FC2ブログ

桜と茶畑(そのぎ茶)

長い帰国でした。

久しぶりの桜はやはり日本を実感させてくれます。

DSC_2548西海橋 桜西海橋の桜

DSC_2553 長崎桜長崎の桜

DSC_2578 海の中道公園福岡の桜

長崎の海も長崎港に入港していたクイーンエリザベス号も迎えてくれました。

DSC_2568 長崎

義母が何十年も購入している東彼杵の茶畑農家に茶葉を買いに行きました。
いつもは長崎の実家にもってきてくれるのですが
一度尋ねてみたかったので今回実行。

DSC_2531東彼杵茶畑  DSC_2533 東彼杵 茶畑

茶摘みは立春から八十八やなのでまだでしたが

手作業の仕事を見せてもらっていろいろ話を聞けて良かった。

次の日に茶葉を7袋ぐらい義母に渡すも

その次の日には茶葉の袋は姿を消していました。

どこに行ったんでしょう?

友達とみんなで食べてねと渡したお土産のお菓子のことをすっかり忘れていて

盗まれるという不安からなんでも隠すので探すのに私たちも一苦労。

茶葉の一部とお菓子の一部は分厚いマットレスの下から発見。

クローゼットの中のセーターにくるまれた茶筒も発見。

本人は毎日探し物で大変なことだと思う。

まあそんな程度の認知症で助かっています。







スポンサーサイト

花と啤啤

いつもありがとうございます。

香港も今が花の綺麗な季節です。

DSC_2510黄金ノウゼンカズラ

コガネノウゼンカズラ(黄金凌霄花)またはGolden Trumpet Tree

DSC_2517レッドパウダーパフ

大好きなレッドパウダーパフ

DSC_2511香港オーキッドツリー

暖かい香港では年中咲いている気がしますが

春が一番咲き誇っています。

香港オーキッドツリー。

これはこれから咲きますね。


予定から4日遅れで啤啤 [bi 4 bi 1] (baby)が生まれました。

大事な子供を 寶貝 [bou 2 bui 3]と言います。

寶の貝なんですね。

孫の啤啤には4月に会いに行きますが

その前に月曜日から月末まで神戸、長崎に行きます。

ブログはしばらくお休みします

今年は何年ぶりになるでしょうか。

ちょうど桜が見られるようです

やはり桜は、わくわくします。







5人揃って思い出作り。

二か月に一度集まれるかどうか。

5人集まればいつものコンラッドホテル内の金葉庭。

DSC_2507金葉庭

積る話、尽きない話・・・・

最近は少し健康の話も。

今年はちょっと一緒に旅をしようかという話が出て楽しみです。

なぜだか香港から日本に行く予定です。

香港からの飛行機便の都合や、到着後の移動手段など考えます。

2,3泊なので効率よくいける沖縄、石垣島、鹿児島、四国いろいろ候補が出てきます。

台風シーズンや日本の休みも避けてと日程などの候補の幅を狭めます。

ホテルがいいか、旅館がいいか、まるで香港の人たちの旅行みたいです。

旅館の料理は多いし、夕食をとるなら周りがある程度賑やかなところで・・・・

日本の旅館に連泊すると、それだけで夕食は飽きてくる。

これは日本の旅館のデメリット。

最近は朝だけbuffetなど少しずつ変わってきているようですが

ここは変化の必要なところですね。

思い出作りはどうなるか、楽しみです

今日はスマホをずっとテーブルの上に置いてます。

3番目の孫の予定日が過ぎています

もうすぐです。







クレソン

クレソンは香港では束で市場で売っています。

DSC_2487クレソン

クレソンを鍋の具材として入れるのは香港で初めて知った。

ケールも少し。

綺麗な水はどこにあるのかと思うけれど

以外に自然の多い香港です。







今は短い春かな?

やっと短い春が来たようです。

DSC_2484 2018年3月11日

土日はやはり観光客でいっぱい。

路地に入ったところのタイ料理。

ほっとします。

DSC_2481エラワンタイ DSC_2483エラワンタイ


一週間以上も朝方、胃がキリキリするけれど

お昼には食べられるから不思議。

たまに油あたりしているのかも・・・。

それとも風邪の菌でも入ったかな・・・・。

とにかく中途半端な痛みは毎日のマヌカハニー

と家庭薬を飲んで様子見です。

夜は雑炊作るために鍋料理ってところです。
















香港の驚きの財政黒字。

DSC_2459御寶 DSC_2458御寶

先日K子さんとEricaさんの食事の時にも話題になった香港の財政黒字。

香港POSTの記事から数字を見ると

2018年/19年今期前年度の財政黒字は1380億ドル
財政備蓄は1兆ドルを超えるという驚きの財政

今期は税還付や減税などの措置で黒字の約40%を市民に還元すると発表があった。

以前は海外に住む香港居民も含め全員に一人6000HKドルの
現金支給があったそうです。
当時は私はまだ香港居民じゃなかったからね。

民主党からは株の配当のように現金支給のシステムをつくるべきと提案。
これは却下されたけれどいかにも香港らしい考えですね

陳長官は「政府は弱者への支援を拡大するとともに、
一般大衆が経済的成果を分かち合えるようにしなければならない」として
無目的な現金のばらまきはしないと明言しています。

