塚田農場  香港ハーバーシティ

日本から香港に進出するお店は後を絶たない。

お寿司、和食、ラーメン、パン、ケーキ・・・・・

この店も7月に開店したできたてほやほやのお店。

塚田農場。

場所がいい。

DSC_0084 (4)塚田農園

窓際の席はみんな予約席だった。
お昼は満員。

DSC_0088 (5)塚田農園 

ランチ時間はデザートメニューがないのだけれど

知らずに頼んだら「いつもはアフタヌーンティータイムだけですけれど

今これだけならできます」と言って作ってくださった♡

DSC_0089 (2)塚田農園 DSC_0090 (3)塚田農園
 
特に抹茶のティラミス。
これいいね。緑が綺麗。

もう一つはアイスの下にサーターアンダーギー。
揚げたてアツアツ。

二つを三人でシェア

DSC_0087 (4)塚田農場

調べたらこのお店日本にも結構あるんですね。

香港の人たちは日本に行く頻度がとても多い。

なので本物の日本が好まれます。

私たちもほっとできます

インターコンチネンタルホテルと景色があまり変わらないね。
しかもお手頃価格でした♡

日本から出店する店は

日本とは比べものにならないほどの高い賃貸料を払って香港にくる。

全部応援するのは大変だけれど

頑張れ~とできるだけ応援したい






スポンサーサイト
     

コメント

No title

え〜?! 塚田農場、香港にもあるんですか〜。
うちの最寄り駅前にもあるんですよ。
人気なので予約取りにくいし、しかも2時間限定です。
ここは、鶏料理が美味しいです。
しかし・・・同じ塚田農場とはいえ雰囲気が違いますね。
うちんとこは吞み屋さんですよ。
香港店は眺めも素晴らしく、お高級に見えます〜〜☆

本当にヘルシーなのは?

和食は健康に良いと言いますが、
実は半分は事実、
半分は嘘です。

天ぷら、すき焼き、寿司。

前2者は油の塊で高カロリー。
寿司は炭水化物とタンパク質。
野菜がほとんど摂取できません。

最近流行りのラーメンに到っては、
大量の鹹水を使い、
豚の脂肪を大量に使い、
塩分も一日摂取量以上。

どれもメタボまっしぐらの食べ物です。

本当に体に良いのは、
お婆さんが作るような、
野菜の煮物、
大根のふろふき、
切り干し大根の煮付け、
サンマやイワシ、豆腐、
煮豆、具だくさんの味噌汁など、
ふんだんに野菜を摂取できる、
家庭料理としての和食と、
お魚メインの食事です。

沖縄も長生きでしたが、
海藻や豆腐、果物やお魚をたくさん食べ、
肉は時々食べる御馳走だった頃だけで、
脂っこい物や肉を大量に摂取するようになって、
寿命が縮みました。

スウェーデンが長命なのは、
福祉国家だから。
イタリアやスペインが長命なのは、
海産物や野菜をたくさん食べるから。

日本が長命なのは、
医療の進歩によるもの。

でも香港が世界一長命なのは?
何故でしょう?

中華料理はおいしいですが、
油の使用量が多い。
お肉もよく食べる。

何故香港が長寿なのでしょう?

北京や上海、西安には行きましたが、
香港には行った事がありません。

謎ですね。

さとちんさま

こんばんは。

今年の7月に開店したばかりですよ。

日本で人気のお店なんですね。

知りませんでした。

拉麺とか美人鍋があって高級店とまではいかないですが

夜はさぞかし景色を眺めてお酒を飲むにはいいだろうなと

思いますよ。

鶏、おいしかったです。もう食べました。

また香港に来られたら夜景はここから楽しんでもいいかも♪♪




motomasaong さま

こんばんは。
>
> 何故香港が長寿なのでしょう?

謎ですね。

でも思うことがあります。
香港ほど刺激のある場所はないと思います。
年をとってもアマサン(外国のお手伝いさん)にお世話をしてもらいながら毎日暮らし、
麻雀や家族との週何回かの食事。
老人でも株などの経済活動。
こういう適度の刺激が高齢になっても毎日ありそうです。

香港も西洋医学が成熟しています。

ただ同時に中薬の医療や医食同源の食事も考えられますね。

私も不思議に思うのは中華に焼き物がないことです。
こげを嫌います。
それとおかずを食べてコメは最後に少しという食べ方も何かあるのでしょうか?
お茶を飲む量は日本以上です。


でも若い人の生活はどんどん変わっていっています。
今後はどうなるかわからないですね。
Secret

     
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
こびとさんの時計

ふたりに触れないで~

フリーエリア
banner-himawari2.jpg
プロフィール

メロンボール

Author:メロンボール
どこにいてもマイペース。
とっても天然メロンです。

なおブログの引用、転載お断りいたします。

カテゴリー
リンク
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索