お茶を淹れる と 冲茶

このチラシ香港の人はわからないかも・・・

DSC_0146 (2)お茶チラシ


 [yim 1] は、水に浸かる とか 溺れるという意味。

広東語でお茶を入れるのは  冲茶[chung1 cha4]

お茶の入れ方は  冲法

珈琲を入れる  冲珈琲



ただしの字は唐の陸羽が8世紀に著わした『茶経』に初めて出てきたようで

日本でえんと読んで脈々と使われているんでしょうね。

番茶はの字を使うのは本来間違いって日本では言われているようですが

番茶はなんと言ったらいいのかしら??


香港の飲茶の時、オーダーした茶葉にお湯入れたポットをもってきてくれます。

追加用のお湯だけ入ったポットももってきます。

それでお客さんたちはまず洗杯をします。(コップやお箸を使う前に洗うこと)

第一次的水不要。

お茶の葉のごみなどを捨てるのに一杯目のお茶は洗杯で使えば一石二鳥というわけです。

香港のように浴びるほど飲むのは冲茶

ルールにのっとってゆっくり入れるのが日本式で「お茶を淹れる」というのでしょうか。

そういえばそうかもしれませんね。

温泉に入るのも冲温泉

シャワーを浴びるのも冲身だから。

番茶を入れるときの字が日本にないならを使えばいいのかも?

ふとそう思いながら今日も決明子茶






スポンサーサイト
     

コメント

Secret

     
FC2カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
こびとさんの時計

ふたりに触れないで~

フリーエリア
banner-himawari2.jpg
プロフィール

メロンボール

Author:メロンボール
どこにいてもマイペース。
とっても天然メロンです。

なおブログの引用、転載お断りいたします。

カテゴリー
リンク
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索