前身と一緒のその事柄は不思議な心の動乱を呼び、
長く忘れていたありし昔のあわれなわが身をみて泣きます

第二の精霊は自分も相手も地獄に落ちるのを見たいものだと言い放つf傲慢な現在

第三の精霊は自分のいないその世界、自分が死んだあとの世間を見せます。

スクルージは、寝床の上を見やった時、まざまざと人々のこんな言葉を聞きます。

 「万一、この人間が今生きることが出来たとしたら、
  先ず第一に考えることは
  どんな事であろうか。
  貪欲か冷酷な取引か差し込むような苦しい心遣いか。
  こう云うものは彼を結構な結果に導いてくれた、まったくね」

皮肉交じりのその冷やかな言葉。誰もが悲しんでいない。
目の前に見せつけられた自分の未来にとても見るだけの勇気が湧いてこなかったスクルージ。

でも三人の精霊は運命を免れる機会も望みもあることを
教えるためにやってきてたのです

スクルージは心の底から気持ちをいれかえ
本来の人間のあるべき姿となって
善い行いをし、彼の生活を一変させるというお話。

                           

人間は社会によって悪くなる。これってルソーの考え。
誰しも子どもであった人間は
社会に影響されて悪になるというもの。
社会に影響されるのが人間の宿命。
だってそれを構成するのが人間だもんね。
悲しい宿命です。

                              

自業自得という仏教の教えがありますね。
これは悪い場合だけに使うのではなく、
いい行いをすれば自分の得になり、
悪事をすればそれが自分の身に降りかかるというのが本来の使い方らしい。

過去、現在、未来を見せつけられたら
本当に身が引き締まりますね

未来から自分を客観的に見ることができれば、確かに今がんばれるはず
そしてちょっぴりでもいいから人の役に立てるはず。

罰あたりにならないように
精いっぱい今を生きましょうね。
自分の未来のためにもね。

                            

フェルメール展と『ドラキュラ』

フェルメール ワイングラスをもつ娘

先日フェルメール展を見てきた。これは「ワイングラスをもつ娘」
杏色というか橙色というか実際にみるドレスの色に感嘆
そしてこちらを見つめ微笑みかける瞳にも・・・

光の天才画家に感動しつつ帰路に着いた。

ところがところが新幹線の中で前の座席の迷惑な人
大声、早口のその人は35才ぐらいの女性・・・(細かいでしょ?でもだいたいあたってるよ

2時間近く大声の早口言葉をきかされた感じ
相槌を入れるのむずかしいだろうなあ~なんて変な感心までしちゃった・・・

閉口・・・みんな疲れてるんだから、まわりに迷惑かけないでよね~ぷんぷん

品性と知性があれば、絵のように黙っていてもすべてを語る・・・んです。

                        

今日はアイルランドの作家ブラム・ストーカー『ドラキュラ』をメロンボールに盛りつけます。

この小説は19世紀産業革命後のロンドンから出発し
文明に取り残された土地トランシルヴァニアへの旅から始まります。

発展する都市が抱える光と影の部分。
貧困と犯罪の増加。
誰もが尊敬と感謝の念を抱く才能あるミーナ。
彼女に牙をむくドラキュラ伯爵と男たちの知と勇気の戦い。
結末はミーナが助かったにもかかわらず、どんよりと不安を残す・・・

                          


現在の経済混乱も100年に一度の経済危機と言われます。
社会が不安になると『ドラキュラ』のような暗黒小説が出るもんです。

もうすぐ現代版『ドラキュラ』が出版されるかも・・・・・


そういえばドラキュラの舞台になった
ルーマニアのトランシルヴァニア地方にある「ブラン城」が、
58年ぶりに所有者のハプスブルク家の子孫に、
返還されたという記事が、2006年5月に朝日新聞に載ってました。

推定資産価値は36億円。
マイキャッスルなんて素敵だけど
ドラキュラは不死身だからな~
そしてドラキュラが襲うのは素敵な女性だからな~
怖いな~

別に私が心配しなくてもいいんでございました。
はい、私には一切関係ございません。
マイキャッスルなんて・・・
でもいいよね~

                             

イギリスと映画『キング・アーサー』

外灘  昼
租界であった上海はヨーロッパの香り。
異民族の文化に影響され、アジアのモダニズムの先端を走りました。
ジャズやナイトクラブ
ネオゴシックやネオバロック建築が今も堂々とそびえてます。

今度は上海で万博です。
アツいオリンピックと夏が終わって
次回のオリンピック開催国はイギリスです。
その時までに4つも年を重ねるなんて信じられない
有意義に過ごしましょうね

今日はイギリスにちなんで映画「キング・アーサー」をメロンボールに盛りつけます。
というのもトマス・マロリーの『アーサー王の死』を読んでないからね。ごめんね。

                         

アーサー王は5世紀半ばにいたといわれるブリトン人の強い武将。
伝説化され、トリスタン伝説や聖杯伝説が組み込まれて今の形になったそうです。
ヨーロッパでは当然みんなが知ってる、アーサー王。

どんなに装飾されようと、英雄、奇跡、忠誠を誓った人との三角関係が
話の中に組み込まれていれば誰だって、
「はは~ん、アーサー王ね!」ってわかるんです。

諸国の制覇や魔法使いマーリン、王妃グィネヴィア、円卓の騎士ランスロット・・・
これらが形を変え、姿を変えいろいろな所に・・・見つけてね!

「川から流れてきたのが桃で~」なんて話をすると
桃太郎の話だと日本人がわかるようにね

映画「キング・アーサー」も現代に即して「自由」を大きく掲げ、
素敵な騎士アーサーが登場してます。 

宝剣エクスカリバーの力にもびっくり。
やはり騎士道は紳士につながりますね。

その民族に伝わる伝説は政治的にも悪用されることがあるけど
夢や勇気も当然与えます。

                           

友達の家のワン子ちゃん。名前が「アーサー」と「マーリン
「アーサーは名前負け」らしい。
アーサーがんばれ!!

     
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
こびとさんの時計

ふたりに触れないで~

フリーエリア
banner-himawari2.jpg
プロフィール

メロンボール

Author:メロンボール
どこにいてもマイペース。
とっても天然メロンです。

なおブログの引用、転載お断りいたします。

カテゴリー
リンク
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索