生蛇 [saang1 se4]

ちょっと嫌な名前だが、これヘルペス(帯状疱疹)

生蛇はなまなましいがおなかの周りにできるとこういう感じかもしれない。

先日、肩が痛くて肩こりかもしれないと思い

あまり好きではないボディマッサージに行った。

次の日も痛くて揉み返しかと思っていたら、その次の日に腕や首の後ろに赤い湿疹。

水泡にもなって痛い湿疹ってもしや帯状疱疹かと大急ぎで大きな病院に予約を入れる。

肩こりじゃなかった!

風邪ぐらいなら近くにいっぱいある民間のクリニックに行くけれど

正確に知りたいと思って医療の日本語通訳の方がいる病院へ。

痛みがあって4日目、湿疹ができて3日目だったけれど、薬が早く効く限界だそうで

「早く来て良かったね。あなたの見立て通り帯状疱疹です」とDrに言われた。

頸椎の5番にウイルスが入った時の典型的な湿疹の出方の帯状疱疹らしい。

「前にもなりましたか」という質問。

しっかり治さないと何度もかかるんだ。

それにしてもこういう病院は高いんです。

保険じゃないから。

Dr.Feesも入ってHK$1796(約27000円)

毎月の保険料払ってないからたまに来る分には仕方ないかと思っています。

病名がわかると気も軽くなるもんで

タクシーで金鐘駅まで直行。

駅上の名都酒樓に久しぶりに寄る。

ガイドブックにもよく載る昔ながらの飲茶の店。

DSC_0121 (2)名都

好きだな~この雰囲気。

12時前で混雑もまだ。

DSC_0130名都 DSC_0131 (4)名都

食後早速一回目の薬を飲む。

ちくちく痛いけれど眠れないほど痛い人もあるようで

まだ我慢ができます。

今日、老師が腕を見るなり

「生蛇」って。

「ハイヤー」(そうです)










スポンサーサイト

習近平主席が訪港

6月29日、30日、7月1日。

この3日間中国の習近平主席が訪港。

航空母艦も一緒にと聞きました。

街の中もそろそろ警備が厳重になってきているようです。

市民はというと、平常運転です。

先日は親中派の林鄭月娥氏(Ms Carrie Lam)新行政長官率いる組閣も発表されました。

組閣にはアグネスチャン氏のうわさが広がっていましたね。

驚きましたが、それはなかったようでよかったんじゃないでしょうか?

7月1日は香港がイギリスから中国に返還されて20周年。

あと30年で香港はどうなりますか?

