初めての中医

DSC_0128 (1)四海薬業 DSC_0131 (5)四海薬業

瓶の中に入ったお茶を見ると、お茶は元来薬だったんだと思う。

カンボジアにいる知人の中国人のお土産にするため、

先日購入した「決明子」を再度買いに行く。

クコの実もほしいというと、菊花も一緒にお茶にするといいと薦めてくれたので

なんだかいっぱいの買い物になった。

私の前に中医の診断を受けていた若い女性がいたので、

お店の人に「あなたは中医なの?」と聞くと

少し見てあげるというので恐る恐る見てもらった。

診断は脈や顔色、舌の様子で大体わかるようだ。

右手、左手両方を見る。

その間にもプロフィールを見ていると香港大学出身の中医で

上海の針灸の会員でもあるらしい。

しかも香港佛教大学の中医学院教授。

この店はご両親がされていたんだ。

高齢の優しそうな女性が店番している。

私の診断結果は心と肝が火の状態。

脾が湿の状態。

血が不足、補気が必要。

7天(7日)中薬粉を飲んでみなさいと言われた。

心構えもなく見てもらったので次回って言ったら

とりあえず2天飲みなさいということ。

香港では65歳以上で永久居民(パーマネントID)をもっていれば

2000HK$(3万円)払うといつでも香港政府からの援助を受けられて
中医は一切無料になるらしい。(中薬の全部ではないと思いますが・・・)

1年間2000HK$まで無償の制度があります。

自費で支払うのは2000HK$以上越えた金額。

1年使わなければ翌年に繰り越し利用できる制度(上限4000HK$)。

私はまだそのバウチャーはもらえないけれど

そんなことで香港の人たちも健康維持しているのかもしれない。

DSC_0132 (2)四海薬業

診断の結果、書いてある中薬は

白茯苓や決明や杜仲、牛膝(ごしつ)ぐらいは読める。

後はわからない。

今日と明日飲んでみるけれど体の熱が落ちてくれるのか。

以前から高血圧は薬で無理やり落とすのではなく

その原因のバランスを取らないといけないと思っていたので

中医の診断は思いがけない経験になった。

値段は診療50HK$(750円)

2日分の中薬180HK$(2700円)

中薬は結構高価だ。

早く65歳にならないと・・・・・・







スポンサーサイト

天橋

天橋 [tin1 kiu4] ティンキィウ

どういう橋を思い浮かべるでしょうか?

日本語の陸橋とも高架橋とも歩道橋とも違う。

天橋は確かに歩道橋の役割だけど

もう一つの意味は、ファッションショーでモデルが歩く細長い舞台も天橋という。

特に香港のセントラルの天橋はモデルが歩く舞台のような働きもありそうだ。

ビルとビルを直接繋ぐ、ビルとビルの間の大きな通りを2階で跨がせる。

車が行き交う道路を渡るより信号も気にせず安全でスマート、

雨も防げて影にもなるし、ビルの中に天橋があると

クーラーも効いているということになる。

DSC_0115 (1)中環天橋 DSC_0114 (3)中環天橋

DSC_0116 (2)中環天橋 DSC_0065 (2)CWB天橋


とても便利なそして甘い響きの天橋。

香港の街を歩くときは車道ではなく天橋を歩く。

DSC_0039_1 (1)東環天橋 DSC_0043_1東涌天橋 

DSC_0048_1天橋 DSC_0099 (6)天橋

雨の日も晴れの日も天橋をすいすいビルからビルへ

香港の都市計画、都市作り。 賢い。

DSC_0081 (2)中環天橋 

DSC_0082 (7)中環天橋

感心。



香港の街市 (ガイシ)

ずっと昔、日本にもどこにでも公設市場ってあったよね~。

対面式で子供のころ母親について買い物に行ってたっけ。

香港にも街市と呼ばれる市場があちらこちらにあるんですよ。

香港の食物環境衛生署が管理する公設マーケットと

香港株式に上場している民間企業のLink Reitが管理しているマーケット。

一般のスーパーマーケットとこの2種類の市場が香港の市民の食や生活を支えている。

家の近くの街市は8月までリノベーションのため、

今日は散歩がてらに20分ほど歩いて別の街市に行く。

この街市は家の近くと同じLink Reitが運営している。

香港の昔の街市をコンセプトにアミューズメント市場のようだ。

DSC_0107 (1)街市 外

昔風の看板やポスト

DSC_0104 (1)昔風ちらし DSC_0105 (3)街市 POST

イギリス時代のPOSTは赤色。現在は形がもっとシンプルで緑いろ。
冰室という昔の香港によくあった喫茶店。
今も人がいっぱい。

DSC_0106 (1)街市  

これがまた目を引いた。

DSC_0103 (1)街市 長靴

今日はこの魚屋さんお休みなんだ。

朝、台風のシグナル8だったからね。

長靴にビニールの袋かぶせて休みって表現しているの?

