バベットの晩餐会

久しく文学から遠のいているこのブログ

今回読んだ文庫があり、しかもyoutubeで映画も見ることができたので

久々にメロンボールに盛り付けます。

『バベットの晩餐会』(ちくま文庫、1992、桝田啓介訳)

英語版の作者名としてイサク・ディーネセンという男性名を使っている、

デンマークの女流作家カレン・ブリクセン(1885-1962)の作品。

彼女が1958年に描いた『運命譚』の中の一遍で

1987年にはアカデミー賞最優秀外国語映画賞に輝く。

映画も1時間半ほどの短編で、本も同時進行で読めました


人間は音楽であっても、絵画であっても

自然の言葉を理解する本当の芸術家を通してのみ、

自然の畏敬を感じることができる。

この作品では、バベットという女性が作る芸術的な食事が、時を超越し、

世俗をも忘れさせ、人々に「至福千年」を与え、

本来の人間の心を取り戻させるという芸術賛歌の映画です。

二人の美人姉妹の前にあらわれたバペットという謎の女性は、

芸術の化身のように見えます。

映画から見える掃除の行き届いた台所

完璧に磨かれたワイングラスやプレート

新鮮な素材(フランス人も何でも食べるんだなあといつも感心しますが・・・)

そしてその手際よさ。

必要なもの以外は何もないという潔さ。

これは日本人が好む潔さにも通じるような気がします。


バペットが何もかもやり終えた台所で、アモンティラードを一口のむ姿は

芸術家が、自然から享受したものを、真・美として

人々の目の前に示せた安堵と至福の姿のようです。

バベットの晩餐会で出されたもの書き出すと

料理

海亀のスープ

ブリニのデミドフ風(ロシアのそば粉パンケーキ、サワークリームとキャビアが乗せてある)

カーユ・アン・サルコファージュ(うずらの石棺風パイ詰め)

飲み物

アモンティラード(ワイン)

1860年もののクリコ(理性に支配される将軍にはグラスが空になる暇がないほど注がれる)

デザート

クグロフのケーキ (これは原作にはなかった・・・)

さまざまな果物 (宗教的な意味合いでしょう)

葡萄、桃、無花果 (映画にはパイナップルも)



心をこめた料理って、芸術的でなくても

人の琴線に訴えることもできますね

食事って大事
スポンサーサイト

香港の友だちと会う

わたしの用事の合間

香港から一時帰国している友達と日比谷で約束。

わかりやすいからという理由でペニンシュラホテルのロビーで待ち合わせ

「お久しぶり~♪ お元気?」

うーん。不思議

香港での生活は、それぞれが日本人や日本の生活のしがらみから、しばし離れ

虚像とまでは言わないけれど仮の生活のよう。

日本に来ているときは、その仮の香港での生活は静かに息を潜めている。

香港で彼女をよく知っているつもりだったけれど

日本ではお互いあまり知らないことに気づくのです。

たとえば東京のどこに住んでいるの?どこの駅から来たの?

香港に帰るまでに、もう一度香港からの帰国組の知人たちも

誘ってお話しようと約束

環境が変わると、気分が変わる。

きっとそれぞれが少し違った印象を持つんでしょうね。

それは不思議な現象です

今度彼女と香港でまた会うときは、時間がとまり息を潜めていた

香港での生活がまた息を吹き返し、再び動き始めるんですね。

「帰ったらジェードマーケット行きましょうね」って彼女が言う。

帰ったらか・・・・

二つの生活という不思議。

今年最後の福島県の桃

桃福島県今年最後の

今年最後の福島県の桃だそうです。

福島の今年最後の桃

香港ではなかなか日本の果物食べられないから

今年最後の桃は福島県産。

最後まで瑞々しくって、日本の果物。さすが

お米も復興デパートメントから買って香港へ持って帰るつもり。

もちろん宮城県の仮設住宅のひまわり集会所のストラップも・・・

香港でなかなかできない支援

少しだけど、少しづつ・・・

上野うろうろ

おのぼりさんでしょうか?

