イギリスと映画『キング・アーサー』

外灘  昼
租界であった上海はヨーロッパの香り。
異民族の文化に影響され、アジアのモダニズムの先端を走りました。
ジャズやナイトクラブ
ネオゴシックやネオバロック建築が今も堂々とそびえてます。

今度は上海で万博です。
アツいオリンピックと夏が終わって
次回のオリンピック開催国はイギリスです。
その時までに4つも年を重ねるなんて信じられない
有意義に過ごしましょうね

今日はイギリスにちなんで映画「キング・アーサー」をメロンボールに盛りつけます。
というのもトマス・マロリーの『アーサー王の死』を読んでないからね。ごめんね。

                         

アーサー王は5世紀半ばにいたといわれるブリトン人の強い武将。
伝説化され、トリスタン伝説や聖杯伝説が組み込まれて今の形になったそうです。
ヨーロッパでは当然みんなが知ってる、アーサー王。

どんなに装飾されようと、英雄、奇跡、忠誠を誓った人との三角関係が
話の中に組み込まれていれば誰だって、
「はは~ん、アーサー王ね!」ってわかるんです。

諸国の制覇や魔法使いマーリン、王妃グィネヴィア、円卓の騎士ランスロット・・・
これらが形を変え、姿を変えいろいろな所に・・・見つけてね!

「川から流れてきたのが桃で~」なんて話をすると
桃太郎の話だと日本人がわかるようにね

映画「キング・アーサー」も現代に即して「自由」を大きく掲げ、
素敵な騎士アーサーが登場してます。 

宝剣エクスカリバーの力にもびっくり。
やはり騎士道は紳士につながりますね。

その民族に伝わる伝説は政治的にも悪用されることがあるけど
夢や勇気も当然与えます。

                           

友達の家のワン子ちゃん。名前が「アーサー」と「マーリン
「アーサーは名前負け」らしい。
アーサーがんばれ!!

スポンサーサイト

コーヒーとゲーテ『ファウスト』

55.jpg

珈琲・・cafe・・コーヒー・・・
どのように書いてもいい香りがただよってくるようですね~
私はやっぱりコーヒー派
コーヒーには何となく重厚な雰囲気を感じます。

この重厚な雰囲気はどこから来るのかというとやはりコーヒーハウスからでしょう。
実際、コーヒーハウスが世界で初めてできたのはトルコで1554年といわれます。
そこは調度品や装飾品に最高の物を置き、厚いじゅうたんが敷かれサロンとして
当時の上流社会の人々が集ったそうですあのトルココーヒーを飲んでたわけですね。

その後、オスマントルコ軍のウイーン包囲でオーストリアにコーヒーが伝えられ
そして17世紀の30年戦争のころドイツに伝わってきます。
ヨーロッパはコーヒーがよく似合うはずですね。しっくり~

今日は重厚なドイツ文学をということで
ゲーテの『ファウスト』をメロンボールに盛りつけます。

                         

日本のドイツ文学研究を代表する高橋義孝の名訳があります。
ファースト博士が悪魔のメフイストと取引をする最初の場面です。
  

      ああ、哲学は言わでのこと
      医学に加えて法律学
      無駄なことに神学までも
      胸を焦がして学びぬいたが
      今ここにいる  この阿保は
      昔と同じ阿保のままだ! 
 

  名訳!!ですね~

  
   博士ともあろう人でも、いくら学んでも真理は、わからず
   結局は何もわからないと博士は嘆きます。
   学んでも学んでもアホなら、学ばなくても同じなんて言わないでね

   凡人は真理なんぞわからず終わっていくもんなんですね。
   人間を含む自然とはなにか。
   人間は何に向かって生きるのか。
   凡人はそういうこと考えていると、最後には
   ここはどこ?私は誰?ってことになってしまいますね

  結局ファウスト博士は最後には天使に救われます。
  そこが私たちにも救いになりますね。

  天使たちはこう言います。

      たえず努力していそしむものは
      私たちが救うことができます・・・

 そうだよね!
 いつも努力していればきっといいことがあります

                         

ゲーテの名前を知らない人はいないですよね。
貴族で、知的で、イケメンと桁はずれの三拍子。

現実を自分の目で確かめたい!そう強く思う直観の人なんです


 わらべは見~た~り~野なかのば~ら
そうじしながら思わず出たこの歌、小学校か中学でならったでしょ?
シューベルトの「野ばら」もゲーテの詩なんですよ 

コーヒーを飲みながらたまにはゲーテもいいかも


ポエム 茨木のり子と北京オリンピック開会式

朝食

熱い夏はまだ続きますね~
こんなときはポエムはいかがでしょう

今日は茨木のり子の「倚りかからず」をメロンボールに盛りつけます。

                         

この詩集から「マザー・テレサの瞳」を一部抜粋します。

      ・・・外科手術の必要な者に
        ただ繃帯を巻いて歩いただけと批判する人は
        知らないのだ
        瀕死の病人をひたすら撫でさするだけの
        慰藉の意味を
        死にゆくひとのかたわらにただ寄り添って
        手を握りつづけることの意味を

        ----言葉が多すぎます
        といって1997年
        その人は去った・・・・

                         

  慰藉 と 医者 読み方が同じ なんか不思議。


茨木のり子さんのお父様は常々日本人の依頼心、依存心の強さを問題視されてたそうです。
私も同感。
私も含めて日本人よ!強くなれ!フレーフレーと感じてます。
人の力はすごいはず。 がんばれ人間!がんばれニッポン!


人の力と言えば昨日の北京オリンピックの開会式。
感動した~。
チャンイーモー監督、素晴らしい
歴史を支えてるのが一人一人の人間。
人間のすごさを感じて圧倒されました。

暑いのにますます気力燃え上がる熱いわたしです
それにしてもアツいな~


                      
     
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2008/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
こびとさんの時計

ふたりに触れないで~

フリーエリア
banner-himawari2.jpg
プロフィール

メロンボール

Author:メロンボール
どこにいてもマイペース。
とっても天然メロンです。

なおブログの引用、転載お断りいたします。

カテゴリー
リンク
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索