政治家におすすめの本

私の好きなブログ『阿鼻叫喚』のウォーリックさんも書いておられるヤジ問題。

このヤジ、根は深い。

日本はいまだに伝統的家族制度から抜けきらない。

昔読んだ本の中に描かれる女性を思い浮かべた。

夏目漱石 『行人』、志賀直哉 『和解』

もっと古いところで徳田秋声 『新世帯』

小説に描かれた女性の歯がゆいまでの我慢。

明治、大正、昭和の女性の犠牲の上に今では女性の地位は格段に向上した。

しかし、今回のヤジ問題では女性を活用しようという政策を掲げる政治家の

意識の実態を目の当たりに見せつけた。

ヤジの男性議員のご希望はひょっとして「伝統的家族制度」?

そしてもう一つ気になること。

「美しい日本」とよく安倍総理はおっしゃる。

美しいとは何か?

安倍総理が何かにとりつかれたような勢いで突き進む集団的自衛権の行使容認。

「美しい日本」のキャッチコピーはそういう意味なの?

「産んでから言え」や「産めないのか」のヤジの裏に見え隠れする思想。

「美しい日本」と「産めないのか」なんだかよく似ている。

さて安倍総理におすすめはこの2冊(個人的理解の基)

大きな目的が善であれば、一つぐらいの悪業は許されるという理論によって

殺人をおこし、苦悩する人物が描かれた

ドストエフスキー『罪と罰』

戦争という危機に、人間のエゴイズムや偽善、残酷さが描きだされた

モーパッサン『脂肪のかたまり』

ヤジを言った皆さんには人間の不条理を描いた

カミュ『異邦人』がおすすめ

主人公ムルソーは真理のためにうそをつくことを拒否した。

真理のためにママンの死に涙を流さなかったムルソー。

一方途端に低次元になるが、議員たちの生きる政治の社会では一緒に野次を飛ばさないと

議会の中では異邦人とみなされるとでも思ったでしょうか?

一緒になって笑っていた議員たちも、問題として取り合わなかった議長も異邦人になるのは嫌だった?

真理はどこにあるのでしょうか?政治の哲学はどこにあるのでしょうか?

プロの政治家は日本にいるのでしょうか?

さらに自分の行いを隠すために嘘をついたなんて・・・・


戦争に行った人たちは戦争はどんなことがあってもだめだと重い口を開けておっしゃる。

核は絶対駄目だと、長崎、広島の人たちは言う。

妊娠、子育てが安心してできる社会が構築されれば

働きたいと大勢の日本女性は切実に願っている。

プロの政治家はこういう声を真摯に受け止めるべきでしょう。


最後に政治家の皆さんにこの本をおすすめ

19世紀のドイツ文学ゴットヘルフ『黒い蜘蛛』

スイスの民話が素材の本だけれど

かつて人間を苦しめた邪悪な蜘蛛を閉じ込めてあった柱の栓を思い上がりが強くなった人間が抜く・・・

その後、人間たちの心に再び蜘蛛の恐怖が襲う。

その恐怖をなくすために、犠牲になるのは幼子や清い心の持ち主。

命と引き変えにまた蜘蛛を穴に押しこめなければいけない。

思い上がりが強くなった人間が邪悪な蜘蛛を穴から出してはいけない。

過去の悪を再び引っ張りだしてはいけない。



スポンサーサイト

歸路  と  帰ろう

歸路 と 帰ろう

広東語の 歸路[gwai1 lou6 ]   意味は日本語の帰路と同じ

ただ発音がカタカナで書けば「キロ」ではなく「グワイロゥ」

「帰る」は訓読みで広東語の歸路[gwai1 lou6 ]が固定化されたか?

音読みでなく日本語の訓読みと似ているのに少し驚く。

アカデミックに言語を考えては無理がある。

なぜなら訓読みが固定される室町時代に言語学を基盤としてないでしょうから・・・


烏が泣くからグワイロゥ(帰ろう)!