上野に行きたくなりました。

黒船亭でお昼を食べて

久しぶりに慶応の友人と不忍池へ。

しのばずの池


そのまま旧岩崎邸へ行きます。

旧岩崎亭2 亭旧岩崎

旧岩崎邸庭園4 庭園旧岩崎邸

初めていきましたが、さすがすばらしいですね。

もともとドームと同じ広さがあったらしいです。

それは、家とは呼ばない。

来月はライトアップとコンサートがあるようです。

本当は日にちを間違えて今日行ってしまったんだけど・・・

3時までに入らなくっちゃって焦っていったのに

予約制だそうです。

旧岩崎邸の和館でお茶を飲んでおしゃべり

どこで飲んでも話は尽きない

翌日はその友人と久しぶりに慶応義塾大学の経済学部の先生の

アメリカ南部の経済発展の話を聞きに行ってきました。

誰かの質問で「どうして南部は共和党が多いのか?」

そうですよね。

アメリカ大統領選挙の話、もう少し聞きたかったけれど・・・・

アメリカの大統領が変われば、日本も変わってくる。

本当にグローバルな視点いりますね。

オバマ大統領の再選願うんですけど、メロンは。

しばらく東京

季節の変わり目を肌で感じますね。

昨日はユナイティッド航空で成田に

まだまだ大きな用事が、日本で残っています。

まあ終わることがないんですが・・・

とっても嬉しいことなので頑張ります



香港の希少な蛍が・・・

昨日の夜に窓から虫が入ってきた。

殺虫剤を片手に(ブヨもいるので条件反射)よく見ると

何とお尻が光っている

家の明かりを消してみると

上に下にぶんぶん飛び回って大騒ぎ。

こんなに近くで蛍を見るのは初めて

日本の蛍はもっと黄色っぽいく優しい色だと思うんですが

かなり黄緑っぽい光で、とても明るい。

しかも光る部分が大きい・・・

カメラを抱えてこちらがくりくり回ってばかり

かなり猛スピード。すごく焦ってるという感じです。

飛ばないと光らない???みたいです。

(光らない時は、なんか他の理由があるんでしょうね)

やっと撮った写真は止まっているところ。

hotaru3.jpg hotaru.jpg

そのあと窓を大きく開けて逃がすことにしました。

でも我が家は60階建ての31階 

どこで迷ったんでしょうか?

自然に囲まれているといいことあるね。

香港の蛍は2種類で珍しいようですね。

いい経験でした。

それにしてもあのスピード。少し殺虫剤の空気吸って

苦しんでいたのかな!!そうだとごめんね。


清香白蘭花

コーズウエイベイに新しいビル「ハイサンプレイス」が少し前にオープンした。

ハイサンプレイス2012,9

かつては三越百貨店があった場所らしい。

この界隈で人待ちをしていたら、

以前から気になっていたが、白い花を売っているおばあさんがいた。

清香白蘭花


花は道行く人がたびたび購入している。行き過ぎてまた戻って買う人さえいる。

どう使うのかわからないが、興味しんしんで一度購入することにした。

三個10HK$(100円)

家で飾ると、とってもいい香り~

清香白蘭花1

あーこれってホテルでもよく見るなあ。ほんといい香り~

ジャスミンに似た、柔らかい、上品な香りが部屋に漂います。

タイやバリのようなリゾートのような雰囲気

花の名前は清香白蘭花です。

日本名はギンコウボクらしい。

たまには買って帰ろうーと。

八月軒(Jasmine Garden)

バンコクの有名店NARAYAが旺角(モンコック)にあるので行ってきます

旺角の商業ビル ランガムプレイスの3Fにある「八月軒」で腹ごしらえ。

ここのチャーハン、びっくりですね。初めて見ました。

自分でオーダーしながら、こんなの頼んだっけ??

鼓蛋炒飯.1

鼓蛋炒飯

店の数だけ、メニューがあると思ってもいい香港。

いつもメニューの漢字でだいたい味や様子を想像して注文します。

だからあれ?って思うものも最初はしょっちゅうです。

でも最近はかなり想像通りのものがきますが、これは炒飯??・・・

はい、中は炒飯でした。

鼓蛋炒飯.2

鼓蛋炒飯

炒飯の味のはずれは、香港ではないですね。好味、好味

ちょっと福建炒飯みたいでしたね。

これは歯水蛋豆腐

歯水蛋豆腐

まあ、おでんみたい・・・かな?

