廣州での買い物

いつも行っている美容院でお世話になっている日本人のY子さん。

独立するそうでいろいろと美容関係の鏡、洗面台などを廣州でオーダーしたそうだ。

随分経費が安くなると思って廣州まで行ったそうだが

商品が送られてくる予定の日から随分経ってしまったと憤慨していた。

よく聞く話だけれど当人は本当に悔しいだろうし、営業計画も相当来るってくるだろう。

Y子さんは怒って廣州に電話したそうだ。

「予定よりずいぶん遅れているけど・・・・」

店の方からは寸法が途中で変わったからだとか、なんだかんだ言ってくるようです。

それで彼女が「オーダーした商品が本当にできているんなら写真を送って」と言ったら

なんと「この中に入っている」って段ボールの写真が送られて来たそうな。

相手も想定外のことするなァ~

やはりこういうことにかけては、廣州の相手は1枚も2枚も上だ!!

日本人なら平謝りだろう。

最後に私が「届いた鏡がゆがんでいたらどうする?」って聞いたら

彼女にとってもそれは想定外なようで

びっくりして絶句。

これからも何があるかわからないけれど

4月か5月には無事開店して新しいお店に呼んでくれるかな?

スポンサーサイト

Writingの大切さ

最近とみに英語の必要性を感じる。

広東語は3年習って、そのあと実習も3年目という状態が続いている。

買いものや食事はこれで十分。

マンションのロビーの人たちともこれで十分。

私の広東語がこれ以上ペラペラになるとは思えない。

そして仕事とかいろんな国の人が集まると必然的に英語になる。

メールもそう。

確かに英語が頻繁に話される地域だから聞き取れやすくなっているのは実感している。

しかし話そうとすると短いセンテンスばかり。

聞く必要があったり、話さないといけないことがあるのにだ。

日本語なら止められるまで話せるのに・・・

過去にwritingの大切さを痛感している。

Lets Write

昔のテキスト、非常に基礎的な初級のwriting。これをもう一度。

このテキストの語順、単語をきっちり頭に入れよう。

5年前に心の準備なく香港という英語の海の中へ来た。

街では当然広東語とブロークンな英語が溢れる。

しかし綺麗なイギリス英語を操る層が確かにある。

だんだんおぼれそうになって来ているから今必死。

話すことが大事だけれどそれより格段に書くことの大切さを思う。

書ければ話すことに繋がる。

本当に必要と感じる今だから、ほんの少しは身に付くかもと淡い期待

相当、かなり、十分時期が遅いけれど

「必要は発明の母」

「必要は習得の母」

春の嵐

日本は桜が満開でうらやましいな~

でも今日あたりは春の嵐らしい。

4月から屋外プール


今朝4月からの開放に向けて屋外のプールに水が入ってる事に

気がついたばかりなのに、

お昼には周りの景色は水墨画の世界のようになりました。

窓から 3月29日 2014年3月29日窓から

雷鳴も激しい。

香港も春の嵐です。

日本と違うのはこの嵐が終わると、日本は春に、香港は夏になりますね。

京都展 と 香港夕暮れ

ハーバーシティで京都展をしているとK美さんから連絡あり。

夕方尋ねてみる。

ハーバーシティ京都展

大きな桜の木とこけし。

春が来ましたね

でももう少し海外戦略が欲しいな。

気温も匂いも空気も太陽の光の強さも日本と違う香港。

だから街に似合う色も自然と変わってくる。

商品ももっとインパクトがあってもいいと思う。

でも聖護院の八つ橋の実演販売、工芸品の販売、

京都「いづう」の鯖姿寿司、たけのこ寿司などは香港の人には人気の様です。

私は「風呂敷ハンド」を購入。風呂敷がバッグになるという。

この間の引越しのとき偶然出てきたスカーフに付けてみました。

スカーフはむかーしむかしのバブル時代に買った物。こんな時に役に立つとは・・・

風呂敷バンド

帰りは久しぶりにフェリーでも乗ろうかと尖沙咀のフェリー乗り場に行く。

時間を追うごとに変わる雰囲気。

pear 薄暮1 pear 薄暮

pear 夕暮れ1 pear 夕暮れ

Pear 3月27日7時 pear 3月27日19時

ライトが付き始めました。

今日もシンフォニーオブライツが20時からはじまります。

人工的なのに、この景色やっぱり好きだな~

ここはやはり香港だと確認できるもの。

2014年3月27日香港

おまけ・・・シンフォニー・オブ・ライツ

龍苑

今日は仕事の関係で尖沙咀のHoliday Innの中にある広東料理『龍苑中菜廳 』

この店は味も安定、場所も便利でいい店です

約束時間までロビーの上のバーラウンジでお茶

実はこの場所、ずっと知らなかった。

お昼は静かで広々。また使う価値ありですね。

ただ紅茶を頼んだらティーバッグが綺麗に並べられた箱から

一つ選べと言われダージリンティーを選ぶ

香港ではイギリスの影響でアフタヌーンティーの文化が根付いているのに

なぜか美味しい紅茶をじっくり入れてくれる店が少ない。

イギリスを知らないから何とも言えないが、ひょっとしてイギリスもティーバッグの世界???

