ご挨拶

香港の農歴のお正月の飾り付けは、実がいっぱいなった金柑の鉢植えで
ビルの入り口やマンションの入り口などに飾られます。
オレンジ色が黄金(お金)をイメージさせて皆がお金持ちになるようにお祈りします。
お金が何より大事というのは日本人にはあまりいい印象を与えないですが
長い民族の歴史の中からたどり着いた考えだと思うと納得できる気がしますね。

旧暦飾り 香港の旧暦のお正月の飾りの置物

今年は明日から家族が来てくれて香港でお正月を迎えます。

家では少しばかりの日本のお正月を楽しもうかなと思っています。

さて日本は残すところあと2日で新年。

政治的には今年は安倍首相の衝撃的な行動で後味の悪い年末になりました。

経済が上向きに回って行きそうな予感があっただけに不安材料の種が撒かれた気がします。

安倍首相で少しは息の長い安定政権が続くと思ったけれど、さてどうなるんでしょうか?

                    

今年1年このブログにご訪問してくださったみなさま、本当にありがとうございました。

お陰でいろいろな方のブログにも訪問する機会を得て、

本当にいろんな人生があるんだと教えられました。

来年もみなさまの努力が報われ、平安な日常と幸せがいつまでも続きますように

香港からお祈りいたしております。

みなさまどうぞよいお年をお迎えください

人生は選択の連続、来年はどんな選択をしましょうか?




スポンサーサイト

香港年末

2014年の旧暦のお正月は1月31日

なので今は未だ年の瀬という気がしません。

まだまだ街はクリスマスソングが聞こえます

ランドマーク2013定期的に雪が降って来ますランドマーク

こういう飾り付けが新年に向けて徐々にChinese New Yearの飾りつけに代わって行きます。

city superセントラル店前 city superセントラル

毎年クリスマスシーズンは西洋人がぐっと少なくなる気がしています。

長いクリスマス休暇の為、国に帰っているんでしょうね。

スパーマーケットはこれからもっと長蛇の列になりそうです。

今日は早めに蕎麦やお好み焼きセット、お漬物のすぐ漬けの素、ちらし寿司の素や

切干大根やタイ産ライムなどなど

長崎の牡蠣も美味しそう・・・・

もう一度来よう。

臘味糯米飯

嵐のように去っていった孫の初香港

すっかり筋肉痛だけれど楽しい一週間が過ぎました。

パソコンの前に座ることは到底できなくてすっかり放置でした

香港おこわ 奥運


もうすぐ赤ちゃんが生まれる香港の若いご夫婦と食事をした際に食べた臘味糯米飯。

臘味の臘とは陰暦の12月のこと。

冬至の後、第三の戌(いぬ)の日に行う祭りに「臘祭」があって

赤ちゃんがもうすぐ生まれるのでお祝いの意味でともに食べました。

臘味とは香港の街市などで見かける中華ソーセージ。

糯米とは粘り気のあるお米でもち米のこと。

一般には炊飯器にご飯とソーセージを一緒にいれて炊いたり蒸したりします。

独特の香りでこの香りで香港を思い出す人もいるかもしれません。

二人とも外資系銀行に勤める若いご夫婦

来月の出産前に、現在住み込み中のフィリピンのお手伝いさんに加え

礼儀を教える?中国のお手伝いさんを頼むとか。

生まれたらすぐにいい幼稚園の申し込みをして順番待ちをする人たちも大勢いるとか。

何時に生まれたかで風水師に見てもらって名前をつけたりと大変。

お家に伺ったら入り口に黄色い布が一枚敷いてあって、

「踏んでしまったけれど」と言ったらOK!踏んでもいいらしい。

布の下には古銭が糸で数枚結びつけられていてきっと発財でしょう。

これも風水らしい。

とっても現代的な若いご夫婦だけれどやはりここは香港です。

santa in カプセル 香港国際空港のサンタはカプセルに入っていました~

広東道の人ごみ

クリスマス前の香港

香港サイドの眺め2013年12月21日

1881ヘリテージ2013 1881ヘリテージ

それにしてもどうしてこんなに人が増えたんでしょうね!