確かに日本の政府は簡単にするけれど現金のばらまきは愚策だと思う

香港の黒字の返還は経済・医療・土地・不動産多岐にわたるが

個人に深くかかわるのは税負担の軽減が大きいと思う。

★個人所得税は3万ドル(≒42万円)を上限に75%還付、法人税も同様

★不動産税を4四半期免除

★子女、父母、祖父母の扶養控除を引き上げ


医療では
★高齢者の医療バウチャーを1人1000ドル追加。

現在は年間2000ドル(≒2万8千円)の医療無料券が3000ドル(≒4万2千円)になり
次年度持越し5000ドル(≒7万円)まで使える。

内科医療だけでなく眼鏡を購入したり歯の治療費に使ったり漢方薬や鍼灸にも使えます。

医療保険とか介護保険とか払ってないのにですよ。

それでなくても65歳以上の高齢者はバスでもMTRでも一回2HK$(≒28円)で
ただみたいな交通費代です。

これは観光客にも適用されています。

年金制度は若者層を圧迫させる可能性もあり

正式な年金制度はないけれど75歳以上全員に月3万円ぐらい支給されているようです。


香港は世界でも貧富の差が大きい城市。

それでも暴動も起こらないのは生活インフラを含め

こうした手厚い還元が一般の人たちにもあるからですね。


貧富の差は変な悪平等より社会にはいいのではないのでしょうか。

社会主義的日本からも世界で指折りの超超お金もちがどんどん現れる

新システムを作ることができれば日本が潤うのではないでしょうかね。












電子レンジ

DSC_2479レンジ

先日電子レンジが壊れた。

このマンションは建って15年ぐらいかな?

そのうち半分ぐらい私たちが暮らしていることになる。

その間、4つあるクーラーの2つが壊れたり、

2つあるバスルームのそれぞれのトイレの便座がこわれたり、

洗濯機の扉が壊れたり、一つのバスルームのドアの取っ手が壊れたりした。

電子レンジの故障はなかなか不便だと思った。

手が電子レンジの取っ手にすぐ行き、「あっ壊れているんだ」とあきらめる。

しかし考えてみると昔はこんな便利なものがなかったのだ。

電子レンジの故障で何かと心の支えが昔の母たちの行いだ。

冷凍もなかったけれど

ご飯も蒸せばいい。

お肉だって朝から室温に出しておけばいいだけ。

飲み物だってミルクパンで温めたら済むこと。

手間がかかってもどうすることもできないわけではない。

香港に来てからはなおさらせいろでの蒸し物が多くなっているし

おいしい串間市の小さなお芋も、トウモロコシも以前から蒸しているし

これからの私の生活で電子レンジはそれほど必要なのか?なんて思ってきた。

時間との戦いの時代が終わってみると

なんだかいろんな物が不要に見えてくるな~

少し不便な生活も今度は楽しめる気がする。














外国の住所を日本語に変換?

海外に居住していると日本の行政に対して在留証明書を提出する機会がある。

DSC_2476在留証明書

いつも思うのだけれど

外国語の住所を日本語に直せって、誰のためだろう?

確かになんて読むんだろうってあるだろうけれど

日本語でフリガナみたいな働きを求めているのでしょうか?

個人の住所なのに

行政の人が情報共有するのに便利だから??

これは現代の効率の良いシステムなのでしょうか?

インドやヨーロッパの言語、中国語でも英語でもタイ語でも

なんでも日本語に訳してしまうから

日本人はなかなか語学学習がうまくいかないんじゃないかしら。

せめて現住所はその国の言語でいいんじゃないでしょうか?


ふと思う。

確かにparisの菓子店 DALLOYAU は

なんて読むかわかりにくい。

日本風で「ダロワイヨ」 

これはパリではどういう発音かしら?

きっと素敵な音でしょう

素敵な発音で店の名を言ってみたい。

すっきりした日本の行政って自慢したいのに

なかなかですね。











欖菜

橄欖 [gam2 laam2]

ガムラムってオリーブのことです。

オリーブを漢字で書くとこういう字ですよ。

漢検にも出題されるかも・・・

写真は香港ではおなじみのメニュー「四季豆」。

ご飯によく合います。 

香港に来た当初はさやいんげんの量の多さに圧倒されたけれど

最近は結構適量に(少なく)なってきました。

DSC_0037_2四季豆

店によって、さやいんげんに豆鼓やひき肉が入ったりします。

実はこの間食べたとき豆鼓とは違う黒い丸いもの。

なんだと思ったらオリーブで、初めて気づいたんですね。

芥菜(からし菜)に橄欖(オリーブ)。

発酵させているのかな?

