トンレサップ湖とオールドマーケット

海の民は香港にもいた。

香港行政府の政策でアバディーンにいた人たちはみな海から陸へと居住を移して、

今はほとんど水上生活者はいなくなっている。

そんな中カンボジアの水上生活はどのようなものか少し興味があった。

船を借りて湖にでる。観光客の少ないシーズンなので船も少ない。

細い川のようなところから一気に海原に出た感じがする。

水の色はご覧の通り。この湖が伝説で称えられる豊かな湖。

世界で一番多くの魚が生息していると昔から言い伝えられている。

レリーフにあったようにワニもいたようだ。今はいないというけれどひょっとして・・・・

576水上生活

遠くに家が並んでいる。船の上に作られた家。学校も教会もお店もある。

568水上生活お店1

雨が降って水量が増える前に引っ越しするシーンを目撃しました。
見られる時期が決まっているのでラッキーでした。

551水上生活の引っ越し1

前から船で引っ張って、後ろからは人が押しています。
年に2回引っ越しするらしい。雨季と乾季でしょうか?
それにしても簡単なようで大変・・・・・

553水上生活の引っ越し

なんだか見かけない標識があったのでガイドさんに聞いたら、あの標識のあたりまで水が来て

下が土地だからこの辺りは浅いよという印だよという返事。

550トンレサップ湖案内版

あんな上まで水かさが増えるんだ・・・・ジグザグのデザインは浅いという案内。

ところで私たちがチャーターした船に子供が一緒に乗ってくる。

あれ?学校はと思って聞いてもらったらお父さんがお金がなくて学校に行けないという。

1ドルのチップを要求するのであーそういうシステムかと思ったが、

誰も彼を責められない。

笑うと白い歯がこぼれる少年は10歳。

見た目には6歳ぐらいに見える。おこずかいをさらに増やす方法を誰かに教えてもらったのか

座席の後ろに回って肩をもんでくれた。お金を渡すのがいい方法ではないけれど

暑いのにジュースを買うにもお金がいるのが現実。

学校に行きたいね。

船を降りて、この後ガイドのチャンティさんが毎日のように行くという

オールドマーケットに寄ってもらう。

市場に入ると、彼女はあちらこちらで店員の人に楽しそうに声をかける。

「あの人は友達」「あの人の兄さんもガイドなんだよ」などと教えてくれる。

市場に行くと市民の生活が垣間見れるので面白い。

野菜は香港にあるのとさほど変わらない。ちまきも売っている。

お客さんが通路を歩いて目の高さあたりの台の上にお店の人と商品があって

その陳列方法がおもしろい。

香港には魚とは言えないけれど蛙や蛇も見かけるけれど、

ここではさすがナーガ神のへびは食べませんね。

魚はトンレサップ湖の恵みでしょうか?知らない魚もいます。

清潔感があるとは言えないけれど、これから変わっていくのでしょう。

ただ暑いのに停電はみんなの悩みでしょうね。

すぐ点いたり、消えたりでした。

今夜はアプサラダンスを見て次の日は香港。 

シェムリアップの旅は終わりです。

駆け足だったけれど、5年も経たない間にすっかりリゾート地になるかもしれませんね

伸びしろがまだまだ感じられる土地でした。

もう一度ゆっくり来てみたいものです。












スポンサーサイト

バンテアイ・スレイ

2日目は郊外へいきます。

バンテアイ・スレイに向かうためにシェムリアップの街を抜けるとそこは田園が広がる大地です。

赤土のまだ舗装されていない道は、懐かしのでこぼこ道。

436赤土の道お土産や途中の街

336痩せた牛

途中には新芽が出始めているマンゴーの木やドラゴンフルーツの木。

地平線の見える土地に骨だらけの痩せた牛や高床式の家を見ることができます。

見かけた牛はみんな痩せていた。

なぜなんだろう。1番目の神様の乗り物なのに・・・・

