歯医者さん

忙しい合間をぬって、一つ日本でして帰らないといけないことがあります。

それは歯医者さんにかかるということ。

香港では、歯科の保険がきかないため、治療をうけるとかなり高額になってしまいます。

それで日本でできる限り治療を受けてかえりたい。

土地勘がない場所だけど、駅前で便利なのと、衛生的な印象で

ここって決めてある歯科に入りました。

なんと、先生 若っ!ちょっとかっこいい。

「てぃーんずぶるーす」「candy」の若き日の原田真二にそっくり! 



みんな知ってるかな??

髪型までそっくり

中途半端な先生より、やはり若い方がいいってわかるな~

それはそうとレントゲンでなんと虫歯が三本も

しかも一本は笑えば見えるところ。

金属はもう入れたくないし、セラミックは保険がきかないし・・

「どうしますか?」

えー、今、今決めるの?

そうだよね。無理やり予約入れてもらって、超特急でやってもらっているし・・・

一度金属入れたら、ずっと嫌だっておもい続けないといけないし、でも高いしね・・・

頭の中を瞬時に考えが駆け巡ります。そして出ました結論。

思わず「先生、セラミックでお願いします!」って言っちまった。

白い歯で、大きな口で笑いたいもんね

そして「奥の2本は金属で・・」ちゃんと付け加えました。
スポンサーサイト

江ノ島から鎌倉散策

今日はとってもいいお天気

江ノ島から鎌倉まで行ってみることにします。

江ノ島はサザンのイメージが色濃くて、本当に行ってみたかったところ。

何度も乗り降りできる江ノ電一日乗車券「のりおりくん」を購入。

初江ノ電にうきうき かわいい電車です。

途中で路面電車になっており、あまりの民家の近さにびっくりです。

その後の江ノ電の車窓からの海の景色は、

なんと香港の東涌線の海の景色のようです。

須磨の海にも似てるような・・どことなく懐かしい雰囲気でした。

湘南の海

江ノ島と言えば、シラス。これを食べないわけには行かないでしょう。

刺身とシラス定食をオーダー。すると隣の席から広東語が聞こえます。

なんと香港から観光客女子6名。

日中の険悪なこんな時期にありがとね。って言う気分でした。多謝!

刺身とシラス定食

お腹がいっぱいになって早速江ノ島散策。

目の前に急な階段とエスカって文字。

エスカ??エスカってエスカレーター?

楽しようとするとお金がいるんですね

江ノ島神社弁財天にらくらく到着。

丘の上に到着すると目の前に行列。

日本人って本当にお行儀がいい。いろんな意味で涙がでちゃう

絵馬もピンクなんだ。お参りするのに並んでいらっしゃる皆様。


お参りの順番 の絵馬pink

「のりおりくん」で次は鎌倉

鎌倉 鎌倉1

鎌倉はさすがいい場所ですね。垢抜けた観光地です。

有名なイタリアンレストラン「ESSELUNGA」まで見つけちゃった。

鎌倉路地裏イタリアン

お腹いっぱいなので、ここは次回

見る場所が多すぎてまたこなくっちゃいけません。

「のりおりくん」で長谷で降りて鎌倉大仏へ。

4時半を過ぎていたので、胎内見学はできなかったけれど

鎌倉の大仏様はなんていいお顔でしょう。

鎌倉は2度目だったけれど、やはり外国の人にも勧めたい観光地の一つですね。

また来ることになりそうです。

日光東照宮 

日光東照宮正面

紅葉がまだまだだった10月の連休

日光東照宮に出かけて思いました。「来てよかった~」

空気が澄んでいて、季節の変わり目が肌で感じられる思い。

1日光


にて日光東照宮 

その日のお宿は鬼怒川温泉

そこでラインくだりの舟が川上から下ろされる光景に出くわし慌てて写真。

鬼怒川ラインくだり用船 

鬼怒川ライン川上

ラインくだりのお客さんを乗せ川下に下った舟は、こうして車で運ばれ

川にクレーンで下ろされ、再びお客様を乗せるんですね。

なるほど・・

スキー場のリフトのようには行かないもんね。








やっと・・

baby bed

やっと誕生。

子メロンNO4??

いえいえ まさか!