これを欖菜というらしい。

芥菜に梅を混ざっていれば梅菜。

梅菜はよく目にします。

いろいろな味が絡み合って

中華はいろいろな材料をうまく使う!といつも感心。

これさえあれば手早くできるという醤の多さも感心だけれど

素材と素材をうまく組み合させて調理しますね。

調理[tiu 4 lei 5]とは調和を取るという意味。

調護治療とも。

すべての事柄の調和に使われる言葉です。

材料と材料を調和させることも

自分の体のバランスをとることも調理

自分の身体も調理するのです。

なるほどね。

簡単に見える四季豆がお店ではなかなか奥深い味なのは

こんなものやあんなものが隠れて入れてあるんですね。

今度は市場に売っている欖菜を入れてみようと思う。












錫ボール

DSC_2453錫ボール

前回の長崎空港で売っていたので購入した錫ボール。

水の浄化ができると聞いてお手軽だし気に入って購入。

錫製品は昔から中国でもマレーシアなどでも見かける。

ただ外国では食器に使用しないようになどの注意書きにそうなんだと思っていた。

それは鉛が入っているかららしかった。

日本の骨とう品も鉛が入っているものがあるので使わないほうがいいそうです。

今の時代の日本製は鉛など入ってなくて安全らしい。

以前中国でも茶葉の保存に錫の茶筒がよくあって値段も結構高かった。

口にするタンブラーはやはり日本製が安心だな。

熱いものは熱く、冷たいものはいつまでも冷たくて割れない。

夏の飲み物も考えただけでおいしそう。今考え中。

錫のボールはお茶の時に使ってみています。

花瓶に入れると花が長持ちするし、お風呂にも入れるって・・・・

加湿器の水にも・・・これはいいかも

香港では絶対不要な加湿器だけれど。

水の浄化はうれしい。

子供がいるとこの形ちょっと怖いね。

網の袋に入れないといけない

私も間違って口に入れないように網の袋に入れましょう。












昂平(Ngong Ping) までのバス

街は農暦の新年の雰囲気もそろそろなくなってきたので

観光客も少ないかなと考えて、お昼からバスに乗って昂平360行く。

以前はバスのスピードも全然気にならなかったけれど

こんな山の上まで行くときは最近少しヒヤヒヤ。

スピードがやはりかなり出ていますね。

途中、車窓には長い砂浜の絶景。 

長沙です。

深い谷底ぐらい下方にみえます。

香港は結構海水浴もできる白浜があるのです。

重量感たっぷりのベンツのバスのスピードを心配しながら30分ほどで山頂へ。

DSC_2425昂平

日差しはそれほどなくて歩きやすい日です。

DSC_2423 ゴンピン牛 DSC_2427昂比  牛

おとなしい野牛が結構います。

今は番号を付けて管理されています。

お土産屋さんにもいて、結構観光に一役かっていますね。

DSC_2426ゴンピン 店先牛

何千円もする太い大きなお線香をあげている人たちも多い寶蓮寺。

お寺の中が少し映ったスマホの写真を見たらなんだか白い不思議な長い影。

大急ぎで削除。

やはりお寺で撮るのはやめ。

大仏までの長い階段を登る元気がなくて一回りして

スタバでお茶を飲んで帰ることにする。

帰りも臨時バスがでて待つことなしの香港の効率の良さ。

ただ帰りは当然下りの道なので、スピードが普通以上に出ます。

途中で反対方向からくるバスとすれ違う時、車内も「ヒェー」って声が上がります。

道路わきの法定速度の標識みて驚き

70キロ??

こんな山道なのに50キロやところにより70キロ。

法定速度かもしれないけれど

バスの重さで加速して海に飛び込んでいきそうなんだけれど・・・・

「カーブで減速してくれて安心」なんて言ってる場合じゃないね。

野牛も道をのんびり渡っているのに大丈夫なのか。

それでも身を任せ、いつものように無事に東涌に到着。

あの大事故はやはりトラウマになる。

この際香港のバスはもう少しスピード落としてもいいんじゃないか。













趙孟頫 老子道徳経巻

DSC_2411 2018年2月28日

散歩では、もう日影を探して歩きます。

DSC_2403chou mou hu DSC_2404趙孟覜

書法は趙孟頫で老子道徳経巻。

趙孟頫の筆使いに気を付けながら

何度も同じ字が繰り返すお手本。

行を間違えないように注意がいります。

趙孟頫は南宋から元の時代の政治家であり書家、画家。

うっとりする字です。

700年も前の字なんてそう簡単に信じられませんね。

DSC_2417香港オーキッドツリー

咲きだした香港の花。

香港オーキッドツリー。

この時期から桜のように次々と咲き始めます。

今年は待ち遠しかった強い日差しの香港。

















     
FC2カウンター
カレンダー
02 | 2018/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
こびとさんの時計

ふたりに触れないで~

フリーエリア
banner-himawari2.jpg
プロフィール

メロンボール

Author:メロンボール
どこにいてもマイペース。
とっても天然メロンです。

なおブログの引用、転載お断りいたします。

カテゴリー
リンク
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索