久々タイ料理

タイ料理はたまに食べたくなる料理の一つです。

山ほどのポメロ が入ったサラダ。ポメロ一個分以上は有るのでは無いでしょうか。

タイに比べて香港では結構値段が高いポメロ。そう思うとお得。

右は鶏のバイトゥーイ葉包み揚げ。

甘い香りのするハーブ西洋名パンダンリーフで鶏肉を巻いて揚げた、いわゆるから揚げ。

上品で格別です。

pomero salad(small) 鶏のバイトゥーイ包み揚げ(small)

フォー(small) パイナップルチャーハン(small)

食後はべトナム珈琲

一滴一滴ゆっくり時間が過ぎますね

カップの底にコンデンスミルク

ブラックがいい時は一言。

ベトナムコーヒー(small)

このフイルター欲しいな

カテゴリーがないので西洋菜にいれています。

マンツーマン撮影講座 続き

不安定な天候が続く香港です。

急な雨が降ると困るので、セントラルのCAFEで先生を待ちます。

1時間ではとても短いので結局90分の講座に変更して頂きました。

奥が深いのは承知だけれど、写すことと書くことは似ている。

写真も文章も、自分がどんな視点や角度で世の中の物事を

見つめているかが自然に現れる点は興味深い。

それにテクニックがあれば尚のことよろしいですね。

30分の説明と残りの時間で中環のランドマークの撮影をします。

下の写真どちらがメロンの写真でしょうか?

ランドマークマネキン

N氏3(small)

構図がむちゃくちゃ??メロンは上の写真です。

これもメロンが撮りました。
landmark glass 2

梯子

先生には、「もっと大きく切り取って」とか

「人形の大きさを人間の大きさに感じるぐらいに」、などとアドバイスしてもらう。

先生が写した写真は被写体が大きいですが確かに人間のようですね。

空を見上げている。

N氏8(small)

一眼レフって街に持って歩くのが難点・・・・

でもこれから背景をぼかしたり、露出を考えたりできそうです。

「これから楽しくなりますよ♪」っていう先生。

現役のプロの写真家の人に教えてもらえて良かった~

時間がかかるかも知れないけれど温かく見守って頂けると、

私のカメラの腕も成長するかも・・・・



マンツーマン撮影講座

みなさんのブログの素敵な写真にいつも感心。

へー、こんな風に撮れるんだ~

私は一眼レフのカメラを買って2年ぐらい。
camera.jpg

今もって何もわからないまま・・・・

なのでデジカメの方がきれいに撮れたり、スマホも便利ね~なんて程度です。

それで香港でプロが教えてくださるマンツーマンの撮影講座に申込みました。

この先生は、日本ではファッションやハイブランドのジュエリーなどのカメラマンの方の様です。

私は質問を3つほどお渡ししているんだけれど、質問自体もあまり冴えません。

背景ぼかしや構図など・・・

せっかくだからもっと難しい質問ができるとよかったけれど。

とにかく一回講座を受けてその後、何回かレッスンを受けるかもしれません。

「場所も指定してください」、

「撮るものに依って時間帯も変わります」とのこと。

CAFEでそこの雰囲気をうまく撮ったり、

公園で花を撮ったり、歴史的建造物を撮ったり・・・

何にしましょうかね。

とにかく明日中環、皇后広場で待ち合わせ

長崎  吉宗本店

日本は梅雨の真っただ中だけれど

緑は雨のおかげで一段と綺麗に映えます。

茅の舎70福岡県

33度の香港から日本に行くと気温が低くて寒いぐらいだったけれど

やはりどこに行っても日本の緑の多さには感激です。

春に行ったとき長崎の「吉宗」が改装中だったけれど

すっかり出来上がっていました。

吉宗 

吉宗 下駄箱

吉宗茶碗蒸し

吉宗角煮

下駄箱の札をもらって座敷に上がって・・・・

義母の88歳の誕生日も大勢にぎやかにできて、ひとまず安心。

昨夜は香港に降りるとモア~とした香港らしい空気。

目の前に九州から観光帰りの香港人たち大勢。

くまもんのバッグに、日本のビニール傘2本、なぜかソフトバンクの袋を数個

日本で買ったものいっぱい持ってますね♪

日本で目にしたものなんでも買って帰りたい気持ちわかるなあ~

円安だもんね。

朝方大きな雷鳴で目が覚めて、香港に帰ってきたなと実感。

今日は片づけで明日から活動開始

            ブログお休み中もご訪問ありがとうございました。

少し長崎へ

ブログいつもご訪問ありがとうございます。

今日から日曜日まで福岡、長崎へ行ってきます。

ブログ少しお休みします


日本でワールドカップギリシャ戦が見られます

なんとか・・・・・

Queen


グーグー と グーグー

お腹の鳴る音って同じだからでしょうか?