ポットの中は茶葉ではなくてティーバッグというがっかりパターンが実に多い。

以外と香港の紅茶の文化はニッチな部分かも・・・

さてお昼、4人分のセットメニューを頼む。

これがなんともいいお味で料理の組み合わせも完璧。好好味。

話しもしなければいけないからゆっくり味わうことができなかったんだけれど

話しの合間に「おいし!!」って一人ほくそ笑む

写真なんて今日は撮れないと思いつつ1枚だけ。

龍苑

この竹の中に蟹飯

甜品の自家製エッグタルトもお上品

料理人変わったかな?

美味しくなったから大歓迎。


繁体字の大切さ

中国書道で最近一緒になる親子がいる。

お母さんと小学2年の女の子と2歳の男の子。

広東省から来たそうだけれど一人っ子ではなので二人目は香港生まれか?

この親子は広東省の人だから広東語がぺらぺらです。

ご主人の仕事の都合か何かで香港に暮らし始めたらしいが

中国は簡体字なので香港の繁体字が読めない。

それで親子で習いに来始めたらしい。

2014年3月24日夜


みなさんご存知のように中国では繁体字が廃止され簡体字になった。

それで現在では大陸の中国の人たちより日本人の方が

漢字を知っているという事になる

ベトナムも教育しないし韓国もほぼ漢字を手放した。(韓国は最近は漢字教育復活なんて話もあるようですが・・・)

台湾、香港、日本は繁体字を守って行くべきでしょう。

きっと何かの武器になる。

一字で意味が通じるなんて・・・

英語教育と漢字教育はますます重要なポジションになりますね。


私が使う『商務新詞典』に収められた漢字数は12000余とあります。

日本で教えられる漢字数は文部科学省で定められた小学校6年までで1006字。

香港では小学校レベルで2000字習得する。

香港の子供たちは大変だと思いますね。

日本じゃ漢字を忘れた場合、ひらがなでも書けるけれど

香港の小学校1年生は漢字しかないので漢字ばかり。

しかも画数が多くて好難!(難しいの意)

認知症の予防にもいいらしいから一生漢字を学びましょう!

ひらがなのある日本語はやはり素晴らしいかも・・・・




これこそ羽根付き餃子

米網煎餃子

日本に帰っていて4週も休んでしまった書道に久しぶりに行ってきた。

書道の帰りにいつも寄る飲茶のレストラン。

目を見張った餃子

米網煎餃子3個いり。

米粉で網のように焼いたものが餃子についていてパーリパり。

これこそ羽根付き餃子です。

香脆蓮藕餅

上は香脆蓮藕餅。

皮に蓮根と薬味を混ぜた種を挟んで焼いたさくさく蓮根餅です。

これも音が出るほどパーリパリ。

日本では見かけない字だけれど「藕」は蓮の根のこと。

後は炒麺と冬瓜入り卵スープ

スープ冬瓜 炒麺

きしめんと同じ広幅麺ですが幾重にも重なってまるで太うどんのようになってました。

あ、これはばらけてないだけです・・・

冬瓜入り卵スープは生姜の香で予想以上に美味しかった

メニューの名前の前に金銀の文字は普通の卵とピータンが入っているという意味です。

このスープにも金銀がついていました。

ピータンが小さく切って入っています。

これだけ食べてHK$150(2000円弱)

以前より全体に少し高くなった気がします。

店内の照明のせい?

私の写真の腕のせい?

みんな黄色く見えますね。

VISA

VISAの更新で久々にパスポートを眺めると

2009年3月22日に駐在員家族として香港に到着している。

あれから丸5年たった。

長いような短いような。

いろいろ変化がありました。

お客様のような駐在員家族の時を経て、今はその時より足が地についている。

以前よく出ていた「いつ帰国?」という会話もなくなっている。

VISAは期限が2年。

そのあとは永久居民の資格がもらえるかな?

