『老人』 ライナー・マリア・リルケ

詩人の手にかかると人間の姿も心も唖然とするほど鮮明に表現される。

リルケの名前に聞き覚えがある。

読書録を見返すと2006年の春に『マルテの手記』を読んでいる。

すっかり忘れていた。。

このかなり短い短編『老人』は

ちりばめられた言葉のどの1片をとっても無駄がない。

言葉がリアルな人物の細胞として存在し、その現実が適格な言葉で描かれる。

訳は森鴎外。

リルケは彫刻家のロダンから大きな影響を受けている。

ロダンの彫刻もそこにまるで苦悩した人間がいるようだ。

そして詩人リルケは言葉で人間を表現している。 

登場人物は三人の老人と一人の孫娘そして草花。

昔の出来事のいろんなことを忘れてしまった三人。

彼らの日常には時間も日も曜日ももう何も関係ない。

三人は毎日、市の公園の日のさすところにあるベンチに腰を掛ける。

二人の老人は同じ貧院からそして一人は孫娘がいる家族と住んでいる。

老人たちは話をするでもなくただいつものように手鼻をかんだり

あるいはがつがつと痰を吐いたりする。

そして時たま汁の垂れる目を芝生の緑にやったりする。

近所の時計が12時を打つ。

三人は時計が打つ数をもう数えたりしない。

数が数えきれないほどなればお昼だと知っている。

一人の老人の孫娘がまるで光のように「おじいさんお昼」と呼びにくる。

孫娘の手からこぼれ落ちた草花。

残った老人の一人がゴッシクの形に折れ曲がった指で

草花を恐る恐る拾って貧院に持ち帰るのだ。

馬鹿らしく見ていたもう一人の老人が貧院に帰ると

偶然のようにコップに水を入れ窓辺に置く。

草花はそのコップの中にひっそりとおかれるのだ。

ただそれだけの短編


老人の世界は何もなくなっている。

ただ人間として最後に残った尊厳。

誰かを何かを必要とする意識。

自然への愛なのか。

人間の最後に残るのはやはり愛なのかな。

5分ほどで読める短編。

やはり古典は好きだ。


今日はハロウィンナイト🎃
お菓子をドアにかけておく。

小さな子供の歓声が今から聞こえるようだ。
若い命っていいな





スポンサーサイト

長寿世界一の香港

先日NHKワールドプレミアムで香港の長寿のことを放送していた。

日本を抜いて今年男女とも世界一になった香港。

その原因を取材していました。

1年中温暖な気候。

飲茶でのおしゃべり。

麻雀での頭と指の運動そしてここでもおしゃべり。

暑い気候の中で香港人に飲まれて続けている漢方の涼茶など

進んだ近代的医療と昔からの中国医療は何かと心強い。

そして意外にも福祉が手厚い。

それにタクシーや公共交通機関の安さが人々の移動に一役買っています。

温暖な気候でみんなでワイワイガヤガヤ飲茶を食べて

麻雀で笑ってしゃべってが長寿の秘訣なのでしょう。

香港もいろいろ問題がありますが老いも若きも「無問題」の精神でたくましい。

DSC_0087 (1)super star中華レストランの店内は驚くほどにぎやか。

DSC_0090 (1)super star DSC_0084 (2)super star

DSC_0083 (2)super star DSC_0082 (2)super star

DSC_0085super star DSC_0088 (2)super star鴻星海鮮酒家
 
大勢で注文して一緒に分けて食べて

人と人の距離が日本より近く感じますね。






牛に道を譲って・・・

細い山道を歩いていると向こうからゆっくり近寄ってくる野牛。

熊じゃないから怖がらなくてもいいのだけれど

どちらかが道を譲らないと通れない・・・・譲るのは当然私。

野牛後ろ姿(S)

ここは野牛がいるのです。

パワースポット2016年10月(s) 12神像魚(S) 大佛に向かう階段(S)

茶園(S) 12神像の一つ(S)

白い花(s) DSC_4358石柱(S) 

山と札(S) ピンクの花(S)

 
DSC_4363紫花(S) 寶蓮禅寺(S)

昂坪までのケーブルカーは観光客の人たちが多くて

私たちはいつもバスで行きます。

坂道でバスが重そうですが眼下に広がる長沙の長い砂浜も見えて綺麗な景色。
白砂なので素敵です
到着すると大仏や寶蓮寺そして食事や買い物ができる街があります。


寶蓮寺色彩(S)

