映画ランンボーとアルチュール・ランボー

映画「ランボー最後の戦場」が今、公開されています。
ランボーというこの名前、ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、
実は原作『一人だけの軍隊』の原作者デイビッド・マレルが、
アルチュール・ランボーから刺激を受け,つけたとされます。

                         

ということで今日は詩人アルチュール・ランボー(1854-1891)をメロンボールへ盛りつけます。
彼はフランスの象徴派ヴェルレーヌにその才能を見出されパリで共同生活を送り、
そのあと二人でのベルギーやロンドンへの放浪の旅をします。
ヴェルレーヌによるランボーへの発砲事件で二人の仲は破局、
その後関節腫瘍のため右足切断するなど短いすさまじい人生を送ります。


早熟な才能を発揮『地獄の季節』(1873)を短い詩と散文でつづります。

また激しい反抗が浮かぶ小曲「母音」の中で彼はこう言います。

     「僕は母音の色を発明した。」

日本語でいえば「あ、い、う、え、お」から連想した色に結びつけるのです。
概念を色にですね~  むずかしい

よく小説は心理を描き、詩は観念を表現するといいますねえ。
アルチュール・ランボーは当時の社会に「怒り」をもちながら(映画のランボーもですね)
瞬間的、直接的な印象や感覚の言語を作り出すのです。

と色の感覚、音とリズムとイメージを結びつけます。

                         


日本でも多くの詩人や作家が影響を受け、
特に中原中也(1907-1937)がよく比較されます。
「サーカス」の中にこんな言葉があります

    幾時代かがありまして/茶色い戦争ありました・・・・・
    ・・・汚れ木綿の屋蓋のもと
    ゆあーん ゆよーん ゆやゆよん

宮澤賢治の「やまなし」の中にもこんな有名な言葉

    クラムボンはわらったよ。/クラムボンはかぷかぷわらったよ。

                         

印象や感覚の言語・・・
そういえば、言葉にすると嘘っぽくなることってありますね。
言葉では真実を表しきれない、
知っている言葉では、正確さが表現できない、そんなこと。

自分の手におえない程の雄大な自然の景色や
あまりにも美しい光景に涙が出そうになったことありませんか?

理由もなく流れる涙にやはり深層の理由があるはずですよね
ランボーならどんな言葉でこの涙を表現するのでしょうか?

感覚を言葉にするのはとても私には不可能でございます
胸キュンしか浮かばない私です。もっと文学的言葉ないかな~

                        
                           
         
               
スポンサーサイト

最近の日本人とゴットヘルフ『黒い蜘蛛』

少し前から建築にかかわる偽装や食品偽装が話題になり、
最近の日本人はどないなってしまったんやろ~なんて
心を痛めております
それに加え、今日信号待ちの車の中で歯を磨いている人を
目撃してしまいました。ありえな~い
バラアーチ

戒めのつもりで今日はメロンボールに
ゴットヘルフ(1797-1854) 『黒い蜘蛛』を盛りつけます。

                       
スイスの民話をもとに、その時代の農民たちの道義的堕落を風刺をこめて書いてます。
人間の邪悪を蜘蛛に象徴させ人間を戒めています。
内容は、農民が過酷な労働を免れるため、ある約束をします。
ところがそれを破ったため、クモが人の体に巣くったり、あらゆる恐怖となって
農民たちを襲います。
一人の母親がクモを捕まえ、穴に押し込め栓をしますが
何代も後の思い上がりの強くなった人間が栓をあけ
再びくもの恐怖にさらされるという農民小説です。

人間の弱さや邪悪の結果は、やはり人間に襲いかかってくるということです。

                         

福沢諭吉の言葉がいいですね。「独立自尊」
・・・心身の独立を全うし、自ら其身を尊重して、人たるの品位を辱めざる・・・
尊重できる自分を作る努力をし品位を持ちましょう


車の中で歯を磨いていたおじさん、どこで口ゆすぐの?
歯ブラシ持ってくる時間あるなら、家で磨いて。
お願いだから

詐欺とジイド『贋金つくり』

私たち家族がだまされるはずがない
こんな自信があっけなく崩れた
タイ旅行での話
詐欺団の登場人物は主要人物三人、あと周辺の人物四、五名。
騙されているのも知らず、私たち家族は
宝石店に向かう三輪車トゥクトゥクの中で
こう話した。「これが詐欺だったら完璧だね・・・
木の人形

                        
今日はメロンボールにアンドレ・ジイド(1869-1951)の『贋金つくり』を盛りつけます。
この小説は、少し複雑な構成。ジイドの生涯のあらゆる状況をデフォルメした事件と
それらの事件の間を生きながら「贋金つくり」という小説を
書こうとするエドワールという作家の日記で構成されています。
一大交響曲となっていてジイドはこの作品を「わが唯一の小説(ロマン)」と呼びます。