どこに行っても人人人。

広東道4 広東道1

大きなトランク持っている人が多いから大陸からの観光客でしょうね。

買いものが半端ない

ハイブランドの店も相変わらず長蛇の列。

大陸から流れ出るように来る人たちで経済は回っている

17日は今年最後の満月だった!!

12月17日にウォーキングの先生が

「今日は今年最後の満月だから月のパワーをもらってくださいね!」って教えてくれたのに、

その日はすっかり忘れるなんて

19日の昨日空港からの帰り道、真ん丸お月様見て思い出した

今年最後の新月2013年12月19日

満月の日でも時間によってパワーが違うというから、もうすっかり下り坂のパワーかしら?

でも真ん丸で写真に小さく写っている強い光ですね。

いいことありますように・・・いつも欲深なお願い

香港国際空港2013第1 香港国際空港第1ターミナルツリー

香港国際空港2013第2 第2ターミナルツリー

このシーズン夜の8時あたりに到着する

日本からの観光客が多いですね

楽しんで帰ってください~

香港精米の日本のお米

日本のお米を香港で精米してくれる日本の会社が香港に現れた。

久保田のお米

私が利用しているのは2012年に香港で販売を始めた「久保田米業(香港)有限会社」のお米。

なんといっても香港で精米してくれるのがうれしい。

新潟や福井、魚沼産こしひかりだってお手軽に購入できる。

久保田と言えば農機で有名な企業だけれど

「農家に恩返し」のために海外で精米したお米を輸出しようと頑張っているようだ。

私が5年前香港に来た当初は何もわからず

スーパーで中国の東北あたりのうるち米らしいものを見つけたり、

カリフォルニア米を購入したり・・・

日本に帰った時にトランクの中にお米を詰めてきたり、いろいろ工夫していたね。

今じゃネットで購入してヤマト運輸が運んでくれる。

日系スーパーで売っている日本米も時間が経ってしまうのか残念なことに

味がすっかり落ちているって感じていた矢先なのでとっても感激

おにぎりも美味しくできるし、ご飯さえあればOK

農家の人も、海外に住んでいる人も助かる。

日本じゃお米の消費が減っているかもしれないけれど

海外にいれば日本のお米ほど食べたくなるものはない。

三代目俵屋玄兵衛

久保田米業(香港)有限会社

東園酒家

香港のメニューでたまに思った料理と違うものが運ばれてくることがある。

今日のお昼の飲茶。湾仔の東園酒家

東園

最後に炒飯を頼んだらこんなのが来ました!

東園艇皇飯

初めて見るなあ。これ一応炒飯だけれど私の思う炒飯じゃないな。

メニューの名前が艇皇飯

「艇」の字は何を表しているかもう少し想像しないといけなかった

こういう店は時間帯で値段を変えて一日中営業する。

早茶は朝7時から12時前まで

午茶はお昼の12時から午後2時まで

下午茶は午後2時から4時ぐらいまで

ただこのお店は宴会や結婚式にも利用されるお店で

夜はそういう利用がメインなのかな?

