一保堂緑茶茶堂セミナー

尖沙咀ハーバーシティー内にあるniji bistroで京都の一保堂とのコラボセミナー。

NIJIにて一保堂

K美さんのお店なので早速K子さんと参加。

京都から来られた愛らしい一保堂の講師の女性が映像を使って京都弁で説明。

イントネーション懐かし。

ふと微笑んでしまう

通訳の香港人を通してみんなでお番茶、お煎茶などを頂く。

茶筅で抹茶を立てたりと香港の人には興味深かったでしょう。

講師の女性が茶筅の練習を「AIRでやってください」って通じたかな?

niji bistroの料理長(香港人)がお茶を利用してメニューを考えた

和風アフタヌーンセットも味わえましたよ。

お蕎麦??

このお蕎麦はお茶をかけて頂くんです。日本人じゃ考えないでしょうね。

お蕎麦といくらの塩味がマッチ。

和風アフタヌーンセット

和風アフタヌーンセット1

すべて抹茶を使ったスイート。

これで2人分。

今日は香港人8名日本人2名の参加でした。

日本側は茶道のルールを無視して気軽に浸透させたいという想いと

セミナーに参加する香港の人たちはある程度日本通なので、

少しはお点前のようにお茶碗を回して飲みたい~などと少しハイレベルな要望。

日本ブームはブームではなく根付いて行ってますね~

明日もあるそうです。

甘いもの好きな香港の人たちにも渋さ伝わるといいね

K子さんとはこの後ラーメンを食べに行来ましたよ。

二人ですごいねって言いながら・・・・





スポンサーサイト

長沙湾界隈

MTR深水埗と茘枝角の間にある長沙湾駅

セントラルから決して遠くはない。

それにしてもこの辺りは物価も安く、やっと開発が進んできている界隈。

まだ香港の古いビルを目にすることが出来る。

古いビルは角が丸いビルやデザインの面白いビルが多く興味深い。

丸い窓の建物は公屋(公営住宅)

古いビル1(small) 古いビル(small)

old New(small) 公屋(small)

街を歩くと

八百屋、果物屋、魚屋、肉屋、麺屋、野山薬屋、卵屋などが並ぶ。

果物屋

卵や

野草屋

麺や

魚や

失なわれつつある古き香港。

5年後このあたりはどうなっているのでしょうか?

それにしても香港は春が短く季節感もそれほど強く感じません。

それなりのお店に出回る商品で春に気づきますが

それよりもすぐ夏がきそうで少し味気ない。

日本なら今頃、街中に春の予感を感じるはず。

卒業や入学、いろんな感情が渦巻き、よろこびや涙が桜の舞う姿と交錯して

日本人の心の底に毎年、思い出の層を積み上げていくのですね。

日本で桜を見たのはもう3年前。

その2012年4月8日のブログを見ると桜を見るのが4年ぶりって書いている

香港の街にいてふと桜恋し・・・・



木綿花

書法の老師と一緒に長沙湾駅で降りる。

この一角はオールド香港。

ここにはクリニックが点在し市場や雑多な店が固まっている。

古い大木の木綿花が保護されていた。木綿花は香港では別名英雄樹。

木綿花1

木綿花(Cotton Tree)の花は大きくて強い。さすが英雄樹。

木綿花up

この花は街で見られる涼茶の五花茶の材料の一つになるそうで、

どこをつかうんでしょうか?

セントラル(中環)にはある有名なCotton Tree Driveという道。

その道を行くと婚姻 登記所があって、そこに申請して初めて結婚の証明となる。

結婚式をあげた人は必ず行く場所でもあります。

Cotton Tree Drive Marriage Registry 紅棉路婚姻 登記處にはこの紅い花がよく似合う。

長沙湾の保護された木綿花の根元には形を残したまま花がいくつも落ちていました。

そして午後にはやっと陽が照りだしてきました

来週からは27度ぐらいの予報です。やっと暑くなりそうですね。

自分の抗体に聞く?

私は以前皮膚に原因不明のぶつぶつができたり治ったりしているとブログで書いた。

その原因にポリフェノールが犯人じゃないかと考えて

赤ワインをやめたり、チョコレートをやめて様子を観察していた。

犯人は赤ワインか?などと考えていた矢先。

先日うっかり麻雀の時、出して頂いた赤ワインを飲んだ

そして大変な出来事とは、初めて全身が蕁麻疹で覆われたという事。

その夜何気なく痒みを感じて身体を見てびっくり!!

蕁麻疹が相当広がって大きな地図状の模様が背中にも腕にもいっぱい。

当然その夜は痒みを我慢し、眠ったか起きてたのか?