特定の視点から現実をゆがめないように試み、人生の無限の広がりを書こうとしたもの。
世間には知的で道徳的である贋金つかいが充満しているという風刺的作品にも取れる。

「ジイドによれば・・・人生はドラマとなり得る口火---可能性を多く孕んでいるが、普通、
小説家が描くように発展し終結することは稀である。・・・」(『贋金つくり』岩波書店、川口篤訳)
だから、真の小説家は、作中人物の行動を見守り、その言葉を聞く。

作者が小説を作り上げるのではなく、作中人物と、読者自身の補足で、
作品を作り上げるよう協力を求める。
  

                       

ところで、詐欺被害の件は、家族の機転で事なきを得たけれど、
ストーリーを考えた詐欺団の作者も、複雑な要素でストーリが代わって、
さぞかし地団太を踏んだことだろう。

ジイドが言うように、現実は「小説家が描くように発展し終結することは稀である」ということ。
でもあのトゥクトゥクのおじさんだけはいい人だったはず・・・。
これってまだ騙されている


バラと内田百閒『件』

今日はバラを見てきたのでバラの写真から始めます。
ローズ

美しいですね~。この魅惑的なバラにはとげがあるように
現実は裏と表と。なんだか危なげ・・・
昔から可視の現実にグロテスクで怪奇が共存してると
感じる作家たちが多くいました。

                   
ということで今日はユーモアと茶目っ気のある内田百閒の怪奇な『件』。
「件」はくだんと読みます。
イ(人)と牛は簡単に見分けがつくことから物の見分けの意味です。
一件、二件・・・と普通に使っていますが、こういう意味なんですね。なるほど・・・
さて「件」は、人面牛身の謎の生き物。未来の予知をするといわれ、予言を聞こうと
「件」のまわりに群衆が集まる。主人公は人の気持ちを持つ「件」。
「件」の目を通し周りの様子が語られる。

対象となるものの内部に入ってその心理を描く。
ドイツ文学ではホフマンやカフカの『変身』なんかもそうですね。


読み進むと奇妙な気持になってきます。
何だか訳が分からなくなる。これが百ワールド。
人間だった時の自分の息子や、親戚や先生、教え子たちが群衆の中にいる。
予言を期待する群衆。

「なぜこんなところに置かれたか。私を生んだ牛はどこへいったのだか。
そんなことは丸でわからない・・・」

訳が分からなくなるのに、読み進みたくなる。
文章の達人だからこそです。

でも対象に入り込むということは
人の立場に立って物事を考えるいい方法ですね

可視のものが虚で不可視が実。そういわれてもなあ。なんだかなあ~。
とにかく人の気持ちをわかるにはせっせせっせとコミュニケーションが一番
おしゃべりも大事。おしゃべり好きでよかった~
                 
         

GWとヴェルヌ『海底二万里』

ゴールデンウイークまっただ中。
今年は天気にめぐまれよかったですね。
日本の景気が気になる昨今。観光地もまずまずだったのではないでしょうか。

渋滞をさけ、ひっそりとたたずむ温泉を見つけゆったり
新鮮な野菜を求め近場のアグリセンターを回ったり、今年はゆっくり時間を過ごしてます。
リース赤いつる極小
この連休にはディズニーランドに行った人も多いはず。
ディズニーシーにも取り入れられているこの作品。
今回はジュール・ヴェルヌ(1828-1905)の『海底二万里』を
メロンボールに盛りつけます。
                     
ヴェルヌは、ロワール地方で生まれます。
ロワール川の中州にあるフェイド島には
船員たちが立ち寄り異国情緒が漂っていたそうです。
彼はその地から離れることなくブルジョワ生活をおくります。
抑圧された環境の中、想像から物語を生み出します。

この作品以外にも『八十日間世界の旅』『五週間風船旅行』や
『地底旅行』に『漂う都市』書いたらキリがありません。

『海底二万里』(1870)はネモ船長と
海洋生物学者たちのノーチラス号での海の旅。
ネモ(「NO ONE」誰もいないの意)は、謎の船長。
潜水艦ノーチラスで酸素の持続時間と戦います。
ヴェルヌは閉鎖された空間での危機に
時間との戦いという近代性を打ち出します。

日常から非日常での出来事。
これは真の大人になるためのプロセスとして捉えられます。
19世紀は自然科学の発見が相次いだ時代。
科学的なものの見方が重要視された一方、小説の世界では
不可視の世界へのあこがれや言語の神秘への強い関心が起こります。

未来予知で科学的で幻想的。
現代のさまざまな分野で参考にされ影響を与えています。

夢と冒険。私の好きな言葉です。
でもアトラクションはね・・・キャー、ウオー

                        



     
FC2カウンター
カレンダー
04 | 2008/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
こびとさんの時計

ふたりに触れないで~

フリーエリア
banner-himawari2.jpg
プロフィール

メロンボール

Author:メロンボール
どこにいてもマイペース。
とっても天然メロンです。

なおブログの引用、転載お断りいたします。

カテゴリー
リンク
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索