蒸籠

補修しながら長く使っている蒸籠。

002蒸し器旧

一回り大きめの新しい蒸籠を購入しました。

3段にしようかとも思ったけれど2段で。

饅頭やとうもろこし、さつまいも、魚なんでも蒸しものはこの蒸籠。

お店には蒸し寿司の一人分になりそうなとってもかわいい小さい蒸籠もありましたよ。

005新旧蒸し器

ついでに籠も購入。

009籠

お店はこちら。

DSC_0038徳昌森

DSC_0039 (1)徳晶森

業務用の蒸籠が天井まで積み上げられています。

何に使うのか蓮の大きな葉っぱが綺麗にひもで括られ段ボールにいっぱい。

何に使うか聞けばよかった。

お店の横には工場があり、まだまだ職人さんが活躍のお店です。

香港に飲茶がある限り繁盛してほしい。

お店の人も優しくて手作り製品は本当に温かい。



徳昌森記
香港西営盤西辺街12


スポンサーサイト

晶晶甜品

香港スイーツはほのぼのおいしい。

香港に来た当初から大好きな芝麻薑汁湯圓。

温かい生姜湯の中に黒ごま餡が入った白玉が浮かんでます。

DSC_0028芝麻薑汁湯園

それにこの店で最近知ったワイン薔薇の白玉が入った玫瑰薑汁湯圓


DSC_0027玫瑰薑汁湯園

天后にある小さな地元の甜品店。

ジャズがかかっています。

DSC_0025晶晶

メニューがとっても豊富。

中環にも香港スイーツの店があったのに最近はすっかりなくなってしまった。

でも天后駅の辺りにはまだまだ昔の香港が生きていますよ。

最近はちょくちょく足を運びます。

晶晶甜品 天后電氣道81A



熊本熊と飄零燕 (アルプスの少女ハイジ)

クマモンは香港でも人気だけれど「くまもん」とは言わない。

香港では「熊本熊」[hung4 bun2 hung4] フンブンフン

我が家にあった「くまもん」みて老師も心配してくれてます。

DSC_0023くまもん

先日のお手本の一部

嗟夫 草木無情有時飄零。人為動物帷物之霊百優感其心

歐陽修『秋聲賦』の一部です。

この中の飄零が気になった。

老師に「飄零燕の飄零?」って聞くと、

「ハイヤー!」そうそうと歌いだした

娘さんが小さい時よくテレビで見てたという事です。



飄零は一人ぼっちになって不安な様子という意味なので

ハイジは「ひとりぼっちの燕」。

なんだか違うマンガみたいになっていますが

日本のマンガは昔から香港人の心をひきつけていたのですね。

日本の漫画をみて育った香港人たちも

大すきな「熊本熊」応援してくれてます。

加油!フンブンフン






力寶軒(LIPPO CHIUCHOW RESTAURANT)

熱や咳の後は鯖による蕁麻疹。(たぶん 鯖)

目の周りが腫れて顔が赤く熱をもっている。

3日我慢したけれどとうとうアレルギー科のあるカノッサ病院。

最近は香港の天気のように体調がすぐれません。

早く太陽みたい

OLD PEAKの山の上にあるので帰りは病院からのリムジンバスで金鐘まで。

金鐘で久しぶりに力寶軒(LIPPO)

このビルは観光客の人でも必ず目にするビル。

落ち着いた雰囲気でお気に入りの店です。

DSC_0005rippo.jpg DSC_0008rippo.jpg

この蒸し花生の味は初めて。
いつもお違う甘酸っぱい梅干しとのコラボ。
意外な美味しさで気分も少しすっきり。

DSC_0003rippo.jpg

早くすっきりして動きまわりたい~



HUMAN HEALTH  (盈健醫療)

先週の水曜日に友人たちと久しぶりに雨の中ランチ

その翌日から38度の熱。寒かったのかな?

