賀年蘿蔔糕(New Year Cake)

近くのマリオットホテルの萬豪CHINESE RESTAURANTでオーダーしておいた

NEW YEAR CAKEを取りに行きました。

Marriott Man Ho Man Ho

香港ではお正月に甘い椰汁年糕(ココナッツプディング)や

一般に大根餅と呼ばれる賀年蘿蔔糕を食べます。

New Year Cake

この大根餅(賀年蘿蔔糕)を切ってフライパンなどで焼いてXO醤で頂きます。

萬豪のXO醤は特においしい

冷蔵庫に保存して少しづつ食べるつもりです。

一昔前の香港では手作りする家庭も多かったんでしょうが、

最近は購入する割合の方が多いんではないでしょうか。

後は礼是(お年玉)の用意。

マンションンのロビーで働いている人やよく通う飲茶の店で働いている人たちや

年下の独身の人たちに配る礼是(お年玉)を用意して、迎春準備OKです。

礼是 キンヴァリーホテル2014年1月キンバリーホテル

結構たくさん配りますが、大丈夫です。

だいたい私は一人500円ぐらいまでです。

香港では金額よりをあげるという気持ちが

重要という考えです。

この考えは結構好きです。

だから子供にも高額のお年玉をあげる日本とは、お年玉の意味が随分違ってきていますね。

日本も昔はこういう意味があったのかもしれません。

親戚には全員顔を合わせないといけないという香港のお正月。

飲茶のレストランの円卓がどんどん大きくなります。

しばらく香港内のレストランは満員でしょうね。

恭喜發財!!新年快楽!!福澤馬年!!

New Year Cake box
スポンサーサイト

香港お正月の飾り

太極拳の練習の九龍公園でのお正月飾り。

旧正の飾り

新年の飾り

菊 菊と橘

大体このような植物の飾りです。

子孫繁栄や金運、家内安全、良縁など縁起を担いだ金柑の木や桃の木、

菊、水仙、ボタンの花などが飾られます。

桃の木の周りを三回回ると良縁があると聞きましたよ。

どの植物も中国らしいものです。

色の合わせ方も、日本と随分違いがあると思います。

九龍公園を少し歩いてみると、

お正月に向けて発表があるんでしょうか?

二胡の音色や中国の歌の練習をしているグループをいくつかみることができます。

お昼はいつもの飲茶に行くと、年末で満員。

結婚式等も行われる酒家なので、ステージは紅色のお正月気分で盛り上がっています。

酒家 お正月

春節の花飾り

先日は長崎でも春節の飾り付けがされていてびっくりしたけれど

香港での春節が近づいています。

中環のランドマークは今、花の飾りが次々に運ばれています。

生花なのでぎりぎりに運んできている感じですね。

今日も何度か花を運ぶ人たちを見かけました。

ランドマークB

馬年の今年は花馬が空を飛んでいます。

ランドマークC ランドマーク2014年1月

ランドマークA ランドマークD

ビルの中に花の香り

春が来ましたね。

やはり農歴が自然に合っている気がします。

今年は1月30日が除夕 31日が農歴新年

今年はお正月に食べる甘いお餅の年糕(nin4 gou1)を注文しているので

30日にお店に取りに行く予定。忘れないようにしないと・・・

東涌小砲台と街市での買い物

日本が暖かい日が続いているのとリンクして香港もとっても暖かい。

お昼すぎには21度で半袖姿の人も出始めています。

今日は法定古跡の東涌小砲台まで歩いていく。

今は外壁しか残っていない。1817年に出来た砲台。

当時この場所しか船の停泊が許されなかったらしい。

東涌小砲台 東涌小砲台近く

日がさすと一気に強い日差しになるのはさすが香港。

帰りは魚やお肉を買って帰ろうと街市に寄る。

先日は立派なヒラメを半身70HKドル(910円)ほどで購入。

今日は何か美味しい魚がないかと期待していく。

今日はマナガツオと糸よりを購入。

140HKドル(1820円)。

おっと値段を聞いてから買えばよかった!!

マナガツオはやはり高いんだよね。

改めて値段を聞くとマナガツオは114HKドル(1480円)

