外国籍

いつもの香港が戻ってきました。

先日の空の青さと一変して朝から強い風が吹いていますが。

香港ではよく知られた情報があります。

前香港行政長官夫妻も今回の行政長官夫妻も習近平主席夫妻も

すべてご子息、ご子女たちは堂々の英米籍。

ましてや今度の香港行政長官キャリーラムさんはご主人もイギリス籍。

このパパママたち、どうしてお子さんたちに外国籍を勧めるのでしょうか?

中国、香港のトップの立場でただただ唖然。

中国の要職の方々はご子息、お孫さん、親戚も外国籍という方多し。

カナダ籍、オーストラリア籍とかバラエティ豊か。

子供たちに外国籍を取らせる要人たち。

中国籍の香港人たちは愛国、愛香港をどんな顔で聞けばよいのでしょうかね?

日本でも二重国籍問題が声高に言われたけれど

中国や香港の要人トップたちからすれば「何が問題?」って話でしょうか。

まあ本人じゃないけれどね。

子供や夫や親戚だからいいでしょってことでしょうか?
















スポンサーサイト
     

コメント

流石ですね。

中国は長い間、
辺境の異民族の侵略に苦しんで来ました。
妥協策として、
良くされたのが政略結婚です。

異民族の王の子が、
中国とのハーフだと言う事になれば、
母親である中国人が、
中国との友好関係を進めてくれるし、
異民族の王子の血縁者が中国の皇族だと言う事になれば、
王子自身も中国と敵対しにくくなる。
朝貢貿易による相互利益も期待できる。

習近平の子がアメリカ人、イギリス人だとなれば、
当然、アメリカの中に、イギリスの中に、
中国人のロビイストが居る事になる。

さすが歴史の長い国ですね。
老獪な政策、遠大な計画です。

実際、私のクライアントには、
多くのブラジル人、ペルー人が居ますが、
まず父親が日本で就職し、
安定したら、奥さん、子、
次に祖父母を呼び寄せる。
こうして日本に定着しています。
国に帰らない。
治安も悪く医療保険も不十分で、
仕事も無いから。
そう言いますよ。

今後もし中国に革命がおき、
共産党独裁が崩壊していも、
我が子がアメリカ、イギリスに国籍を持っていれば、
平然と亡命できる。
財産もアメリカ、イギリスに溜めておけば良い。

どっちに転んでも万全です。

さすが習近平ですね。
感心します。

韓国にもそんな人が大勢いますよ。

それに引き換え日本は、
全く国際感覚がありません。
長期的な視野に立った戦略もありません。

全てが短絡的で、
全てが国際社会を無視した、
井の中の蛙です。

motomasaong さま

こんにちは。

ほんとにさすがです。

アジアの人々はそういう考えが多くて親族の誰かが

外国籍は珍しくありませんね。

勿論香港もです。

ただ一般人と違ってこの時代に国の要人が

平然とできることに驚きますね。

> それに引き換え日本は、
> 全く国際感覚がありません。
> 長期的な視野に立った戦略もありません。
>
> 全てが短絡的で、
> 全てが国際社会を無視した、
> 井の中の蛙です。

本当にそう思います。
日本は井の中の蛙で足を引っ張って
暮らしていくのですね。

よほど何かがない限りこのまま内向きに進んでいくのでしょう。
残念ですが・・・・


Secret

     
FC2カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
こびとさんの時計

ふたりに触れないで~

フリーエリア
banner-himawari2.jpg
プロフィール

メロンボール

Author:メロンボール
どこにいてもマイペース。
とっても天然メロンです。

なおブログの引用、転載お断りいたします。

カテゴリー
リンク
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索