孫メロンNO1。

退院したら「ウエルカム!!」って言って

ワインでお祝いいたしましょう

日比谷松本楼から新東京駅

完全なるおのぼりさん状態になっております。

日比谷の有名な松本楼で食事

ランチは予約できないので並びます。

1松本楼 松本楼結婚式場

松本楼3 松本楼2

1903年に開業したというこのお店。

日本の歴史を見つめたということでしょう。

この一階のグリル、店は結構カジュアルな感じで

想像と少し違いましたが、日比谷公園の緑の中

ポツリとかわいいお店です。

昔はさぞかし一般人には憧れのお店だったことでしょう。

今では各地に支店があるようですが、やはり日比谷のこの地で食べたいです。

その後は国会議事堂

議事堂国会


休みの日だったので、普段の殺伐とした雰囲気ではなく

緑に囲まれた静かな環境で見ることができました。(外からだけど・・)

そして皇居

皇居周り

次はそうです。

新しい東京駅です。みんなカメラを片手に集まっていますよ。

早速近くに行って見ます。

わたしのカメラの技術が伴いません

東京駅2 東京駅1

いつきても工事中だった東京駅がやっと姿を見せました。

いい雰囲気になっております。

今度は本当に撮るつもりできたい

スカイツリー感想

ツリースカイ そらまち

少し天気が悪い平日。

スカイツリーに行ってきました。

スカイツリーは、さすが日本の技術が生かされたすばらしい建造物だと思いました。

中に入ってみます。

箱物は上手なのに、相変わら新しい発見がなく金太郎あめ状態で残念。

それでもと思い直し、希望を抱かせるプラネタリウムを見ることに・・・

空いて十分座れそうなので一番近い時間の

「めざましプラネタテレビ」を見ることにしました。

テーマに少し不安がよぎったけれど1000円も取るんだし、

それなりのものが見れると信じて入ります。

あー、あー

見たものがたまたま悪かったのか、

あきれて言葉が出ません(こんなに書いているけど・・)

なに、これ!

何ということでしょう。フジテレビ。

これじゃ新しいプラネタリウムを作ったコニカミノルタも真っ青もじゃないの

こんな東京の真ん中で、1000円取ってする代物じゃないですね。

誰を対象にしたものなんでしょうか?


作る前に緻密なマーケット調査はしたんでしょうか?

世界の注目を浴びるものを作ろうという意欲はなかったんでしょうか?

これでOKを出したのは、どこのどなたなんでしょうか?

コンセプトは??(あるのでしょうか?)


これじゃ大きい声じゃ言えないけれど

このスカイツリーを中国や韓国に持っていったら

どんなに世界をあっと驚かせるものを作るかもしれないって、本当に思ってしまった。

恐ろしいことです。

あの内容をお金とって、コニカの誇るダイナミックな映像美とうたっている

システムに乗せる価値はどこにあるんでしょうか?


日本人はどうしてしまったんでしょう。

プラネタリウムに夢を持ったわたしがいけなかったんでしょうか。

例えばですよ

よっぽどいい音楽と無数の星の映像とアロマの香りだけで十分。

何のナレーションもいらない。

そのほうが自分を見つめたり、自然の神秘を感じたりできる。

映像の下の方に提供「フジテレビ」って書くほうがどれほど好感が持てる。


いい作品は映像でも拍手したいぐらいですよね。

裏でがんばった人たちの姿が見えるものです。

どうしてその姿が見えなかったのか。

どうしても商業レベルがぬぐえなかった。

もう二度とめざましテレビは見ない。これが感想でした。

これって逆効果でしょ!

それにしてもあの40分の映像は誰を対象に見せたいものなんですか?

毎日「めざましテレビ」見ている人?

スカイツリー自体は良いのに、とっても残念でした。

他の「星空は時を越えて」と夜の「スターフォレスト」はいいのかも知れないけれど・・・

スカイツリーは遠くで見るのがいいのかなあ~

日本の事思うと、つい力が入って愚痴ってしまう

香港でのニュース

「オスプレイに対する沖縄の人たちの反対のデモ」

このニュースが中国、香港で毎日のように流れているらしい。

どうしてか?

このニュースを流す意味をどのように理解するか。

オスプレイは尖閣問題に大きく関わる。

中国側の放送では、デモは格好の話題。

日本とアメリカをけん制する格好の話題。

中国のメディアはなんとうまく日本の現状を利用するか。ホントうまい。

日本のマスコミはこのあたりをどのように捉えているのだろうか?

また一方で日本人はこれまでの沖縄だけの犠牲を真摯に考えなければならない。

日本のメディアは、これらも含め、対中と対米をどのように考えているのか。

日本の国民の前に示してほしい。

日本でどのメディアも同じようなニュース。

オスプレイの安全性の部分だけを重視するだけ。

他の軍事機との安全性も比較して国民にわかりやすく

解説する方法もあるんじゃないの?

中国はこのデモをどのように、利用しようとしているのか解説しても良いんじゃないの?

いろいろな角度から思考できるように示しても良いのではないか。

日本のマスコミの低レベルにほとほとあきれる。

またメロンは日本のテレビ見て怒れてしまった!

それか、日本のメディアはもっと上を行ってて

日本人が何も考えないように操作してる???

     
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
こびとさんの時計

ふたりに触れないで~

フリーエリア
banner-himawari2.jpg
プロフィール

メロンボール

Author:メロンボール
どこにいてもマイペース。
とっても天然メロンです。

なおブログの引用、転載お断りいたします。

カテゴリー
リンク
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索