日本ではいくらぐらいかと、いつもブログに来てくださる「広島お魚ツアー」さんのブログでチェック

やはり日本でも同じぐらいの値段で納得。

ついでにお肉も買って帰ります。

最近は街市の中でも魚屋はここ、肉はここ、野菜はここと決まってきている。

お肉屋はほとんど豚肉を売っていて、お肉の様々な部位が店先に釣り下がっています。

初めてだとびっくりするでしょうが、今はそれほど驚かなくなっています。

お肉は24HKドル(312円)で、かなり肉厚のお買い得

街市

油部分をバーナーで焼いてくれます。

なぜだかわかりません

長崎から熊本

長崎から熊本県に有明フエリーでショートカットで行く。

40分の船旅はしばしゆっくりとした気分で・・・

生憎お天気が悪かったけれど、カモメに餌やりをする人たちもいたりして、

カモメをこんなに近くに見ることができました。

船内の大型テレビで錦織圭とNADALのAustralian OpenのLIVEを観る。

カモメ1 カモメ2

翌日の熊本は雪の天気予報が外れていいお天気。

西南戦争の古戦場田原坂を少し見て熊本城に行きます。

田原坂 青空

険しい田原坂での戦いの様子がこの有名な歌が物語っていますね。

田原坂詩

さて熊本城についたら、まず周りをぐるりと車で一周。

初めて眺めるこのお城のあまりの立派さに圧倒される。

石垣のカーブも素晴らしく、堀を見てもこのお城を攻めるのはかなり大変でしょう。

加藤清正の加藤家44年の後、細川家が239年間治める。

熊本城の外見も勇壮で素晴らしいけれど

平成20年に復元された本丸御殿大広間はまさに圧巻、来てよかった!!

熊本城本丸御殿

熊本城本丸御殿襖絵

改めて日本の宮大工や左官の技術の高さに驚く。

それにしてもお日本のお城にはどれだけお金がかかっているんだろうかと

考えずにはいられない。

そしてどれだけの人の犠牲があったかも思わずにはいられない。

しかしこの美的感覚、多くの外国人にも見てもらわないともったいない!!

蝦多士(ハトシ)

ブログ更新もせず長い間日本に行っていました。

そのあいだもご訪問してくださった皆様どうもありがとうございました

23日の朝早くに香港への移動の為、博多に向かいましたが、

久しぶりの日本の冬の朝の寒さ。

白い息を吐いて、手は擦らずにいられない、じっとしていられない。肩が凝る。

駅は寒いな~長く忘れていたな~この冬の感じ。早く暖かい電車に乗りたい・・・

ところで今回長崎では、ここは香港かと見間違う光景を見ました。

長崎市役所前

これはどこかというと、長崎市役所です。

なんと春節を祝っています。

中華街は勿論でしょうが市役所もこの通り・・・・

長崎市役所内エレベーター横

そして行った日に義母の友人が持ってきてくれた「ハトシ」

はとし

これは有名なかまぼこ屋さんの「ハトシ」

「蝦多士(ハトシ)」とはシュリンプトースト 

れっきとした広東語です。

広東料理の蝦トーストのことで長崎では卓袱料理の中の料理の一つです。

ベトナムでもフランスパンを使ってよく似たものがありますね。タイでもあるらしい。

それにしてもこの「ハトシ」

長崎でもこんなに身近なんだと驚いた。

一口頂くと見た目より蝦のすり身がかなりおいしい。

やはりなんでも美味しく仕上げるなあ、日本は・・・。

米寿の祝い

長崎の義母の米寿のお祝いの為、明日から一時帰国

昔から立春の前日、つまり節分までにお祝いをしなくてはいけないと

漠然と言われていたのが気になっていて、大急ぎに今月中にすることになる。

88歳の米寿祝いはそんなに豪華にするのもあまり良くないと聞く。

私も何となくそうなんだろうと思う。

うれしいような複雑な気分になるでしょうね。

なので温泉にでも行って何か美味しいものを食べて楽しく過ごすのが一番かも・・・

今年は「くまもん」効果か、

何となく熊本に行こうかということになった

長崎から一番近い方法を考えて行こうと思うので、元気な母親なら大丈夫でしょう。

熊本って決めたのは香港のお店で「くまもん」を見てから。

そうなんです。

「くまもん」は香港にも来ていますよ。

017くまもん

それにしても日本は寒そうですね

でも日本は部屋や乗り物の中がほっかほっかだし

コート着ながら暖房のないお店で食事している香港より

結構あったかいかも知れません。

そう願いながら

香港春節前

今日の日曜日はスポーツ大会があったんだろうな。

昨日のセントラルでなにやら準備中でした。

中環の自転車 021central 海回廊

新しいセントラルの海回廊が出来上がるのももうすぐです。

023セントラル 海回廊

こうしてヴィクトリア湾の風景がどんどん変わるんですよね。

中環から尖沙咀にフェリーで渡ると、時計台が青空に浮かんでいました。

018チム時計台 香港の歴史を見続ける時計台

香港は迎春の準備が進んでいます。

024IFC 飾り

Jenny Bakeryのクッキー

個人的にはどうしてこんなに人気があるのかわからない。

メロンの観察ではどう見ても競争相手不在が理由か?