後はいつも注文する 素粉果と後一品

素粉果

はじめて入った店なので、こんなもんです。

日中感覚の差

連日、香港は日本と中国のニュース

NHKがあまりに情けなくてちょっと一言。今日は2回目の更新です。

いつも拝見するブログ富柏村日剰 香港日記に、書かれていた日中感覚の差

同感なので紹介したい。

駐中国大使、都内の路上で倒れる 搬送時は意識なし URL 香港のケーブルテレビはトップニュースでこれを伝えたが同じ時間のNHKのNW9はトップが「北海道でヒグマ激やせ」。環境破壊も深刻だが日中のこの感覚差よ。

あーNHK情けない。


これを書いてる間、どれぐらいテレビから中国のデモのニュースが流れ続けているか・・・

バスの中も電車の中も、街頭でもニュースが流れています。

日本のマスコミも、今までのようにオブラートに包んだような言い方や、

他人事のような放送では、もう通じない世の中になっていること、

わかっているんでしょうか?


白雪姫と鏡の女王

香港、日本の空の旅でキャセイ航空をよく利用する。

機内食はいろいろご意見があるでしょうが

最近は少しましになったような(慣れてきたのでしょうか?)気がしますが・・・

キャセイを選ぶ理由に、機内の映画がある。

ずらりとまだ日本未公開や受賞作品etc・・・

毎回どれを見ようかと

選ぶのも楽しみの一つです

前回は「白雪姫と鏡の女王」

女王ジュリア・ロバーツと白雪姫リリー・コリンズ

日本人として自慢できる石岡瑛子さんの衣装もリリー・コリンズの

可憐さを倍増させています。

映画の白雪姫は天真爛漫で勇敢でキュート

きりっとした太い眉毛は魅力的。

どうして細い細い眉毛が流行った時期があったんだろうとふと頭をかすめた

夢の世界の主人公は、努力して強くなる結構リアルな存在。

自分を信じて突き進むキュートな白雪姫でした。

もちろん大女優ジュリアロバーツの存在感も十分

コミカルな演技でやはり素敵でした

次回は何を見ようかと、そういう楽しみも空の旅の重要ポイントです。

もうすぐまた日本へ・・・

SPAIN 料理

セントラルにあるスペイン料理 「O'le」 ここは隠れ家的でいい雰囲気

入口がわかりづらく、知る人ぞ知るって感じです。

以前散歩のとき、よく前を通っていたけれど、知らなかったぐらい

黒くて重いドアをギギギっと押し開けます。

この日は日本人が多かった!

遠くにいても日本人通しってすぐわかるんだよね。

手の置き方、足の置き方、うなずき

いろんなしぐさで・・・

OLE 中環 ole店内1

タパス以外は、アラカルトメニューから選べます。

パエリアのランチセットを選びます。

オレンジの味がするスープ、これはいけます。

これはどうするの?誰か教えて!

とにかくおいしかった。

私は皮も一緒にポタージュ作って、

後からオレンジ擦っていれるのかなって思ったけれど・・・

これは一回家でもチャレンジ


OLE1.jpg

そしてチョイスした前菜

OLe4.jpg 

そしてパエリア これはみんなでシェアした後のひとり分

結構多いねえ~

OLE3.jpg

それにデザート。

お店の人はカタルーニャ地方のプリンで

冷たいクリームブリュレを結構勧めていました。

一人の友人はそれをチョイス。

私ともう一人の友人がチョイスしたのはイチゴのクレープ
 
OLe5.jpg

いつも食べ過ぎ・・・反省だけど

でもたまにはスペイン料理もいいでしょう

夜はライブもあるらしい

家賃140万円のマンションから

窓から見える景色・・・

香港島も九龍半島も手にとるよう

家賃140万円からの景色

世界で4番目の高さのICCビル(九龍側)と

9番目の高さのIFCビル(香港島側)が目の前にみえる。

彼女のマンションの家賃が月に140万円だそうで

今月末引っ越すというので、引越し前にお呼ばれした。

彼女のご主人は西洋人。

外資系金融関係の方は、このクラス程度の

超高級マンションに住んでますね・・・

しかし、いいことばかりではなさそう。

外資系のシビアなことは皆が承知ですが

何年間か期間が決まっていて、そのあとは自費になるそうで

それでお引越し

いい目をした分、それはそれでつらいかも・・・



     
FC2カウンター
カレンダー
08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
こびとさんの時計

ふたりに触れないで~

フリーエリア
banner-himawari2.jpg
プロフィール

メロンボール

Author:メロンボール
どこにいてもマイペース。
とっても天然メロンです。

なおブログの引用、転載お断りいたします。

カテゴリー
リンク
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索