寶蓮寺で有名な豆腐花を食べてほっと一息。
30度の気温の中結構疲れる~。

帰りのバスを待っているとロシア人のカップル。
香港で大きなテーブルじゃなくて2人で食べられるおいしい中華レストランはどこ?
と聞かれたが、たくさんあって出てこない・・・
でも二人じゃ大きなテーブルじゃなくて小さなテーブルに案内してくれるから大丈夫。
いろいろありすぎてどこのエリアが希望か知りたかったな。
教えてあげたかった
私が今から行く店に一緒に行く?のどまで出ていた言葉。

家の窓から見える鳳凰山には今度は少し装備して登る予定。

パワースポットからさらに4キロ程らしい。




大切な施設

先日不思議な光景とUPしたトイレの記事

後からホテルのHPをチェックすると「障害者用設備」があると書いてあった。

あの不思議だと思った空間は障害の方の施設でしょう。

あー、まだまだ何も知らないですね。

恥ずかしい限りです。

とても大切な設備を備えていたこのホテル。

綺麗だけではいけません。

Best Western Plus Hotel Hong Kong

308 Des Voeux Road West.

今日も30度の香港。

とってもいいお天気でなのでゴンピンのパワースポットまで行ってきました。

また後日。



貴重な店 「蘭苑饎館」

あまりの人気店で苦手な行列覚悟で行った「一點心」。

やはり1時間以上は並びました。

店の中も西洋人比率が高い。

しかもヨーロッパの国々のガイドブックの常連店でしょうか?

DSC_0056 (1)一點心

本当に安くておいしい定番の點心が食べられます。

でも個人的には行列はもういいかな。

太子駅の旺角警署付近は古い店がみんなBarに変わった?と思うほど変貌していて

私がもう一軒行きたいお店はまだあるかと暑い中行ってみました。

ありました、ありました。よかった、よかった

こういうお店は香港でなくなってはいけない店です。

鰭DSC_0057蘭苑喜

「蘭苑饎館」

食事もできるのですが本当の亀の甲羅から作るカメゼリーをはじめ

体に効用がある香港スィーツが食べられます。詳しい説明も壁にずらり。

以前来たときは壁一面に亀🐢の甲羅がデーンと飾られていましたが

今回は鼈甲にでもなってしまったか、壁にはありませんでした

DSC_0061蘭苑喜 壁 
メニューもこの貫禄。

DSC_0060メニュー

DSC_0067蘭苑喜

私が食べた合桃糊も南方のクルミですよという説明。

DSC_0069 (2)蘭苑喜

補養気血・滋養強壮・腿軟膝痛・活脳細胞などなど

確かにクルミっていいですよね。

貴重なお店です。

目から鱗の不思議な空間。

香港大学付近をぶらぶら

最近開発が進み以前の陸の孤島からずっと便利になって人の往来も多い。

香港の懐かしい雰囲気も残っていて、人気の店も多い。

今日は水餃子を食べに「餃子源」

DSC_0032 (2)餃子源

この店の餃子は丁寧に作られていてさすがに老舗。

その後お茶を飲むため近くのホテルに寄る。

食べ物の後に変な話だが

3FのCAFEの近くのトイレに入ってびっくり。

DSC_0034WESTAN HTL DSC_0035WESTAN HTL

誰もいないので写真をパチリ。

ここの横にトイレが並んでいます。

こんな不思議な空間初めて。

男性のところにもあるようです。

バスタブとシャワーとマッサージ用のベッドでしょうか?

みんなが利用するトイレの中なんですが

どのように使うのでしょうか?

古いホテルなので昔からあるのでしょうね。

久しぶりに目から鱗。

SPA?

いやいやトイレがメインだと思うんですけれど・・・・




スパイスグラインダー

昨日から台風シグナル3。

今日はせっかくのウォーキングクラスをパスしてしまいました。

体幹を意識するのにとてもいいんです。

テレビの天気予報でまた近日中に「海馬」という

もう一つの猛烈な台風が香港にも近づく様子です。

しばらくこんな天気なんでしょう。

窓の外が真っ白。

昨日近くのスーパーで見つけて購入したスパイスグラインダー。

乳鉢と乳棒は御影石かな?

DSC_0022グラインダー

いつも必要なわけではないけれど肉粽を作るときの八角など硬い香辛料を使うときはほしい。

スーパーで売っているスパイスセットも少しつぶしたいと思うときがある。

DSC_0010トムヤンクン

ちなみにタイ料理に欠かせないコブミカンの葉はどうしてこんなにいい香り。

日本に住んだら育てたい植物の一つ。

この乳鉢や乳棒にハイビスカスの絵柄が描かれている。

最初絵柄はないほうがいいと思ったけれど

キッチュな雰囲気でいいかもしれないなー。

最近あか抜けすぎは避けたいものになってきた。

そういうものに年のせいで疲れてきたかな?