風邪は自分で治す!と市販の薬(日本製)で様子を見ていたけれど

日曜日には扁桃腺の肥大が自覚できるほど。

最寄りの駅前にある病院に行くことにした。

行くとこの病院(企業)のいいシステムに感心。

今年の4月に上場した医療サポートグループ 「HUMAN HEALTH」(盈健醫療)で

100名ほどの医師を抱える集団です。企業なんですね。

MTR(地下鉄)の駅近くに60か所ほどあり、年中無休。

内科は勿論、眼科や婦人科それにドックまである。

私は今は香港では保険がないけれど、扁桃腺の風邪ぐらいなら

320HK$(4500円)ほど。

香港では初診でもこの程度の金額なら保険がなくてもいいのかと思ってしまう。

香港へ来た当初は駐在家族であったから

海外保険を使いMRIもなんでも治療は無料だった。

日本語サービスや通訳などがある高級私立病院を利用するので

簡単な風邪でも病院から一回2万円ぐらい保険会社に請求が行っていたはず。

今は夫が定年後起業しているので駐在員用の日本の海外医療保険が掛けられない。

何とか今となっては病状も英語と広東語で通じるので日本語サービスも不要だし、

医療レベルの高い香港では駅前病院で好都合。

勿論手術だと眼が飛び出るほどの金額になるのでその時は日本で受けるでしょう、きっと。

日本でもこういった医療サポートグループが有るのでしょうか

100人規模でお医者さんを集めてを大病院にも派遣しているようです。

各医者は写真付きの紹介パネルが張り出してあり出身大学や経歴を紹介。

自分に適当と思えるお医者さんが担当する曜日に通院することもできます。

香港は漢方治療もあるし、医療面では学ぶところも多い。

自分の治癒力も衰えてきているのでもっと早くこれば良かった!

今日はいつものセントラルの春回堂で苦い涼茶を8HK$で飲んできました
(7年前は5HK$ぐらいだったのに・・・)

奥に別のが有るのでお店の人に尋ねたら感冒止咳茶で15HK$。

勧められたけれど2杯は飲めない。

漢方+西洋薬でもう治る予定。


そろそろ香港でも被災者のチャリティが聞こえ始めました。
「おはよう」から「おやすみ」までの普通の生活が早く戻りますように・・・
協力するタイミングを見ています。






地震

地震の大きさにまた驚いた。

香港でもすぐさまニュース。

被災地の被害を受けられた方にはお見舞い申しあげます。

一瞬の出来事で本当に地震は怖い。

我が家もすぐさま長崎を思ってくれた東京に住む長男や次男、

娘などから連絡網よろしく皆に連絡が行き届いた。

遠くにいても便利な世の中になったもんだ。

こういう家族間の連絡も確認しておくことは大事だと再認識。

日本はやはり天災が多くてみんなが助け合う精神が自然と培われるんですね。

香港は地震がないと皆信じているから

耐震基準の建物という考えは毛頭もないでしょう。

それでほとんどの人が50階や60階の見上げるほどの高層マンションに住んでいるのだけれど

万が一万が一地震があれば・・・・恐ろしいことです。

地震は少しでもはやく落ち着いてほしいです。

熊本城もこれ以上被害が出ませんように・・・・












MANILLAの封筒

まあーお天気の悪いこと

気温は26,7度あるけれど天気が悪い。

今年に入っていいお天気どれほどあったか。

明日からいいお天気らしいけれど、毎日そう言って次の日に延ばされている。

どんよりとした天気に眼もどんより眠くなる。

さていつもは封筒などはイオンの百円ショップで購入するけれど

急いでいたのでローカルの香港の文具店で購入。

DSC_0296香港封筒

MALAYSIAの会社のようで上にのりづけのシール。

その下に切り取り腺???

DSC_0297封筒破った状態

届いた時に破りやすいから?

使い方がよく分からん。

どんよりとして頭も働きません・・・・




「益新」でハトシ

湾仔に用事のついでにレモンチキンで有名な「益新」

この店は、私の好みの店でもあります。

そんなに派手でもなく安定した味。上質なお店ですね。

芸能人のファンも多いようです。

店の場所はいろいろ変わったけれど今はまた湾仔に落ち着いています。

ハトシ(蝦トースト)を見つけたので、ブログに載せたい気分になりました。

DSC_0269益新 ハトシ(S)

最近はハトシを見つけたら注文しております。

ただハトシはもはや香港でも老舗と思われる店でしか食べる機会が少なくなっている気がします。

この店のハトシもサックっとしており、マヨネーズにも工夫が有りますね。

何といってもやけどしそうなぐらいアツアツ、今厨房で揚げてすぐ持ってきましたっという感じ。

◎です。

勿論点心も豊富。

DSC_0270益新瑶柱豆苗餃と恵州梅菜包

ここまで来て残念だけれど今回は お腹いっぱいでレモンチキン食べなかった。

チキンを半羽注文しないといけないんです。

昨年のレモンチキン

レモンチキンもハトシも上等。

次はもっとお腹すかせて。




またまたマヌカハニー

今年初めての積乱雲。やっと夏かな?

2016年4月8日積乱雲家の窓から

「2個買うとお得だよ」と言う言葉にいつも迷ってしまう。

今回も戦略に負けて1キロのマヌカハニーを2個も買った。

この前から左右の上瞼の眼頭辺りが蚊に噛まれたようにぷくっと膨れて

これはストレスによる蕁麻疹か。1週間ほど違和感。

昨日は痒くて赤くて困ったけれど今はもう治っているっていったいなんだ!

自分が知らない自分のストレスっていったいなんだ!