香港は良港だし、立地が良すぎるんだよね。

みんながほしい香港なんですね。

香港は香港の人たちと、香港が大好きな人たちのための香港でいてほしい。

百万ドルの夜景と言われてたアナログ時代が懐かしい













老北京

午前中の用事のあと、久しぶりにK子さんとErikaさんと待ち合わせ。

こういうお店がどんどん少なくなるようで寂しい。

DSC_0108 (2)老北京 

DSC_0109 (1)老北京水餃子少し食べた後に・・・


これにスープとご飯が付く。

中国の家庭料理という感じです。

香米もおいしい。

朝,中環の置地ビルを通った時に

FENDIのリニューアルオープンに出会う。

ブランドと伝統。

DSC_0101 (1)置地ビル

開店前、これからライオンダンス。

スタンバイしています。



決明子(ケツメイシ)とディスカバリーベイ

DSC_0057 (3)決明子

昨日中環 中西区にある街市を通った時、ふと思い出す。

中国茶と海産物を取り扱っている店に入って決明子(ケツメイシ)を購入。

香港はいろんなものの買い物単位が一斤(約600g)。

60HK$(約900円)。

少し多いけれど減圧と整腸、目にもいいなんて私にぴったり。

麦茶のように作ってポットに持ち歩くことにしよう。

今日のようないいお天気の日曜日はディスカバリーベイにお昼を食べに行きたくなる。

DSC_0063 (2)DCB2017年6月25日

おいしいピザと一緒に食べた牛肉サラダ。

パクチーとパパイヤがいっぱい。

 DSC_0069MOOGFISH.jpg DSC_0066 (1)MOODFISH

壁にかかった深い意味のパネル。

DSC_0070 (3)DCB

帰りはわざわざ遠回り。

フェリー乗り場まで20分ほど歩いて、フェリーで中環まで30分ほどの短い海の旅。

このコースはかなりお気に入りで、時間があれば遠回りしている。

途中、変わった綺麗な赤い実を発見。

DSC_0077 (3)DCB 実

これはフェニックスでしょうか?赤い実がふさふさです。

2時前の船に間に合ったので乗り込みます。

お天気がいいのに結構波が高かった。

20分もすると右手に香港島の西環、上環、中環の見慣れた景色が見えてきます。

中環について船から降りるとまっすぐIFC(国際金融中心)に直行。

うーん、外資系の金融マンは住から職場に行くには便利にできています。

これは当初の計画通りでしょうか?恵まれていますね~。

夕方LINEで4歳の孫に将棋を勧めるメロンでした。

金融マンでなくても先を読める人になれ~。



















老師との話あれこれ

今日の老師と書法のあとの話。いろいろ話題が展開。

老師は築地の土地に何か問題があるのかと聞いてきます。

香港では日本のニュースはここまで流すかと思うほどよく放送されます。

政治から経済や、天候、事故その他芸能関係などなど。

勿論SMAPのことも・・・・

その中で老師が築地の土地の件を心配して日本で魚食べていいかと聞きます。

勿論OKだと返事。

豊洲のことも知っていたので少し驚きでしたが、いろいろなことが説明不足で報道されると

こちらも困ることも多々あるのでこういう機会にはできる範囲で説明。

なんとなく納得してくれたところで私も質問。

最近は中国文化や中国の歴史を小学生にも教えるようになったので

小さな子供たちが以前は「自分は香港人だ」と言っていたのに最近は

「自分は中国人だ」と習うようになったと聞いていた。

正式には香港人という言葉は以前からない。

ただ香港の人たちは自分は香港人だと言っていた。

私が今まで香港人だと言っていた人が急に中国人だと言ったら驚くと言ったら

老師は今までから香港人は愛国は知らないしわからない。

でも国籍は現実にイギリスから中国になったから仕方がない。

気持ちは今までと変わらないと。

ただ幼児、小学教育はどんどん変化していく。

広東語は口語なので学校では普通語で書かないと間違いとして採点されるらしい。

例えば広東語の一把遮(傘)は✖で普通語の雨傘が◎

広東語がなくならないように願うし、なくなってはいけない。

香港で広東語が話されなくなる日が来ないように

私も広東語を一生忘れないように大事にしたい。





続きを読む

イライラ と 意亂意亂

夏至DSC_0033 (2)

今日は6月21日。夏至です。

一年で一番昼が長く夜が短い日。

香港はやっと長雨も終わって明日あたりからまた真夏の暑さが戻ってきそうです

さて日本語と広東語。

擬態語のイライラどこから来たのでしょうね。

心が千々に乱れることを

心煩意亂 [sam1 faan4 yi3 lyn6 ] といいます。

意亂は気持ちが乱れること。

意亂(乱)意亂(乱) イ リュン イ リュン



古文書と中国書法の草書

古文書の解読は特に勉強したかったといったら

娘から父の日のプレゼントと一緒に本が送られてきた。感謝だよ。

DSC_0021古文書

でも初めの一歩なのであまりにもあっさりしている。

さっと読んでふと考えた。

書法の草書の解読はもっと古文書を読むことへの近道なんじゃないかな。

DSC_0020 (3)米芾 草書

現代の中国語は残念なことに簡体語なのであまり参考にならない。

王羲之をはじめ中国歴代の書家はもちろん繁体語だ。

で草書は篇や意味を解読しながら書く。

中国語の古語である広東語は、その繁体語を広東語の発音で読むのだ。

日本語のヒントがちりばめられている。

篇などは日本語と少し違うけれど、その中に深い意味が隠されているので

日本語より理解できる場合がある。

この著者の古文書の続編も出ているのだろうけれど

まず中国の書の草書を読み解くことができたらいいのかな?