180HK$

いろいろ使ってみましょ♪










少し秋らしくなってきた香港。

香港も秋らしくなってきました。

先日は城市大学付近を散歩。

DSC_0001 (2)城市大学付近 DSC_0002 (1)城市大学付近

でもまだ陽がさすと暑い。日陰を探します。

ぶらぶら歩いていると狭い香港らしい工夫。

DSC_0006 (1)城市大学付近のタイル椅子

少しでもベンチを作ります。

DSC_0007 (1)城市大学付近のいす

香港って頭よくいろいろな工夫されていて結構感心すること多し。

DSC_0005 (1)城市大学付近

このBLUE GREENのガラスって涼し気でもありますね。

帰りはベトナム料理。 安南。

DSC_0010 (1)安南

でもまだ30度前後。

空気は秋ですが・・・・







三粒星

DSC_0054_1名都

三粒星(香港永住許可証) をいただきました。

正しくは香港永久性居民身分證

こんなに長く香港に暮らすとは思わなかったので

改めて感慨ひとしお。

三粒星はPERMANENT ID CARDに記入される★★★から来てるようです。

いつまでも気になる香港になりそうです。








『彼岸過迄』

久しぶりに文学。

『彼岸過迄』 (夏目漱石著、集英社文庫、2014)

1912年連載。

人気の夏目漱石だが実はよくわからない。

作者自身言っているように自分は自然派でも象徴派でもネオ浪漫派でもない

自分らしい物が書きたいだけだと、そうであろうがなんともこの『彼岸過迄』は難解。

彼は何を言いたいのか。

実は夏目漱石はドイツのETAホフマンの影響を大きく受けているのだろうと以前から感じていた。

ETAホフマン(1776-1822)はドイツの作家だがその影響は

プーシキンやドストエフスキー、デュマ、モーパッサン、ミュッセ

それはそれは書き出せないぐらいに各国の文豪に影響を与えている。

心理学のフロイトも・・・・

夏目漱石の『吾輩は猫である』もその作中で

ホフマンの『牡猫ムルの人生観』のムルを眺めている。

影響を受けているのか偶然といいたかったのだろうか。

そしてこの『彼岸過迄』の一文には「自分だけ硝子張りの箱の中に入れられて・・」(p86)と

『黄金の壺』のアンゼルムスかと思う箇所があった。

それならばホフマンのフイルターをかけてこの作品を読むことにしよう。

まず最初に登場する主人公敬太郎と同じ下宿の奇妙な森本という人物。

彼は知らぬ間に姿を消すのだが、去ったあと下宿の傘入れに一本の洋杖を残す。

森本が作ったという蛇の頭の彫刻の洋杖は、ホフマン流に言えば興味からの閃きや

空想世界の入口に導く道具のようだ。

主人公敬太郎は森本からその洋杖を譲ると言われ困惑する。

しかしそのうち、いろんな場所へそれをもって行くことになる。

非現実や精神の働きを描きそうな場面で

「烟の出る味噌汁碗の蓋を取ったとき・・・」(p101)とか

占いをする婆さんが登場する(p96)。

しかしなんとなく目的が中途半端な表現。

作者は主人公に言わせる通り、

『自分はただ人間の研究者否人間の異常なる機関が暗い闇夜に運転する有様を

驚嘆の念を以て眺めていたい』(p49-50)だけらしい。

異常なる機関はなんであるか?やはり精神の働きと考えた方がいいだろうが・・・。

作品には敬太郎の友人の市蔵や市蔵とは血のつながりのない従妹千代子との関係、

そして市蔵が嫉妬の対象とした高木の存在などが淡々と繰り広げられるが

森本の謎の行動や市蔵に降りかかる親族との問題も主人公敬太郎にすれば

ただ客観的であり自分の上を影響なくとおり過ぎていく人世の物語である。

「いずれも薬罐頭を攫むと同じことで、世の中は少しも手に握れなかった。

彼は碁を打ちたいのに、碁を見せられるという感じがした。

そうして同じ見せられるなら、もう少し面白い波蘭曲折のある碁がみたいと思った。」(p87)