日本語で グーグー

広東語 咕咕聲[gwu1 gwu1 sing1]

同じですね。

因みに咕 は 鳥などの鳴き声やぶつぶつ言うことです。

魯 [lou5]は鈍い、おろか (口篇の魯ではないですが・・・)

咕嚕肉…酢豚のこと 

愚かな豚がぶつぶつ言っているんでしょうか

こんな言われ方、美味しいだけにちょっとかわいそうだな。

我到咕咕聲

お腹が空いてきました・・・

福山雅治と長崎

昨日の夜の福山雅治のコンサート。

香港初らしい。

スクリーンに映し出された顔は髪の毛少し短い???少し年いった?

なんて自分のことは棚に上げて思いましたが、

やはり歌い始めると福山君です。

日本からツアー組んできてる日本のファンの人が多いのでびっくりです。

しっかりHISの方が案内しています。

勿論香港のファンも大勢押し寄せて大成功だったんでは無いでしょうか?

福山雅治は長崎出身。自身も被ばく2世。

ギターの鮮烈な音響や歌声やレーザー光線

その合間に入る突如、静かな時間。

スクリーンに出される1945年8月9日

時計の針が11時を過ぎる。

そして11時02分で時計が止まる。

ナガサキ

彼は椎の木の曲を静かに歌う。

これだけでも福山君が海外でコンサートする意味があるような気がする。

最後のアンコールの「家族になろうよ」

東北の震災のお礼もしっかり。

やはり香港でも人気あるなあ

彼はきっとまた来る。








続きを読む

福山雅治香港ツアー2014

福山雅治がやってきます。

WE'RE BROS. TOUR 2014 IN HONG KONG

もうぎりぎりでネットで購入できる香港Ticketingを見たらまだ1番安い席が空いていた。

家までチケットを郵送してくれる。

早速2名申し込んだ。

こんなところで歌うんですよ。屋根が波の形のビルです。

福山君。今頃緊張しているかな?

会場香港會議展覧中心

興味があるのは日本人が外国でするコンサートてどんなの?って言うところです。

日本ではなかなかいけないのでいい経験。

夜8時からなので、昼寝がいりそう・・・・

香港のラッシュ?

今日は用事で朝7時にMTRに乗る。

こんな時間にMTRに乗るのはめったにないので

ラッシュに合うのではないかと心配しながら駅へ向かうが

ラッシュという言葉からほど遠い。

2014年6月12日フェリー
 
先日新聞で世界で一番通勤が楽という項目で香港が選ばれていた。

確かに香港は狭くてどこも近いから、仮に電車が満員になっても10分もしないうちに

ラッシュは解消される。

席を譲る人が多いのも、みんなそんなに長く電車に乗る必要がないから。

日本のようにみんなが疲れてみんなが席に座りたいという状況では無いんですね。

さらに香港の人はMTRの座席に座れないと「ラッシュだ!」と思う

という驚愕の証言を友人から聞きました

ランタオ島からMTRとフェリーで7時45分には尖沙咀のフェリー乗り場に着きました。

ターミナルに到着するバスから次々と人がおりてきます。

2014年6月12日チム朝

毎朝、香港ではいろいろな場所で無料の朝刊を配っています。

これらのフリーの新聞も最近ではネットで見れるようになってきているようだ。

この光景もいつまで見れるのだろうか。

今日も香港の朝が始まります

豆腐乳と中華粥

家の近くにあるお粥やさん

結構重宝

今日は持ち帰りして、先日、台湾でVickyからもらった欣葉の豆腐乳をかけて食べてみよう。

乳豆腐

全くもろみみそです。

その中に入っている豆腐は丸みのあるチーズのような味です。

沖縄出身のさとちんさんのブログによると沖縄の豆腐糕によく似ているとのこと。

そういえば沖縄で食べたことがあるなあ~と記憶がよみがえってきました。

中華粥はいつもの皮蛋猪痩肉粥HK$23 (本日の為替で約300円)

これは皮蛋が食べられない人でもOKではないでしょうか。

中に入っている割いた豚肉とピーナッツも粥との相性抜群です。

small豆腐乳 皮蛋痩肉粥

中華粥はお米の形が無くなるまで撹拌煮詰められたもの。

食べ終わるまでアツアツ。量が多いけれど美味しい。

塩辛い豆腐乳をかけるとさらにおいしい。

これは豆腐乳ソースを作っていろいろたれができますね。

これに三杯酢を混ぜてごま油や胡麻、葱入れたら鍋のたれかな?

豆板醤投入もありかな。


     
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
こびとさんの時計

ふたりに触れないで~

フリーエリア
banner-himawari2.jpg
プロフィール

メロンボール

Author:メロンボール
どこにいてもマイペース。
とっても天然メロンです。

なおブログの引用、転載お断りいたします。

カテゴリー
リンク
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索