香港が第二の故郷になるのは間違いない。






ウクライナ問題から考える対馬

クリミアの住民投票は圧倒的多数でロシアへの編入を支持した。

一方的に独立宣言しロシアへの編入を進める。

この驚くべき事実を目のあたりにして、日本の現状を考えずにはおられない。


長崎県にある対馬

今この対馬は韓国人の土地買占めにあっているらしい。

聞くところによると、天皇陛下が植樹された土地も今や韓国人の持ち物で

近づくこともできないようだ。

確か日本人は韓国の土地を買えないと思うが

韓国人はなぜ日本の土地を買えるのだろうか?

それは法律が追いついていないかららしい。

お互い同等でなければいけないだろう。何らかの国策がいるのではないか。

日本は海に囲まれ今まで国境問題に無関心だった。

無関心でいる間に日本は日本人の物ではなくなりつつあるのではと

考えるだけで恐ろしくなる。

対馬の人口は2010年に34116人。

少子高齢化、過疎化はとまらない。

日本人が少なくて韓国人が住み続けるとどうなるのか。

韓国に近い対馬。歴史的に交流が深い。

友好は大切だ。

しかしそれだけでは思わぬしっぺ返しに合うかもしれない。

クリミアの住民投票が他人ごとではない・・・

日本人の身の上にグローバル化の負の一面が目の前に迫っている。

日本人一人が一坪でも土地を買えばどうか。

観光などもっと積極的に対馬に行くことだってできる。

何とかできないものか。

韓国は対馬の領有権を主張している。

この事実をみんなに知ってもらいたい。

佐賀まで

香港では山形牛をはじめ近江牛、長崎牛、鹿児島牛、佐賀牛など

高級日系スーパーでよく見かける。

高価過ぎて手がでませんね。

日本で食べれば少しは安いだろうと思って

先日武雄温泉まで行ったついでに初佐賀牛を食べることにした。

地元でもやはり高級なんですね。

JA佐賀が経営運営している「季楽」というお店に行ってきました。

JA長崎も見ならわないと・・・・

佐賀牛 季楽


手前が佐賀牛で向こう側が佐賀県内国産牛

霜降りの加減が違いますが、国産牛でも十分美味しい。

wagyuと書けばオーストラリア産、和牛と書けば日本産。

wagyuは和牛より値段が安いため、香港でもシェアが広がっています。

日本は各県産で勝負をかけているんでしょうが、

どこも美味しくて足を引っ張り合わないか。

皮肉なことですね。

お腹いっぱいで武雄温泉に寄ります。

新幹線の武雄温泉駅が出来上がっています。

ここにはあまり来てほしくないなあ・・・

武雄温泉元湯 武雄温泉

元湯は驚くほど歴史があります、風情もあります。

以前撮った写真も

武雄温泉1

帰り道大原松露饅頭

大原松露饅頭

茶房 風の彩 

忙しい合間、長崎で偶然素敵な店を見つけました。

山を少し車で上がってみるとその店はありました。


風の彩店先 風の彩店内

窓を見ると穏やかな大村湾が見えます。

大村湾 大村湾景色


さらにお料理が美味しい。

新鮮な素材が揃う長崎ですからね。

風の彩料理 風の彩料理1

風の彩デザート 風の彩コーヒー

クジラのメニューも・・・

風の彩メニュー

この山は店主の所有の山かな?

田舎ならあり得ることです。

山の周りは何もない。

栗の実が一つ落ちないで残っていました。

静かな景色です。

世界の動きなど遠い話のようです。

日本での引越し終了

更新があまりできない中、ブログに訪問してくださってありがとうございました。

時間の限られた中での引越しは無事終了しました。

引越しの荷物を出した後、その足で中部国際空港まで大急ぎ。

国内線で長崎まで飛行機で

翌日の荷物の受け取りに間に合うようにしなければいけません。

荷物は長距離のためフェリーで来るようで、トラックより揺れるということで

家具類についているガラス扉はすべて取り外されました。

荷物のトラックが来るのを倉庫で待ちます。

倉庫に入るだけ家具を入れるため、いろいろ倉庫の人たちに協力してもらい

4帖弱の倉庫に目一杯入れてもらいました。

後入らなかった洋服や食器類などのダンボールを長崎の家に運んでもらいます。

2.3日荷物の整理の合間

温泉に行ったり、ちゃっかり美味しいものを食べに行ったり・・・

疲れているのかいないのか分からず、時間の流れに逆らわず。

明日またセントレアに戻って香港に帰ります

結局半月ほど日本にいたけれど、このまま日本でもいいかな~って少し思ってしまいました。

でもでも明日からまた香港です。

暑いだろうな~
     
FC2カウンター
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
こびとさんの時計

ふたりに触れないで~

フリーエリア
banner-himawari2.jpg
プロフィール

メロンボール

Author:メロンボール
どこにいてもマイペース。
とっても天然メロンです。

なおブログの引用、転載お断りいたします。

カテゴリー
リンク
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索