敬太郎も市蔵もロマンチストであり、社会から脱落しているわけではない。

それよりも教育を受けた書生。

自分が能動的に働きかけるより、なにか面白い人世を見たいと思う。

世の中をつかみきれなくて、ただ漂っているだけのようだ。

森本の洋杖は彫ってあるのはただ頭だけで「その頭が口を開けて何か呑みかけている

ところを握りにしたものであった。けれどもその呑みかけているのが

何であるかは、握りの先が丸く滑っこく削られているので、蛙だか鶏卵だか誰にも

見当が付かなかった。」(p61)

森本も世の中をつかみきれずにいる。

社会の中で痛快だと思えない現実。

登場人物がすべて世の中に漂っている。

登場人物とともに何かもがく作者が見える。

彼岸過迄と日程を定めた作品で、

漱石にとって自分の書きたい作品に仕上がったのだろうか?

私も登場人物と同じように何物も手に握れない。

個人的には夏目漱石がこの後発表した『行人』が彼の作品で唯一好きな作品だが

とにかく夏目漱石の人気に私は追いつけない。







散歩。

1週間夫が出張で一人暮らしなので

今後のために、精神的一人暮らしのプチ体験をしておく。

出張のたびにそう思うんだけれど・・・・

一人で黙々と海沿いから山側を1時間ぐらい歩いて

マンション内に戻り、さらに20分ぐらい歩く。

DSC_0028 (2)blue glass

ブログで知り合いになった202日記のさとちんさんに話したけれど
香港のマンションは高層すぎて窓から
アマさん(インドネシアやフイリピンのお手伝いさん)が年に
何人か落ちて亡くなるという悲しい事故が続いている。
アマさんの団体が香港人のオーナーに
窓ふきの強制はしないよう香港行政府に訴えるというデモもあった。

私も窓の汚れが気になっても手の届くところだけ拭いているし、
小さな台風なら窓を洗ってくれるぐらいに思っている。
でもこうして眺めると香港のマンションって窓ガラスが少しblue green.
これは汚れ防止などしてあるのかな?
我が家も5年も拭いてないにしてはさっと見ると綺麗(眼鏡なし)だし・・・・・

DSC_0039 (3)マンション内公園

歩いているとこんな札。

DSC_0045請マ喧嘩

「喧嘩しないで」。

喧嘩[hun1 wa1]は 騒がしくしないでという注意です。

日本の喧嘩を広東語でなら 

口喧嘩は  益(口篇)交。

暴力の喧嘩は 打交です。 武器を使うと 打大交。

喧嘩?一瞬驚きました。

帰りにマンション内のスーパーでトルコ産イチジクを買う。

トルコのドライイチジクは実が大きくて大好きだけれど

生イチジクは初めて。

DSC_0052turky black fig

小ぶりのblack fig.

なるほどぎゅっとおいしさが詰まっている感じですね。

さらに種のプチプチ感がかなりいいです。

小ぶりだけれどしっかりイチジクを食すという感じ。

日本のイチジクも大好きだけれど

トルコ産に比べると何となく優しくて1パックぐらいぱくっと食べてしまって

食べたのかどうだったのかわからないときがある。

ドライに向くフルーツが日本産では難しいかな。

いつものようにいろいろな事を考えて歩く一人散歩でした


般若波羅密多心経

DSC_0019 (1)なにわひょうたん煎餅

書法の後、日本のお菓子を老師に出すことが多い。

老師はこの「なにわひょうたん」が大好き。

釣鐘屋本舗のおせんべい。

このひょうたんで話がまた広がる。

書道の落款印の瓢箪型の話から、風水では瓢箪を壁にかけて鬼を入れるだとか・・・・

ニンニク炒めにするとおいしいらしい。街市で見てくるか。

今回のお手本は王羲之集字の聖教序の中の

玄奘訳「般若波羅密多心経」。

5~6世紀に書かれた心経は哲学みたいですね。

インドのサンスクリット語の波羅蜜多は広東語でパーラーミッド

日本語ではハーラーミッタと言いますね。

繰り返しでリズミカルで多くの民衆の心に入って行ったのが理解できます。

「色即是空、空即是色・・・」

広東語読みをカタカナで

「シク ジク シ ヒュン、 ヒュン ジク シ シク・・・・・」

DSC_0020 (1)文徴明心経文徴明心経

日本も連休だけれど香港も連休

重陽節翌日です。

少し秋の気配・・・・・



     
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
こびとさんの時計

ふたりに触れないで~

フリーエリア
banner-himawari2.jpg
プロフィール

メロンボール

Author:メロンボール
どこにいてもマイペース。
とっても天然メロンです。

なおブログの引用、転載お断りいたします。

カテゴリー
リンク
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索