遠くに高さがずっと平らな砂岩でできた聖山プノン・クーレン(ライチの山)。

339聖山

アンコールの建造物はここの砂岩を使っているらしい。

山の形を見て私はナーガ(蛇神)のように見えました。

バンテアイ・スレイはそんな牧歌的な風景を見ながら車で45分ほど。

そこには東洋のモナリザと呼ばれるレリーフ像がありました。

紅いラテライトの色は東洋のモナリザを一層綺麗に優しく見せてくれます。

421東洋のモナリザ2

419東洋のモナリザ1

406東洋のモナリザ右顔が壊されている

403東洋のモナリザ

王が変わるたびにヒンドゥー教や小乗仏教に変わったアンコール朝。

街へ帰る途中によったバンテアイ・クデイで上智大学の調査団が見つけた仏像も

迫害を恐れて大事に隠されていたようです。

佛像を見つけた場所を見ましたが見逃しそうななんの変哲もないところ。

発見されなければ、また何百年も土の中にいた可能性もあるのだから素晴らしいことです。

プレ・ループとプラサット・クラヴァンに行って次は海のようなトンレサップ湖です。

451プレ・ループプレ・ループ

アンコールワットとチュナンダイ鍋

232アンコールワット

アンコールワットの写真はプロの方が撮った方が絶対いい

なので日の出の写真は初めからパスです。

211アンコールワット

昼食後すぐなので特に人出は少ない。ゆっくり回れます。

参道も長く、お堀に囲まれたまるで城壁のようなお墓なのです。

中央祠堂を囲むように4つの塔が建ち、荘厳な畏敬の念を感じさせる建築物です。

高広大という事は聖なる場所として必要な条件なのでしょう。

勿論、内部には精巧なレリーフが彫られています。

281アンコールワット壁面

248アンコールワット壁面

293アンコールワット壁面

292アンコールワット壁面

247アンコールワット女神像

うっすら朱色が見えるので漆であったことがわかるのです。

下は参道の途中の両側に建っているお経などを収めていたところ。図書館ですね。

223図書館アンコールワット

クメール王国はインドシナ半島やマレー半島の一部をも含む大帝国だったらしい。

出会ったカンボジア人が言っていた言葉が思い出される。

「昔はタイもラオスもカンボジアだった」・・・・って。

ということはこのレリーフはいろいろな国の人が彫ったのでしょうか?

アンコール王朝の最盛期は12世紀。

900年前でアンコールワットがジャングルの中から見つけ出されたのは今から150年前。

ジャングルの中からこんな建造物を見つけた驚きはどれ程だったでしょうか?

さて一日目は割と強行でした。

これからチュナンダイというカンボジアの鍋を食べます。初めてですよ。

ホテルからすぐなのでトゥクトゥクに乗って風に吹かれてパブストリートまで。

個人的にはトゥクトゥクはタイで乗るよりずいぶん安心感があります。

交通量の違いでしょうか?

322PUB Street

321カンボジア鍋

319チュナンダイ

お肉に卵を絡めて鍋に入れます。

お肉、野菜、キノコ、麺、湯葉?グルテンかな(中華は丸いけれど)

317アンコールビール

その土地の食事をいただくのは旅の醍醐味です。

シェムリアップの夜は更けていきます

象のテラス~タ・プローム(やはり居ました身勝手中国人観光客)

象のテラスで描かれる三つの頭を持つ象。

この動物も「乳海撹拌」で生まれたとチャンティさんの説明。

象のテラス 三つの頭の象
象は三番目の神の乗り物だそうです。

一番目は牛。

下のガルーダは2番目の神の乗り物。

ガルーダ像

ガジュマロの巨木があちらこちらに絡まっている写真はよく目にしていました。
本当に目の当たりにすると、人工の建造物というのは自然の生命力の前では
いつかは無力になるのかと思わざるを得ないです。