確かにおいしいけれど、日本には山ほどおいしいものがある。

なのでこんなに並んでまで・・・・

038上環 Jenny Bakery

この店はたぶん賃貸料値上げのたびに店舗を移転している。

そして4,5年ほど前はここまで並ばなくても購入できた。

そういうメロンも今年は訳があって並ぶ羽目になった。

手に入れたクッキー缶。この缶もいろいろ変わって人気らしい。

001Jenny Bakery

缶のサイドには何と値段入り

002Jenny Bakery price

売り切る自信が垣間見える。

そうだろう。毎日夕方前には完売。

1日目メロンたちは上環の店前であまりの観光客の多さに圧倒され、

次の日、尖沙咀の店で1時間並んで引き替え券をもらって購入。

一人5個まで。

結構缶が小さかったので大きいのと交換してもらおうと思ってもだめでした。

香港人も、中国人も、韓国人も、東南アジアの人も、日本人も…いっぱい

何しろ商売としては中国の旅行ガイドに載ったらもう勝ちでしょう

日本にはおいしいものがありすぎて、お互い足引っ張る運命ですね


一応住所 (またまた移転の可能性大です)2店舗

香港 上環永和街15号號
九龍 尖沙咀彌敦道54-64號
   美麗都大廈地舗24室

香港のクーラーはもう点いています。

2014年1月2日1月2日撮影。

香港の気温は最近14度から20度あたりを行ったり来たりしています。

しかし少し暖かいなあと思って薄着をしては痛い目に合うのが香港。

香港では少し気温が上がるとなぜかクーラーが効き始めます。

この間からレストランも寒いし、地下鉄もクーラーが効いています。

今日のローカルのバスも、窓の外の景色はスピード出しすぎでびゅんびゅん飛んでいき、

上からクーラーの冷気がスースー下りてくる。

どうしてクーラーをつけるのかと言うと、香港の人にとって

ホンワカな中途半端な気温はとっても苦しいらしい。

香港人曰く「息がしにくい」とのこと

なのでクーラーを空気清浄器のごとく活用するのです。

書道の老師宅も足元に扇風機、窓は全開。

空気を回している感じです。

老師宅では私はいつもお願いして窓を閉めてもらっています。

今日はクーラーの効いた寒いバスを降りたら、外は16度。

海の風が強く吹いて外も肌寒い。

春節の飾り

旧正月 飾り

スパーマーケットで春節の便利な飾りを一つ

静電貼(Static Sticker)

窓にくるくると回して静電気を起こして接着。 落ちません。

これは簡単・便利です。

旧正月飾り1

他にもいろいろ紅色や金色の縁起物がありますが

特に四字熟語の書かれた揮春(ファイチュン)があります。

「出入平安」や「龍馬精神」「恭喜發財」「生意興隆」などなど

紅い紙や最近では布に書かれたものがあちらこちらのお店で販売されています。

今年は千字文から選んで自分で書いてみようかな?

最近は香港のスーパーで徐々にチャイニーズ・ミュージックが流れて

春節の準備を急がせます
 
今年は1月31日が春節(正月初一)。 

因みに2015年2月19日 2016年2月8日と変わっていきます。

紅い飾りは、なんだか家が中華レストランになったみたいだけど、

とにかく縁起、縁起。

縁起のいい鯉と福で春節を迎えましょう。

アイランド・シャングリラ ホテル 夏宮

久しぶりに友人たちAさん、K美さんと日本式お正月と香港式年末の

挨拶を兼ねて飲茶ランチ。

後でM子さんも合流のはず。

夏宮前 Island Shangri-la Hotel 夏宮

店の中は満席。ここでも大きな声で中国語が聞こえています。

中国人のおかげで香港はどこも景気がいいんですね。

032夏宮ヤムチャ 034夏宮甜品

035夏宮甜品 028夏宮湯葉巻

スープは必ずオーダーします。みんなが好きな酸辛湯。

031酸辛湯

レストランの前には今日お正月飾りが飾られたようですよ。

食事が終わって店から出てきたらこの通り綺麗に飾り付け。

夏宮お正月飾り 042夏宮前

香港ではお正月の前に新しいジュエリーや新しい服を買って、お正月を迎える人が多いらしい。

日本でも昔はお正月に新品の服をおろしたり、美容院に行って…っていうことありましたよね。

でも新しいジュエリーというのが香港らしい

夏宮のお正月飾りにも干支の馬と昔の金塊の形の飾り。

健康でお金が入って来ますようにと香港の人たちは願うのです。

     
FC2カウンター
カレンダー
12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
こびとさんの時計

ふたりに触れないで~

フリーエリア
banner-himawari2.jpg
プロフィール

メロンボール

Author:メロンボール
どこにいてもマイペース。
とっても天然メロンです。

なおブログの引用、転載お断りいたします。

カテゴリー
リンク
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索