力をいれるポイントができました。

ところでこの数日、日本は空梅雨のようだけれど

香港は日本の梅雨のように毎日雨

家から傘のいらない場所に食事。

DSC_0014 (4)金萬庭

ここは私の10本の指に入るお店。

香港のローカルのファミリーたちが列をなします。

私が行ったのはオリンピック駅。

DSC_0018 (3)金萬庭2017年6月 DSC_0016 (2)金萬庭 水餃子

今日は少な目のオーダー。

勿論お茶はポーレイ茶(プアール茶)






決明子

今日老師が家に来た時、最近は滾水(白湯)をよく飲んでいるという話をしたら

それならその中に決明子(キュッミンジ)を入れたらいいと教えてくれた。

滾水とは沸騰した水。

決明子(キュッミンジ)って何だろう?

便秘にも目にもいいって。

ネットで調べてみるとなーんだ。 ケツメイシ

確かに決明子(キュッミンジ)はケツメイシって読める。

ケツメイシは紅茶やお茶のようにお湯を注いでも飲める。

暑いお湯が入ったポットに入れれば便利かもしれない。

血圧も下がるようで日本ではハブ茶と言われているようです。

決明子は香港では手軽に手に入るし高価でもない。

早速購入したい。

やはり中薬は改めて身近なんだと思う。

こういうものは香港の人たちは長い間日常に飲んでいるから

即効性があるとは思えないがサプリのように使えばいいのだと思う。

水分はとにかく人間には必要なんだ!!

ちなみに老師は朝一杯の滾水を毎日飲んでいるらしい。

下の写真は先日香港友人たち久しぶり5人全員が集まった時の飲茶。

お茶は勿論何度も注いでくれます。

DSC_0001 (6)シャングリラ DSC_0005 (5)シャングリラ

久しぶりなので話が終わりません。

DSC_0009 (4)シャングリラ

友人のうちの一人がある手術を日本でして帰ったばかりなのでいろいろな話。

もうみんなと10年近くなるのでそれなりに生活や身体に変化が出てきます。

それでもまた元気にね。

今度会うときみんなにもケツメイシを勧めてみよう。








香港国際空港展望台

暑いけれど少しだけ香港国際空港の展望台(有料)。

こんなところから上がれるなんて、長く住んでいて知らなかったよ。

ここからは飛行機の離着陸の様子が手に取るように見えます。

カメラを抱えた人が待っています。日影がないので暑い暑い!!

私は今日はスマホで1枚。

DSC_0046 (4)香港国際空港2017年6月11日

おもちゃのようなタクシーたち。

DSC_0049香港国際空港タクシー2017年6月11日

遠くに港珠澳大橋がうっすら見えます。

DSC_0052 (4)港珠澳大橋2017年6月11日

今年8月に橋梁部分の結合が実現する予定。

広東省と香港・澳門の一体化のシンボルとして計画されていました。

今は香港からマカオに行くには高速フェリーで1時間。

乗船手続きや行ってからのことを考えると2時間ぐらいは必要。

それが自動車専用道路で30分に短縮。

船もいいけれど海上を車で行ってしまうかもしれませんね。

中国の一帯一路の計画はどんどん実施されて

香港にもあっという間にいろんなものが出来上がってしまいます。

第三滑走路もできるし、まだまだこの周り開発が進んでいます。

DSC_0057 (2)国際空港の屋根

空港の屋根ってこういう風になっているんだ。

香港の建築設計力にはいつも感心。

また来ましょ。











血圧 と 莞茜、西芹、欧芹

長崎に行ったついでの適当な時期に

簡単な血液検査や心電図などの健康診断を受ける。

2月には胃カメラや大腸がん、ついでにピロリ菌の検査も受けてきた。

全部大丈夫なのだけれど一つだけ指摘されたのが血圧。

2年ほど前まで上が100も届かないぐらい低血圧だった。

今年に入って数回長崎で受けると上は150下は100あたりで、

お医者さんに「この値が毎日続くようだと治療を始める数値ですよ」と言われ驚いた。

塩分がそれほど多いとも思えず運動はしているほうだし・・・・

日本で買った血圧計を香港にもってきて最近毎朝計測。

娘たちから勧められてトマトジュース、それに鎮江黒酢、水分をたっぷりとって

10日ほどたった今日はなんとずいぶん血圧が普通に戻ってきている。

あるお医者さんに「長崎に来ているときだけ計っているの?

疲れやストレスの原因もあるよ。」と言われた。

このまましばらく続けていこうと思うけれど

食べ物でこんなに早く効くのかな?やはりストレスだったのかな?