絡まる巨木

巨木と観光客

タプローム小さな仏像

タプローム建物

タプルーム小門

タ・プルーム門支え

お昼はガイドさんが連れていくレストラン。クーラーが効いていて助かる。
お値段は国際価格で高いけれど、想定済み。

蓮

AMOKという辛くないカレー。ココナッツカレーですね。本当に辛くない。

AMOY.jpg

タロイモのスムージーは珍しくて即注文。なかなかおいしい。

タロイモスムージー

その他中華を注文。空心菜のにんにく炒めと炒飯。好好味。

食事の後アンコールワットへ。ガイドのチャンティさんはがんばってくれました

それにロープ内の触っていけない遺跡で写真を撮る身勝手中国人観光客に

彼女は果敢に注意をしていましたが、中国人観光客はどこ吹く風。

カンボジア人も怒り心頭。 

ただ中国人に注意しないガイドさんも問題と彼女。なるほどそうです。

中国人

中国人1

アンコール・トム 

アンコールの遺跡は計算された建築物は勿論、壁面のどの場面もレリーフが精巧で伝説のドラマが広がる。

カメラに収めたいスポットがありすぎて、これはどうしたらいいものやら・・・・

漠然と載せるのみになりそうです。

アンコールワットの後に建てられたアンコール・トム。

その中心にあるバイヨン寺院の壁画はとても素晴らしいという事で一番始めに行った。

バイヨンに行くために南大門に向かいます。

遺跡見学を開始した途端、そこから神話の世界が広がります。

南大門入口

その門の入り口参道両側に向かって左手神様チーム右手阿修羅チーム

乳海攪拌

阿修羅と南大門

ヒンドゥー教の天地創世の神話「乳海撹拌」を表しているそうです。

神たちや阿修羅たちが大蛇ナーガを綱に見立てて綱引きをしながら

不老不死の薬を作るため海を100年かき混ぜた。

この時点でこの神話の話が苦手な人がでてくるでしょうね。

かき混ぜたことで海が乳海になってその中からアプサラ

ヴィシュヌ神の妻になる美人のラクシュミーが生まれます。

さらに目的の不老不死の薬もできてめでたし、めでたしです。

この話はレリーフに何度も何度も出てきます。

結局人間の根源の願望は「不老不死の薬」に尽きるのですね。

そして南大門は今も使われています。

南大門バイヨン車通路

レリーフははっきりとみることができて、話しの筋もよく分かります。

バイヨンレリーフ壁面

これは地獄に落ちてトンレサップ湖に住んでいたワニに食べられているところ。

バイヨンレリーフ鰐

バイヨン顔4面

顔が四面から見ることができます。

アンコールの遺跡は全体に加工しやすい砂岩がほとんどで後はラテライトやレンガ。

なので早く崩壊を食い止めなければならない建物ばかりです。

崩れ落ちる遺跡

この後象のテラス、ライ王のテラス、タ・プロ-ムそしてアンコール・ワット。

そして夕方はブログで知ったさくらさんが

日常の買い物にも行っておられたオールドマーケットにも寄りました。

まずシェムリアップの印象

アンコールワットの旅

どれだけ汗が出たかと思う。

ざっと備忘録。

雨季であったので7月は観光客も極端に少ないらしい。

それでも太陽も十分にでて快適なアンコールワットの旅になった。

シェムリアップの空港は今工事中で、半分ほど出来上がって綺麗になっていたし

遺跡やホテルは観光客が少なかったことも快適の一因になったと思う。

雨季だけれど7月はカンボジアの旅にはおすすめかもしれない。

1日目はアンコールワット、アンコールトム、巨木の根っこが遺跡にからまるタ・プローム

そして夜はパブストリートで食事。

お肉に卵を絡めて鍋に入れるチュナン・ダイ。そしてアンコールビール。

2日目は郊外へ

東洋のモナリザと呼ばれるバンテアイ・スレイ

プレ・ループ

バンテアイ・クデイ

プラサット・クラヴァン

そしてトンレサップ湖

トンレサップ湖では学校に行ってない子供を大勢見た。

船の手伝いをしていた子供は10歳。10歳には到底見えないほど小柄。

私は5,6歳だと思った。何ともつらくて複雑な思いがした。

そして水上生活の人たちの珍しい引っ越しも偶然見ることになりました。

車で通った道は国道6号線、アンコールワット通り、シヴァタ通り、

そして舗装されていない赤土の道路。

勿論カンボジアのアプサラダンスも停電が頻繁な市場も・・・・

牛飼の人たちも見たし、トゥクトゥクのおじさんと西洋人カップルの壮絶な喧嘩も見たし

マンゴーの木やドラゴンフルーツの木が相当数あって、身近な果物で有ることも分かった。

カンボジアの食事はかなり日本人の口に合うのではないかと思う。

特にスープ類はどれでも美味しい。

フランスパンやクロワッサンなど持って帰りたいほどおいしい。

カンボジアは珈琲豆が取れるようだけれど、味はもう一つと言う人が多い。

でも上は限がない、文句を言うほどではない。

