誕生日プレゼントと『エミール』

さまざまの事思ひ出す桜かな・・これ芭蕉の句ですね。
桜のシーズンが私の誕生日。
今年の誕生日に息子がくれた誕生日プレゼントが、なんとなんとこのブログ。
うれしいですね~ 毎年思い出すでしょう。

成人した子どもたちを見てると、人間を育てていくという大仕事
のことをふと考えます。

ということでジャン・ジャック・ルソーの『エミール』について。

18世紀のこの古典が今も読まれるのは、
人間のもっとも根源的なものが深く明らかにされていて、
そのうえ、時代や秩序やあらゆる制度をこえているからです。

ルソーは下層社会に生まれて、まともな教育を受けることができず
上流社会の貴婦人達の庇護のもと、学問を身につけていきます。
そして、捨て子事件までもおこします。
しかしだからこそ、子どもの賛歌や人間性そのものを深く見つめ、
感銘を与える作品がうまれたのでしょう。

「子育て」という言葉がなんとなく薄っぺらく感じてしまいます。
やはり「人間育て」ですね。

「生きるということ、それは呼吸することではない。活動することである。・・・」(『エミール』岩波文庫)
ほんとにそうです。ハイ。

『むすんでひらいて』の作曲もルソーです。

でも思想や文学などにこれほど影響を及ぼしたルソーですが

個人的にはいろいろ問題のあった人物ですね。

スポンサーサイト
     
FC2カウンター
カレンダー
03 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
こびとさんの時計

ふたりに触れないで~

フリーエリア
banner-himawari2.jpg
プロフィール

メロンボール

Author:メロンボール
どこにいてもマイペース。
とっても天然メロンです。

なおブログの引用、転載お断りいたします。

カテゴリー
リンク
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索