あーそれにしても街市は活気があって、なんて面白いんだろう。

日本のようにおあいそ笑いをする人は誰一人いない。

つっけんどんだけれど嫌味がないんだよね。

いつ来ても新しい驚きを与えてくれるし、人間が生きてるって感じさせてくれる。

それに街市の八百屋さんでは野菜を買えばネギを一つかみくれる。

「要無要?」(いる?)って聞きながらね・・・・

このサービス日本では考えられないよね。

ちなみに今日買ったのはマコモダケとオクラととうもろこし。

いつもナッツ類を買う「正隆行」が新しく開店していて喜びながらピスタチオを購入。

あーそれにしても香港おもしろすぎ



塚田農場  香港ハーバーシティ

日本から香港に進出するお店は後を絶たない。

お寿司、和食、ラーメン、パン、ケーキ・・・・・

この店も7月に開店したできたてほやほやのお店。

塚田農場。

場所がいい。

DSC_0084 (4)塚田農園

窓際の席はみんな予約席だった。
お昼は満員。

DSC_0088 (5)塚田農園 

ランチ時間はデザートメニューがないのだけれど

知らずに頼んだら「いつもはアフタヌーンティータイムだけですけれど

今これだけならできます」と言って作ってくださった♡

DSC_0089 (2)塚田農園 DSC_0090 (3)塚田農園
 
特に抹茶のティラミス。
これいいね。緑が綺麗。

もう一つはアイスの下にサーターアンダーギー。
揚げたてアツアツ。

二つを三人でシェア

DSC_0087 (4)塚田農場

調べたらこのお店日本にも結構あるんですね。

香港の人たちは日本に行く頻度がとても多い。

なので本物の日本が好まれます。

私たちもほっとできます

インターコンチネンタルホテルと景色があまり変わらないね。
しかもお手頃価格でした♡

日本から出店する店は

日本とは比べものにならないほどの高い賃貸料を払って香港にくる。

全部応援するのは大変だけれど

頑張れ~とできるだけ応援したい






パスポート更新

パスポートの更新に行って来た。

10年前に香港に来るとき日本で更新してまた新たに10年。

香港の日本領事館でのパスポート更新は手間がかからず助かる。

領事館で在留事項の緊急連絡先が長崎の義母になっているのに気づく。

連絡先の電話番号はすでに解約してある固定電話の懐かしい番号。

10年前は義母もしっかりしていたからね。

88歳ぐらいまでは若い人よりずっとしっかり者だった気がする。

今は何か電話かかってきてもはっきりした口調で対応するかもしれないが

瞬時内容を忘れるだろうし、何もできない。

当たり前だけれど・・・・

それで緊急連絡先を変更する。

写真は10年パスポートと思うときちんと写真を撮りたいと思い

100ドル(1500円)も出したけれど、証明写真ボックスでも同じだったかも。

香港ID写真撮影の時もそうだったけれど

髪を両方とも耳にかけて耳を出してと言ったり、前髪はもっと流して

眉毛が全部見えるようにだとか依頼が多い。

これじゃいつのもメロンじゃなくて余計別人に見えるんですけれど・・・😡

で写真屋さんでこんなものくれた。

DSC_0083 (5)FOTOMAX

これで今の年齢のまま永遠にと思いたいが

証明写真って6か月以内っていうから、使えるのでしょか?

中ふつかで新しいパスポートもらえます。

これから10年行ったり、来たり、来たり、行ったりとどういう渡航の形が続くのでしょうか?

10年後も元気でいなければ。

用事が終わり大好きな手作り水餃子の京香餃に行く。

おいしそうな顔をした青椒肉絲炒麺と大蒜たっぷりのきゅうり

DSC_0072 (2)青椒肉絲炒麺 DSC_0074 (4)涼拼小黄瓜

それにいつもの手作り水餃子。

今日は近くの香港大学の学生たちも夏休みで少ない。

香港は雨が毎日降っていますが、急に熱帯の太陽がさして

晴雨雨傘が役にたっています。

明日から強い日差しが戻るようです

日本は今日は関東で雹が降ったって

九州大雨の災害も早く終わってほしい。















御寶  imperial tresure

今日も地震があった日本。

PCに地震情報が出るとびくっとする。

梅雨の大雨や冬の大雪、熱帯地方並みの厳しい暑さ、日本での自然災害は最近特に多くて

人間の知恵を出し合ってなんとか乗り越えなければいけないけれど

活火山のある鹿児島とかで、地震があると原発のリスク高すぎて

日本はどこを向いて行くのかと不安になる。

誰にでもわかるほど目に見えているリスク。国は何を守っているのか?