翌日は外からは分からないので、さらに痒みと戦いながら尖沙咀まで用事で出かける。

仕事の話も途中から上の空・・・・

蕁麻疹はアレルギーの原因物質が、体内で異物として認識されると、

細胞からさまざまな化学物質が放出されるらしい。

特にヒスタミンという物質は皮膚の血管を拡張させ、血液中の水分を

血管の外に浸み出させ、そして皮膚が赤く腫れるらしい。

蕁麻疹の赤いのは薄まった血の色なんだ

さらにヒスタミンは痒みを感じる神経を刺激するので、こんなに痒くなる。

しかし今まで平気で飲んでいた赤ワイン

今回、私の体内の抗体が異物と認識したらしい。。

考えてみると、この私は知らないのに勝手に異物と判断する私の抗体とはいったいなんだろう。

時間と共に赤く熱をもった大きな地図状のかたまりが移動する。

その様子はまるでゆっくり動く細胞のよう。

昨日は小さなぶつぶつだった部分も次第にくっつき、次の日には目を疑うほど大きく広がっていく。

丸二日間痒みと戦った。痒いと何もできないものだ。

軽い蕁麻疹は1時間もあれば元にもどるもの。

今回はやはりひどかった。

痒みと痛みも感じる蕁麻疹、こりごりだなあ。

抗原が分かったから赤ワインはやめないといけないのかな?

寂しいじゃないか!

白ワインはどうなんだろうな?

抗体に聞けという事か?

私より私の身体の事を知っている抗体。

私ってなんだ?抗体って何者だ?

こんなところで変な感心をするのが呑気なメロンなんでしょう。

これからも今まで平気なことを、抗体が拒否することが増えていくのだろうか?

最近は急に花粉症になったりアレルギーになったりする人も多いらしい。

そういう事なんだろうな。

とにかく今は蕁麻疹も収まった。

せっかく美味しくいただいたワインだったのに残念


脳トレ 広東麻雀

以前香港の長寿の原因の一つに「麻雀」があると思うと書いた。

香港には日本の麻雀と少し違ってもっと簡単な「広東麻雀」がある。

結婚式や飲茶の時間待ちや何かと集まって麻雀をする。

子供でも知っているという広東麻雀。

牌も日本のものよりも一回りも大きい。

そんな広東麻雀を香港在住30年以上のM子さんのお家で

教えてくれるというので友人たちと出かけた。

窓からの山の風を受けながら・・・

脳トレ会1

ワインとお食事まで頂いて

脳トレ会

大きな牌の広東麻雀を教えてもらいます。

広東麻雀

全然わからなので、みんな手の内を見せながら、

自分はいったい何をあつめているのか?

何を捨てればいいのか?

みんなとワイワイ相談しながらという雰囲気。

これを80歳からはできないでしょうが、今からならまだまだ覚えられそう。

日本の高齢の人たちにも脳トレにぴったりかもしれない。

おしゃべり麻雀はとってもたのしかったのは言うまでもありません。

でもその夜、とっても大変な事が起こったんです・・・・・

天人合一

散歩の途中

亭(あずまや)

精気互臓(small)

上には「精気互臓」と「天人合一」の文字

臓象学説によると喜・怒・憂・思・恐の五つの情緒はそれぞれ特定の臓と関係が深く

人間の情緒と内臓の生理機能は相互関係にあるとされている。

内臓のバランスが崩れると精神の情緒も崩れ、反対もあり得るということでしょう。

大事なのはバランス。

精気互臓 足元(small)

足元のこの中心に立って一呼吸

天と人と一になる。

白鶴霊芝(small)

公園に咲く白鶴霊芝

補肺に効果。

バンブー蒸し器

バンブー

手前のバンブー蒸し器の大きなサイズが壊れてしまった。

これは香港らしくってとっても重宝していた。

ひとまず上環の錦利鋼鐵用品工程有限公司にいったら、

こちらは店の名前どおり鋼鐵専門。

台所用品はなんでもあるっていう先入観。バンブーは無かった。

次に佐敦にある台所用品が揃う上海街まで買いに行った。

この通りも台所用品を扱う店が少なくなっている気がする。

一つの店に少し頑丈なものが店先に並べてあった。

竹だけはが良かったんだけれど・・・・

サイズも思いのものではなかったけれど2つ購入。

上下で一つ  20HK$(約350円)

この香港らしい蒸し器が香港から消えたらもう買うところはなくなるんだろうか?

消えないでね~

上海街

古い街は圧倒的香港。

このビルもいつかは姿を消すのだろう。



プアール茶

家に残っているプアールの茶餅

ポーレイ茶

これは餅のように固めてあるので茶葉を手で砕いて使う。

プアール茶は中国雲南が主な産地で深赤色のお茶。

お茶の種類で言えば黒茶の部類。

カビで醗酵させるのでワインのように古いほどよく、尚且つ保存の環境に左右される。

香港のように高温多湿は最適なのだろう。

プアール茶の歴史は1700年以上前からさかのぼれる。

プアール茶はそのほとんどが老木から作られるのが特徴のようでミネラルが豊富。

文化大革命の時中国でプアール茶の生産が禁止され、

その時多くのプアール茶が台湾、香港に流れたそうだ。

今もビンテージのプアール茶は台湾に多くある。

世界的に投機商品とされた時期があったが今はどうなのだろう?

