通じない漢字

漢字であれば何でも通じ合えるとは限らない。

意味が全然違うことがある。

DSC_0038 (2)詞典口篇はとても多い。

通じなかった言葉に「丁寧」があった。

丁寧に職人が仕上げるという意味で私が使った「丁寧」を

老師は「人名」かと聞いた。

いろいろ説明したが理解できない様子。

確かに中国の卓球選手に有名なMs丁寧がいる。

結局「丁寧」はわからず「叮嚀」ならあるという。

「叮嚀啦」などのように「注意してね」と口で言う言葉らしい。

叮嚀と同じ意味として

一再嘱咐  もう一度口でお願いする。

千叮萬嘱  何度も何度も口で頼む。

こういうことを「叮嚀」。

日本風に言えば丁寧にお願いするということだ。

私が「丁寧」と言っても老師には意味が通じなかったわけ。

丁寧ではなく細心なら伝わったかな。

でも「丁寧」が伝わらなかったのは少しショック。

日本語としては字数も多いほうで立派に通じると思っていた漢字だから。










スポンサーサイト
     
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
こびとさんの時計

ふたりに触れないで~

フリーエリア
banner-himawari2.jpg
プロフィール

メロンボール

Author:メロンボール
どこにいてもマイペース。
とっても天然メロンです。

なおブログの引用、転載お断りいたします。

カテゴリー
リンク
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索