古文書と中国書法の草書

古文書の解読は特に勉強したかったといったら

娘から父の日のプレゼントと一緒に本が送られてきた。感謝だよ。

DSC_0021古文書

でも初めの一歩なのであまりにもあっさりしている。

さっと読んでふと考えた。

書法の草書の解読はもっと古文書を読むことへの近道なんじゃないかな。

DSC_0020 (3)米芾 草書

現代の中国語は残念なことに簡体語なのであまり参考にならない。

王羲之をはじめ中国歴代の書家はもちろん繁体語だ。

で草書は篇や意味を解読しながら書く。

中国語の古語である広東語は、その繁体語を広東語の発音で読むのだ。

日本語のヒントがちりばめられている。

篇などは日本語と少し違うけれど、その中に深い意味が隠されているので

日本語より理解できる場合がある。

この著者の古文書の続編も出ているのだろうけれど

まず中国の書の草書を読み解くことができたらいいのかな?

力をいれるポイントができました。

ところでこの数日、日本は空梅雨のようだけれど

香港は日本の梅雨のように毎日雨

家から傘のいらない場所に食事。

DSC_0014 (4)金萬庭

ここは私の10本の指に入るお店。

香港のローカルのファミリーたちが列をなします。

私が行ったのはオリンピック駅。

DSC_0018 (3)金萬庭2017年6月 DSC_0016 (2)金萬庭 水餃子

今日は少な目のオーダー。

勿論お茶はポーレイ茶(プアール茶)






スポンサーサイト
     

コメント

No title

古文書の本を贈って下さったお嬢様、親孝行ですね。
最近、本屋さんへ足を運ぶことが少なくなりました。

私も日本へ戻って来て美味しい中国レストランを探してます。
水餃子でしょうか。美味しそうですね。

太巻きおばばさま

目はいかがですか?

やはりどうしてもドイツが恋しいですね。

治ったらまた遊びに行かれるのでしょうね。


> 私も日本へ戻って来て美味しい中国レストランを探してます。
> 水餃子でしょうか。美味しそうですね。

東京はいろいろ本格的な店もあるでしょうね。
でもおいしいと感じる店は別ですね。
頑張って見つけてください。

私は日本の中華はいつも和食のような感じに思います。
レストランの空気なんでしょうね。
ドイツ料理もドイツで食べてこそですね。

私もいつか香港を離れると思うと、心の中に
ポッカり穴が開きそうです。
でも楽しみましょうね♪


No title

こんにちは
以前コメントいただいてましたでしょうか。URLがなかったので間違っていたらごめんなさい。
古文書の手引き、良いですね。少しでも読めると博物館なんかもっと楽しくなるんでしょうね
古文書といえばアガステアの葉も古代タミル語、ヒンディ語のもとになった古代語です。読めるようになるにはインド人でも10年かかると。記事に先んじての情報ですが正当な教育者の引継ぎが今回行われておらず私の友人の代でアガスティアの葉は途絶えてしまうそうです。

sukunahikonaさま

こんにちは。
間違っていませんよ♪
URLを書いていなかったのでお手数おかけしました。

アガスティアの葉に関しては、
インド駐在の間に遠いところまで行ってあってきたという人の話は聞いたことがあります。

sukunahikonaさんのご友人も最後の正当な引継ぎ者とのことですので興味があります。
また日本語できちんと教えていただけると本当に助かります。

それにしてもsukunahikonaさんのブログはインドの社会をこの目で見ているようで
驚きです。

私も一度結婚式に招待されたことがあります。
でもその時いけなかったのが残念です。
その代わりそのご夫婦はサリーを2枚送ってきてくれました。

sukunahikonaさんの足でバスで移動されたり、インドの人たちとの関わりを
こちらから楽しくのぞかせて頂いています♪

またよろしくお願いします。


Secret

     
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
こびとさんの時計

ふたりに触れないで~

フリーエリア
banner-himawari2.jpg
プロフィール

メロンボール

Author:メロンボール
どこにいてもマイペース。
とっても天然メロンです。

なおブログの引用、転載お断りいたします。

カテゴリー
リンク
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索