一般に飲茶はランチの時間がお茶も点心も少しだけ値段が高くて

お客さんが少なくなる時間帯の朝と午後は単価が安くなる。

例えばこの店、朝と午後のお茶代6HK$(約70円)ランチ時は9HK$(約100円)というように。

いつの時間帯も賑わい見せて香港のお店は活気がある。

香港の人は食に対して貪欲で、よくしゃべりよく食べるな~といつも感心。

料理の名前も店ごとに違うのでたまに

こういうびっくりするものが出てくることがあるんですよね。

まあいいか、食べよ~

恐るべし香港学習塾

どの国も受験戦争は変わらない。

香港では年収2億円というカリスマ塾講師もいる。

例えばこの遵理学校という塾Beacon College

そのホームペイジは華やかでまるでスターが並ぶ芸能プロダクションの様だ。

香港は20年ほど前まで公立大学と言えば1911年設置された香港大学、

1963年設置された中文大学の二校しかなかった。

20年ほど前からその後大学として設置された公立大学が下記の各大学。

香港科技大学1991年、香港浸会大学1994年

香港理工大学1994年、香港城市大学1995年

後は香港公開大学(日本の放送大学にあたる)2009年

嶺南大学1999年(中国の1888年設立の嶺南大学の分校)が設置された。

後は私立が数校ある。

しかしその実力は香港大学、中文大学、香港科技大学等は

The Time Higher Education の世界大学ランキングで35位前後を占めている。

新しく設置されたとはいえ、その前身の教育機関としての歴史は長い。

1994年設置の香港浸会大学は早稲田大学と同等の評価を受けている。

香港塾

こういう中に有ってその受験戦争は並大抵ではない。

遊ぶ場所も少ない香港の子供たちは小さいうちから勉強に追われている。

せめて小さいうちに身体をうんと動かす場所があればいいのに・・・

古代中国詩の語助

書道で中国の詩を書いているとよく出てくる漢字がある。

hai.jpg

発音はカタカナで書けば広東語で「ハイ」

(私は普通語が分からないですが中国語では[Xl])

古代の詩の中で調子を取ったりする言葉で全く意味がない。

中国で助語詞と言われる「哉」や「也」は日本に入ってきたけれど

この「ハイ」は入ってこなかった。

詩の合間にこの低い音の「ハイ」が入ればとても調子よくスムーズになる。

現代語では「啊」[a]表語気、感歎の声に相当する。

書道の時、詩を広東語で確認しながら書いていくので

書は私にとっては広東語の勉強にもなり一石二鳥なのだ。

なめらかに詩が流れるために一つ入れるファジーな漢字。

ふと心が漂よう余裕が生まれる。

漢字を作った古代の中国人の素晴らしさを思わずにはいられない。

私の好きな漢字の一つ

尖沙咀X’masイルミネーション

数日何となく霧が立ち籠める香港です。

気温19度から21度 湿度は80%前後

寒いのか暑いのかわからない・・・・

今年のハーバーシティーのモチーフはミッキーマウスのようです。

いろんなところにミッキーのシルエット

ディズニーが大好きって言う方にはうれしいイルミネーション

X’mas尖沙咀2013

)尖沙咀2013(小 尖沙咀2013レーンクロフォード店内( 小)

1881ヘリテージ

それにしても香港の人も大陸の人もカメラの人気は日本のメーカーがダントツ

スマホで撮っている人以外はほとんどキャノン、ニコン、オリンパス・・・。

カメラを持つことがステイタスのようですね。

Marks&Spencer SCOTTISH SHORTBREAD

この時期にうれしいMark&Spencer のSCOTTISH SHORTBREAD

クリスマス限定缶があって目移りして迷うけれど

今回購入したのは2階建てバスと電話ボックス(定番らしい)

赤い色がこの時期、部屋を明るくしてくれます。

001MarksSpencer shortbread

中のショートブレッドはこんな感じ

scottish shortbread

確かに缶が目的って言うのがよく分かる。

しかしクリスマスの足音が近づいてくる雰囲気が何ともいいですね。

紅茶をいれてビスケットをつまんで・・・・待ちましょう

fashyの湯たんぽ

fashy.jpg

湾仔の台所用品の老舗「景徳行」で見つけたFashyの湯たんぽ

「香港は日本よりうんと安いよ」とM子さんに教えてもらって

今年の冬にいいかなと一つ。

109HK$(1300円ほど)日本では3000円以上というから

確かに安いね。

以前住んでいたマンションにはエアコンが付いていたけれど

香港の多くのマンションはクーラーだけ。

生暖かいのをすごく嫌う香港の人たち。

ましてや寒い時期が短い。

重要性においてはエアコンよりクーラーの方が格段に上です。

そういっても旧暦の正月あたりは最低で8度ぐらいまで下がることもある。

体感温度2,3度ぐらいに感じますけれど・・・・

メロンの家でも今年から越冬にはこの湯たんぽが欠かせないかもしれません。

     
FC2カウンター
カレンダー
11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
こびとさんの時計

ふたりに触れないで~

フリーエリア
banner-himawari2.jpg
プロフィール

メロンボール

Author:メロンボール
どこにいてもマイペース。
とっても天然メロンです。

なおブログの引用、転載お断りいたします。

カテゴリー
リンク
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索