って考えながら毎日二人で食べるから1キロなんて平気。

期限もしっかり確認して・・・・

DSC_0276マヌカハニー1キロ

ホントに効くのでしょうね~なんてかすかに頭をよぎるが

自然界を教師として頭のいい蜂を信じて飲み続ける。

割引の上、これもついていた。

DSC_0274pロボリス歯磨き

歯も重要!

しなければいけない身体のメンテナンス、

毎年どんどん増えてこの先心配

これから夏だというのに香港の日差しにもうすでに日焼けの様子です



長崎山清水寺で写経

3月の長崎でのこと。

長崎には清水寺と八坂神社が並んであります。

えーと驚かれる方もあると思います。

でも歴史は古く約400年。

1623年に京都の清水寺の住職僧慶順が長崎山に清水寺を開創。

「清水の舞台」を模して石欄干を建造して石舞台ができました。

昔はここから長崎港が望めたようです。

現在も山の上なので景色がよくきれいなところです。

3月に行ったときちょうど暖かい一日に写経を経験してきました。

21日は毎月写経会があるそうですが、ちょうど1日前。

一人境内で写経をするのはこの上なく気持ちがよくて、

日頃の強欲が浄化された気分になりました♪

心地よい風が、開け放されたあちらこちらの扉から流れこみ、

鳥のさえずりが近くに聞こえ、

遠くには路面電車の心地よい軽めの警告音♪が聞こえます。

香港のトラムと長崎の路面電車どちらも好きな警告音です♪

のどか・・・・・

桜もまだまだ蕾でしたが束の間の暖かさにほころびそうな気配

写経は細い筆で下敷きになったお経をなぞっていくというもので

しっかりと祈願があれば心に祈念しながら書くといいのでしょう。

私は義母に勧めようと思って、それならば一度は自分が体験しないとという

ミーハーな気分でしたが、

なかなか気に入って自分がえらく高尚な者のように感じて早速心入れ替えねばと思った次第。

次の日の写経会の準備をされていた住職さんと少しお話して

久しぶりに心穏やかな日本を感じた1日。

うーん、香港とは別世界と改めて実感。

清水寺の隣には何と「八坂神社」があって

こちらも起源は400年ほど前ですがその頃は「祇園寺」といわれ、

明治維新の神仏分離に伴って「八坂神社」になったそうです。

それで香港に帰ってから以前カンボジアのホテルで見かけて購入した

『和英対照仏教聖典』(仏教伝道協会)を

速読に近い形で読んで

いろいろ思った事があるンですよね~

                       つづく






後生

アンチエージングはどこの国でも興味深いものです。

コマーシャルでもよく出てくる若い女性と若いという言葉。

後生年軽という言葉が躍っています。

後生を日本の辞書で調べるとなかなか要領を得ない。

日本の辞書では
後からあとから生まれてくる人。
来世。後世。
死んでこの世に生まれること。
死後に生まれ変わること。また、死後の世。来世。あの世などなど
また哀願するときに用いる語。
お願い。「後生だから助けてください」

非常に分かりにくいと思うんですけれど・・・・
辞書の作成者も困惑していませんか?

後生[hau6 saan1] 後生女は若い女性 後生仔は若者

日本で使われる「後生だから助けてください」は
未熟者だから見逃してくださいの方が腑に落ちる。

私は広東語しかわからないので広東語ではといいますが
後から生まれてくる子孫は後裔が使われます。
後の世は後世。

みんな後生になりたいね~

大紅合歓と涼粉

イースターが終わったと思ったら今度は清明節で連休。

明日も香港はホリデイです。

寒さもやっと終わり25,26度。

散歩に出る人が多くなっています。
散歩道

私の好きなレッド・パウダー・パフ(大紅合歓)が咲き始めています。

名前がいいですね~。

2016年4月レッド・パウダー・パフマメ科

暑くなってきたのでスーパーで涼紛。

涼粉

涼粉はしそ科の仙草で作ったゼリーです。

仙草は仙人草や涼粉草とも呼ばれてます。

暑気あたりを防いだり、これを食べるとあせもができないと言われていますよ。

マンゴーもスーパーに出回っているのでマンゴーも切っていれてみます。

マンゴーと仙草ゼリー合わせ

シロップにつけてあるのでほんのり甘い。

この時期ドリアンのたまらなくいい匂いもスーパーに漂っています。

大好きだけれどカロリー考えて1年に一度だけ食べることにしてます。

もうそろそろ熟れごろ。





     
FC2カウンター
カレンダー
03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
こびとさんの時計

ふたりに触れないで~

フリーエリア
banner-himawari2.jpg
プロフィール

メロンボール

Author:メロンボール
どこにいてもマイペース。
とっても天然メロンです。

なおブログの引用、転載お断りいたします。

カテゴリー
リンク
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索