香港では飲茶にはプアール茶がよく飲まれ、私もほとんどプアール茶を注文する。

その効用を中国のサイト百度百科で説明しているのを少し拾ってみる。

基本的効用(ただし長期飲用)

⒈降脂、减肥、美颜、降圧、抗動脈硬化。

⒉防癌、抗癌 プアール茶には抗癌微量元素が含まれ,殺癌细胞的作用が強烈。

⒊健歯  殺菌消毒作用。口腔内の衛生。

⒋健胃

⒌抗衰老  ビタミンCの増加、人体免疫系に総合的に効用。

⒍防辐射?  中山大学の研究結果から解除作用  (これはX線や電磁波などと思うが・・・)

⒎醒酒  解酒作用や利尿作用があり、酒精を体外に早く出す。

⒏美容、美脚  新陳代謝 血液循環が良い。足の保温

すべて研究結果によるものだが、いいことづくしのようだ。

ただし長期飲用という事だから、毎日飲むことがいるようですね~

その土地に合うものを食べたり飲んだりするのが一番いいと簡単に思って飲んでいたけれど

これからもこれらの効用を知って飲むと更に作用がアップしそう

家では日本茶がほとんどだけれど外食では今まで通りプアール茶で

機会があれば飲んでみてください。





山査餅

昨日中国茶と一緒に食べた10円玉のようなもの。

山査子餅

山査子(サンザシ)です。

消化吸収を助ける作用があります。

先日の漢方粉にも入っていました。

心悸亢進、心筋衰弱などの心臓病に使われるそうです。

私は血液がサラサラになると聞きましたが・・・・

甘酸っぱい。

なかなかおいしい。

潮州茶

書法の老師はお茶が大の苦手。

潮州出身だが胃が弱いのか小さい時から合わなかったようだ。

なので老師に出すのはいつもお湯でいいという。日本茶も苦手らしい。

潮州はお茶で有名で工夫茶(コンブチャ)という伝統のお茶の入れ方がある。

茶葉をたっぷり入れて濃いお茶を小さな茶杯で何杯も飲むのだ。

小さい時の老師はそれがとても嫌だったらしい。

私は何度か潮州料理を食べに行ったとき提供される工夫茶を飲んだ事がある。

以前のブログにも書いていたけれど、お茶のエスプレッソ。

何人いても3杯の茶杯が正式なようで格上の人から飲むようです。

以前2人で食事に行ったときは2種類のお茶が6杯出てきました。

それに潮州料理の甜品には日本の葛饅頭とそっくりなものがあって驚く。

こちら

こちらも

中国茶もゆっくり飲むとおいしいのに・・・・

東方美人茶 山査子と

今日は台湾の東方美人茶

東方美人茶

老師からもっと潮州のお茶の話聞きたいのに、少し残念






GOLDEN SHANGHAI CUISINE

GOLDEN SHANGHAI CUISINE 麻婆豆腐

たまにこの店の白飯と麻婆豆腐が食べたくなる。

白飯はもちろん少し匂い(香り)のする中国米。

中華には合うんですよね。

GOLDEN SHANGHAI CUISINE 鉄観音

いつもプアール茶を注文するけれど今日は鉄観音。

肉切包や皮の厚い焼餃子や上海春巻

メニューを眺め次回はスペアリブ。 

やはり1回の食事で一人1ポット以上飲むお茶。

お茶で油が流れるはず。

GOLDEN SHANGHAI CUISINE 焼餃子

GOLDEN SHANGHAI CUISINE上海春巻 

近くのレジデンス?と聞かれ住民証を見せると割引があった。

何度か来てるけれど知らなかった!

10%の幸せ♪



ギラン犬枇杷

お天気は毎日何となくすっきりしない香港ですが

気温と湿気だけは順調に上がっています。

今日の気温は25度近く。

散歩も軽快に出来るようになってきました。

2015年3月ギラン犬枇杷(small)ギラン犬枇杷

ギラン犬枇杷は八重山諸島や台湾、東南アジアに繁殖するクワ科の大木

別名コニシイヌビワ。驚くほど巨木になります。

私が散歩道で見るのはまだ低木です。

小ぶりでイチジクのような果実です。

でも果実に見えるのは実は花でイチジク状花序と呼ばれます。

この果実の内側で花が咲くので花を直接見ることができないようです。

去年の11月はこんな具合

花は幹や枝に直接つくので少し気持ち悪いですね。

2014年11月ギラン犬枇杷
     
FC2カウンター
カレンダー
02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
こびとさんの時計

ふたりに触れないで~

フリーエリア
banner-himawari2.jpg
プロフィール

メロンボール

Author:メロンボール
どこにいてもマイペース。
とっても天然メロンです。

なおブログの引用、転載お断りいたします。

カテゴリー
リンク
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索