ドイツのようにいかないのかな。

                        
今日は帯状疱疹がだいたいよくなってきたので

友人たちからのお誘いで食事。

友人女性たちの幅広い話題はとても大切。

お互いいろんなことを注意喚起できるので話を聞いたり話したり・・・・

DSC_0061 (2)御寶

DSC_0054 (5)御寶 DSC_0052 (6)御寶

DSC_0051 (3)御寶 DSC_0049 (4)御寶
 
DSC_0050 (2)御寶

DSC_0055 (2)御寶 DSC_0056 (5)御寶

それにこのお店のオーナー、前によく行ってた飲茶レストランのオーナー。

数か月前に閉店した。

香港は賃貸料が世界一だから、日本のように末永く店をしていくなんて無理なんだよね。

店の場所を変え、中身を変えそれでも生きていくんだよね。

香港らしい。

景色もいいし、スープもおいし、飲茶もおいし。 みんなもありがとう。

今日から私も平常運転。






老師の冬瓜スープ

先日は老師といろいろな話から身体の熱の話になった。

湿熱を取るためにと

冬瓜スープの作り方をメモにサラサラ。

DSC_0031 (2)冬瓜スープ

老師の冬瓜スープ

冬瓜、茨實、蓮子、意米、赤小豆、扁豆、蜜棗(三、四粒)猪展。

これでスープを作って何回かに分けて飲むといいということ。

わかりやすく言うと

冬瓜、茨の実、蓮の実、ハト麦、赤小豆(小さくて細長い小豆)、レンズマメ、インド棗(三、四粒)、豚肉(肩?)。

茨実は銀杏のような食感、蓮の実もデザートによく使われる、

赤小豆も紅豆と同じようにデザートによく使われる。

どれもこれも生薬。

追加で教えてくれた。

今出回っているライチは食べすぎ注意だけれど龍眼は体にいいらしい。

フルーツでありながら生薬。

大きいのを虎眼、中を龍眼、小を人眼、最少を鬼眼っていうらしい。

店で売っているのは龍眼。

香港人の長生きの秘訣は刺激の多い社会楽天的な性格医食同源

ここにありかな。

スーパーに輪切りにした冬瓜がいっぱい売っています。

レストランでは大きな冬瓜を入れ物にしたスープのメニューがあります。

暑い夏に日本でも食べますが、量と頻度が違う気がします。

香港のように毎日スープ。この習慣身につけたい。

皆さんも暑い夏ダウンしないように乗り切りましょう♪











通じない漢字

漢字であれば何でも通じ合えるとは限らない。

意味が全然違うことがある。

DSC_0038 (2)詞典口篇はとても多い。

通じなかった言葉に「丁寧」があった。

丁寧に職人が仕上げるという意味で私が使った「丁寧」を

老師は「人名」かと聞いた。

いろいろ説明したが理解できない様子。

確かに中国の卓球選手に有名なMs丁寧がいる。

結局「丁寧」はわからず「叮嚀」ならあるという。

「叮嚀啦」などのように「注意してね」と口で言う言葉らしい。

叮嚀と同じ意味として

一再嘱咐  もう一度口でお願いする。

千叮萬嘱  何度も何度も口で頼む。

こういうことを「叮嚀」。

日本風に言えば丁寧にお願いするということだ。

私が「丁寧」と言っても老師には意味が通じなかったわけ。

丁寧ではなく細心なら伝わったかな。

でも「丁寧」が伝わらなかったのは少しショック。

日本語としては字数も多いほうで立派に通じると思っていた漢字だから。










Cuboro

買い物のついでにお昼。

DSC_0033 (3)湯

ふと、香港では当たり前ですが、日本ではこれはないね。

お水に見えますが香港ではお湯。

今日の買い物。

頼まれてこれ。

DSC_0036 (2)cuboro

日本では品切れらしい。

香港でも藤井聡太君の新聞の切り抜きがおいてありました。

店員さんが「彼は日本で有名?」って聞いていました。

日本人のお客さんが最近よく来るらしい。

これからは人と同じではなくその子の得意な才能を伸ばしていくのが大事なんですね。

誰でも隠れた才能があるはず。

いつまでも同じこと好きなら、引き出して育てる。 

今まで言われていた「普通って何?」っていうことでしょうか。

ブームが去ってもまだ飽きなくて好きなら、こういう考えることが好きなんでしょうね。

でもこの知能玩具、ひょっとして私に必要かも・・・・・

五才以上、条件満たしています。

ただただ楽しそう♪



医療通訳 と 小鬼

DSC_0030 (4)canossa

後5日分。

香港で日本人がよく行く私立の病院には日本語の通訳の人が数人いる。

通訳とは英語ができるのは当然の条件で、その分野の知識がないといけない。