先日老師に香港で何かいい血圧の食べ物を聞いたら

1運動

2注意飲食

西芹  (セロリ) 或 欧芹(パセリ)
西瓜  (スイカ)
莞茜  (香菜 ユンサイ)
零食不可 (スナック菓子ダメ)

と紙に書いてくれた。カッコ内はメロンが追加。

莞茜(ユンサイ)は白身の魚を蒸すときなどに使う香菜(ヒョンチョイ)の別名。

香菜は日本で言うパクチーで中華ではツャンツァイと呼ばれますね
同じ種類なのにややこしい。

魚のおなかの中に生姜と香菜を一杯詰めたり、お皿にひいたりして
お皿ごとピーナツオイルなどをかけて蒸します
蒸しあがったら香港のお醤油などをかけて食べるおいしいお手軽家庭中華料理。


それで最近の朝食はいつもの珈琲、果物、マヌカハニー、ヨーグルトに
トマトジュースを追加。

夜は食前に黒酢飲んで
セロリと豚肉炒めなどと身体にいい赤ワイン
食後にスイカを実践中。

一日通して白湯(これは香港人よく飲みます)やお水を1リットル以上
300mlのポットに入れて何回も補充。

食事で身体は作られますね。

でもストレスだったら、なんてやわい精神でしょうか。

しばらく続けて習慣にします。
特に水分はずいぶん足らなかったかもしれない・・・・

加齢も大敵だけれどこればかりはね。
皆様も気を付けてくださいね。





自由な香港

自宅の窓から海側も

DSC_0030 (3)2017年6月7日 

山側もすっきり見えます。

DSC_0018 (2)2017年6月

暑いけれど香港らしくていい気持ちです。


さて今日の香港のテレビ。

最近はめったに驚くこともないけれど、これにはびっくり。

DSC_0034 (1)翡翠台

何を着ても自由だし、足を組むのも当たり前の香港だけれど

このドレスで番組進行はちょっと驚き。

内容は街中に網羅されている監視カメラの話。

でもこのドレス、視聴者からクレームも何もでてこないと思う。

香港に住む世界の人たちはそんなことどうでもいいのでしょう。

自由な香港。

それでもいつもは何を見せられても平気なメロンも

さすが今日は目がテン












日本で食べた小籠包や担々麺

今回福岡また小籠包や担々麺のお店ができたということで食べに寄りました。
このお店日本人のオーナーでシェフが台湾人と聞いています。
恵比寿から来た模様。

DSC_0004_1日本で担々麺

やはり日本食の味がする。気のせいでしょうか?
いい豚肉のせい?なんて・・・・・

香港に帰ったら無性に食べたくなりました。小籠包と担々麺。

これ翡翠拉麺小籠包の担々麺。
DSC_0002_2担々麺

下は、見ただけでわかる人もいるかも。
鼎泰豐。
安くて便利。

DSC_0008 (4)ディンタイフォン

DSC_0011 (5)ディンタイフォン

DSC_0014 (3)ディンタイフォン
翡翠拉麺小籠包はシンガポール発祥。鼎泰豐は台湾発祥。
日本でもあるけれど、
香港では高級店ではなく手軽で大活躍です。

北京上海料理の金滬庭
DSC_0036_1金滬庭京川滬菜館

やはり日本の中華と何が違うかと考えると

お茶を飲む量が全然違うかも。

湯呑にお茶が少なくなったらお店の人がどんどんお茶を入れてくれる。
もちろん自分でもポットからお茶を入れる。
ポットは2回ぐらいお湯を足してもらう。

だからどんな食事も脂っこくないんだね。

私はいつも普耳茶(プアール茶)だから特に油を流す気がする。


念のため、

中国茶の先生は「どんなお茶を飲んでも痩せることはありません」と言っていました。

最近は日本から帰ってもなかなかエンジンがかからない。

やっと今日あたりから活動
















     
FC2カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
こびとさんの時計

ふたりに触れないで~

フリーエリア
banner-himawari2.jpg
プロフィール

メロンボール

Author:メロンボール
どこにいてもマイペース。
とっても天然メロンです。

なおブログの引用、転載お断りいたします。

カテゴリー
リンク
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索