市場の野菜はほとんど香港と同じで、カンボジア内も中華が多い気がする。

がりがりに痩せた野牛や地雷で被害にあった人たち。

カンボジアとタイやラオスとも今も続く思惑。

色々な歴史がどこの国にも横たわる。

ただこの旅行で困ったのがトイレ。

アンコールワットを出た頃、ガイドのチャンティに「トイレはあるの?」って聞くと

「ここは無いよ!」なんと広東語で一言「モウ[ない]」と言われた時の衝撃に似てた。

「汗がでるから大丈夫でしょう」と言われても・・・・

その後もトイレの有無が気になって気になって。

それでも歴史や寓話が大好きなメロンには楽しい旅でした

吴哥窟

吴哥窟

この字はアンコールワット

今日の夜はここ吴哥窟にいるはず。

香港から2時間あまり

「アンコールワットはかなり歩くよ」とある人に脅かされていますが

香港より朝晩涼しく感じるそうだから、この一日サウナにいるような香港よりいいかも知れない。

3泊でまた帰ってきますが、いろいろ重なるものです。

丁度その日にマンションのオーナーが、イギリスから香港に来るので私たちに会いたいという事です。

彼らはシンガポール人です。

つまり香港でマンションを投資で買って自分たちはイギリスに住むっていう事です。

日本人にはなかなかそういう芸当はできませんね。

このマンションは借りて4年目です。

初めてお会いするのに日焼けた疲れた顔でお会いしないといけないかもしれません

ブログを書きながら今もとっても暑いのでカンボジアに行く前から疲れた感じです。

でも行くとクメールの風に誘われて元気に遥かな遺跡の階段も登れるかも・・・・・・

しばらく留守にします

画竜点睛

老師から是非見に行きなさいと勧められていた。

趙少昂(1905-1998)の書畫展

中環から88Rのバスに載る。

このルートは中環から沙田第一城を往復する、片道45分のルート。

香港にはビクトリアハーバーを挟んで香港島から九龍半島に海底トンネルが3本ある。

最初のトンネルは1972年に開通している。

それまでは香港島から九龍半島に渡る自動車はスターフェリーでの移動だった。

長さ約2キロ弱の海底横断道路を渡り、トンネルを抜けると

だんだん獅子山が見えてくる。

この山は九龍地区と新界地区を分ける山とされ九龍からはどこからでも見える。

獅子山(ライオンロック)と言われるだけあって獅子が座っているような形を見ることができる。

香港の喧噪を後に九龍塘の大邸宅の緑の中を進む。

88Rのバスのルートはなかなか気持ちがいい

文化博物館の辺りに着くかどうかわからないし

バスはMTR火炭の方に行きそうなので、手前で降りて香港文化博物館までタクシーに乗車。

香港の博物館等は水曜日は無料、その他の日でも10ドル(約150円)、60歳以上は5ドル。

人々の憩いの場となっています。

綺麗な館内をぐるりと回ってお目当ての趙少昂(1905-1998)

中国書家とは書畫も描けて初めて書家と言われるのです。

素晴らしい水墨画を描いた後に書をしたためて印章を押す。これができて初めて書家。

一枚の紙の中でえがかれる藝術の最後が書 なのです。

画竜点睛。

いくら素晴らしい絵がかけても字がお粗末なら台無しです。

生きているような虎、 鯉、金魚、鳥、 昆虫、 そして風景・・・・

写真は禁止だったので記憶にとどめておきます。


画竜点睛の言い伝えは中国六朝時代に梁に大家が描いた龍の眼を描かなかった事に

眼を入れることで龍が飛び出してしまうと大家が言ったが皆が信用せず

無理やり描かせたら、龍が絵から出て行ってしまったという話です。

最後の要。

やはり芸術は教えられるにも限界がありますね。

本来の才能の問題ですね。




CIAK

ご主人がイタリア人という知人から美味しいお店を教えてもらった。

CIAK.jpg

カジュアルだけれど本格的イタリアン。

彼女からこの店のペペロンチーニリピエニを是非食べてみてと勧められた。

スターターは20種類ほどあり、お店の人に

「ペペロンチーニリピエニはどれ? 」と聞く。

スターターの前でこれだよという合図を送ってくれる。

楽しみにしてたペペロンチーニリピエニ、お皿に載せてさっそく食べてみる。
peperoncini ripieni

この赤くてかわいいのがペペロンチーニリピエニ

唐辛子ペペロンチーニの中を綺麗に出して、その中にツナやオイルサーディンなどを混ぜていれるんですね。

小さいだけに結構手間がかかりそうです。

よく瓶の中にビネガーと共に入ってデコレーションにもなっていますね。

教えてくれた彼女はメインのお料理が来るまでにパクパク食べるって言ってました。

パクパクは食べられなけれど、確かにこの店美味しい。

ピザもホームメイドソーセージも山ほどあるデザートもさすがの味。

アラカルトも勿論あるけれど、今回はお勧めのSUNDAY BRUNCH.