あらゆる分野はそういうことだろう。

ここではDrとの連絡やこちらの小さな不安などDrとの間に入って相談も受けてくれる。

今回私のお世話をしてくださった方は、

プロフィールから日本で10年ほど看護師をされ、

その後アメリカや香港、オーストラリアの大学で

カウンセリングなど勉強された方だった。

たまに別の病院で英語力だけで通訳されていて

医療の言葉がわからなくてDrに叱責されていた方を見かけたことがある。

英語が得意だからパートで働くなどは甘いんだろうね。

すべてプロ意識がないと通用しない世界。

香港では行政の保険のシステムはないけれど公立の病院は驚くほど安価らしい。

ただ混雑して待ち時間がかなりと聞くが、患者が自分の意志で選択すればいい。

香港では言葉の問題があるが西洋医学のDrはほとんど英語が話せると考えていい。

いろんな場面でいつも思うが、社会的システムがシンプル。

イギリスの社会システムがこうなんだろうか?

この1年ぐっとなんだかんだと体調が変わってきているメロン。

6年前に占いで有名なお寺、黄大仙で1度だけ見てもらったことがあった。

その占いの人は、古い分厚い本から私の生年月日や人相も見ながら

「6年後に隠れていた小鬼と戦わなければならない」と言った。

6年後って今じゃない・・・・・

小鬼ってなんだって思ったけれど小鬼と書いた横にEnemy・・・・

なんだか隠れていた敵と戦わないといけないのが今らしい。

うーっむ。

これぐらいならば我慢できるし助かる。









萬豪

以前から約束していたN子さんとお昼。

近くの店にしてもらった。

帯状疱疹は何とか少し落ち着いてきたけれど

服で見えないところはまだ少し水泡が残っている部分もありで

明日もう一度病院予定。

今朝、マンションのエレベーターが15分止まるというアナウンスが

以前からあったのをすっかり忘れていた。

エレベーターが全部止まっているのを見た途端、少し混乱。

31階なので再開時間まであきらめる。

60階まであるのでかなりの人がこの時間身動き不可能。

日本でもタワーマンションが増えてきているが、なにか事故で止まったりすると

相当な混乱になるだろう。日本は地震が多いから。

香港は土地が狭いので高層が当たり前。

タワーマンションは内階段があり、石の素材をふんだんに使い

ホテルのようで素敵だけれど、いったん何かあると取り返しがつかないだろうなと思う。

外階段もあったほうがきっと安全にはいいのじゃないかと思ったりする。

さて待ち合わせのN子さん。

リムジンバスで近くのホテルまで。

DSC_0022 (3)萬豪2017年7月4日 DSC_0018 (4)2017年7月4日

DSC_0020 (4)萬豪2017年7月4日 DSC_0017 (5)萬豪2017年月4日

DSC_0016 (3)萬豪2017年7月4日

ちょっと何を血迷ったか

食べ放題でもこれは二人で多すぎた

明日からまた少しおとなしくしていましょう。




外国籍

いつもの香港が戻ってきました。

先日の空の青さと一変して朝から強い風が吹いていますが。

香港ではよく知られた情報があります。

前香港行政長官夫妻も今回の行政長官夫妻も習近平主席夫妻も

すべてご子息、ご子女たちは堂々の英米籍。

ましてや今度の香港行政長官キャリーラムさんはご主人もイギリス籍。

このパパママたち、どうしてお子さんたちに外国籍を勧めるのでしょうか?

中国、香港のトップの立場でただただ唖然。

中国の要職の方々はご子息、お孫さん、親戚も外国籍という方多し。

カナダ籍、オーストラリア籍とかバラエティ豊か。

子供たちに外国籍を取らせる要人たち。

中国籍の香港人たちは愛国、愛香港をどんな顔で聞けばよいのでしょうかね?

日本でも二重国籍問題が声高に言われたけれど

中国や香港の要人トップたちからすれば「何が問題?」って話でしょうか。

まあ本人じゃないけれどね。

子供や夫や親戚だからいいでしょってことでしょうか?
















     
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
こびとさんの時計

ふたりに触れないで~

フリーエリア
banner-himawari2.jpg
プロフィール

メロンボール

Author:メロンボール
どこにいてもマイペース。
とっても天然メロンです。

なおブログの引用、転載お断りいたします。

カテゴリー
リンク
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索