レモングラスと『ルバイヤート』


スーパーに売っているトムヤンクンセットを米粉麺と合体させて

アジアアンライスヌードルを作ってよくお昼に食べる。

なんともレモングラスの香りがよくてライムが南国に連れて行ってくれる

レモングラスの粉でも売っていれば買ってきてと出張の夫に頼む。

これしかなかったとカンボジアのお茶。

DSC_0161 (3)lemongrasspandan tea

レモングラスとパンダンリーフのお茶。

これをカンボジア人が飲むと思えないが外国人あてのお土産だろう。

カンボジアの物価にしては2ドル(200円)とは高価なお茶。


DSC_0162檸檬グラス茶 DSC_0164カンボジア茶


かすかにアロマの香り・・・・でもお料理には使えないな。



最近『ルバイヤート』(四行詩)を読んだ。

オマル・ハイヤーム(omar khayya-m)

11世紀から12世紀のペルシャの科学者、哲学者そして詩人。


もともと無理やり連れだされた世界なんだ。

生きてなやみのほか得るところ何があったか?

今は、何のために来り住みそして去るやら

わかりもしないでしぶしぶ世をさるのだ!




人間なんて何もわからないまま一生を終わるのですね。

昔も今も。

心にしみる詩が多い『ルバイヤート』




スポンサーサイト
     
FC2カウンター
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
こびとさんの時計

ふたりに触れないで~

フリーエリア
banner-himawari2.jpg
プロフィール

メロンボール

Author:メロンボール
どこにいてもマイペース。
とっても天然メロンです。

なおブログの引用、転載お断りいたします。

カテゴリー
リンク
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索