pizza @ CIAK 

ソーセージ@CIAK

イタリアワインもずらり

教えたくないけれどこんなセントラルの中心にあるんだもんね。

秘密にできない・・・・・

ランドマークの「CIAK」です。

お腹いっぱいになって、これから沙田にある文化博物館まで行きます。

老師の2代前の超有名な大家の書畫展が今開催されています。

老師のお勧めです





南海一号

MTR尖沙咀の上にあるI SQUARE の30階に

「アイバー&南海一号」という不思議な名前の中華レストランがある。

眺めは最高で夜ともなればさぞ感動的。

「南海一号」とは中国南宋時代(約1160年代)広東省の南海域で沈んだ船の名前らしい。

中国では磁器も陶器も「瓷器」と呼ばれるが

その当時焼き物の技術が世界一であった中国で瓷器は貿易品の代表として

アジア圏、イスラム圏、ヨーロッパ圏に運ばれていた。

南海一号も貿易船として航海中に何らかの原因で沈没し

8万件という瓷器や生活用具、文物などが海へと沈んだ。

1987年には船内が捜索され200件余りの宋代の瓷器が見つかったようだが

技術的な問題か。その後も20年近く海の中に。

その間の捜索は秘密の中で行われ、Wikiによると

了保守沉船秘密,南海边防军一直以“水底有炸弹”为借口“欺骗”来往的渔民

漁民たちに水底に炸弾があるとアナウンスされていたようだ。

その後6万点余りの文化的価値の文物、瓷器がみつかり

今現在も産地別に整理されているという事。

店内も南海一号のコンセプト。

店の名前の由来を考えながらMさんとランチです。

南海一号1

南海一号2

南海一号4

二人であと二籠で十分。

天気がよくて気持ちいい香港

ただし、冷房のビルの中だからね。

湿気は半端ない。

次から次へと若者

セカオワをせっかく覚えたと思ったら

今度はゲスの極み乙女。

ロマンスがありあまーる♪♪なんて歌っていたら

今度はマウントエレファントさんのブログで知ったshinhg02(シンゴツー)

なんだか遠い未来からきた若者のようで、眼がくぎづけ

特にメッセージ性のあるshinhg02

インパクトあるし、グローバルな彼ならでは。

いろいろ発信してほしい。



若者、それだけで未来。

JAPAN RALL PASS

JAPAN RALL PASS(ジャパン・レール・パス)。

こういうのがあるんですよ。

これは外国から観光目的で日本を訪れる外国人のみが利用できる格安パス。

JRグループ6社が共同で提供するサービスで結構以前からあるのです。

最近の外国人観光客の大増加で大注目です。

香港の人たちから日本のあちらこちら、もう行ったよ~という話はよく耳にする。

更に彼らは私たち日本人より多くの情報を持っているのではないかと思うほど。

日本の隅々まで知り尽くしていてしかも効率よく移動する。

このパスは7日間用、14日間用、21日間用とあってこの期間であれば

JRの急行、特急、のぞみ、みずほ以外の新幹線乗り放題。

7日間用で一人29110円、14日間用46390円、21日間用59350円。

日本は国内移動が高いので、外国人にとって移動費が安いというのは

大いにセールスポイントになりますね

日本人よりお得感があるので、何度も日本に行きたい~と思うでしょうね。

パスを利用するには、いろいろ条件がります。

例えば今住んでいるその国の永住権を持っていること、

そして日本では購入できない等です。

メロンも来年の春には香港の永久居民になれるはず

このパスを狙っています。

今は短期の日本帰国でダッシュであちらこちら国内移動するけれど

移動費が結構かさばる・・・・。

それで来年はこのパスをゲットして少しはラッキー気分味わいたい

しかし、安全、安心の新幹線も色々な事件があると心配だけれど

それでもやはり日本の新幹線 世界一だからね





     
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
こびとさんの時計

ふたりに触れないで~

フリーエリア
banner-himawari2.jpg
プロフィール

メロンボール

Author:メロンボール
どこにいてもマイペース。
とっても天然メロンです。

なおブログの引用、転載お断りいたします。

カテゴリー
リンク
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索