メロンの考えた「卑弥呼」

184年前後に邪馬台国に女王が存在したという

場所は今も何もわからない卑弥呼。

それではメロンも自由に考えてみましょう。

広東語という中国古語も交えてね。

ウキペディアには『三国志』に「卑弥呼」を「俾彌呼」と記してあるらしい。

俾[bei2] は 畀 [bei2]と同じ意味で 与える、くれる、やる、あげる。

動作の上から下などの方向性はなくただその動作を表す。

弥[nei4] とは 彌 [nei4] のことで久しい、満ちるや満月のこと。

また尼の意味も含んでいます。

香港では今も赤ちゃんが誕生して一か月たつと

満月とか彌月と言ってお祝いをするのです。

呼[fu1]は呼ぶ,叫ぶ。

仮に乎[fu4] であれば語気。日本語で「ふう」というのと同じ。

ここはやはり呼ですね。

ということでメロンが考えたのは

俾彌呼 は 満月を招いてくれることあるいは招いてくれる人(尼)のこと。

日食や皆既日食はさぞかし驚くべき事象だったことでしょう。

俾彌呼とは特定の個人の名前というより、職、技能の名前ではないか。

卑より俾である理由は

例えば卑[bei1]であれば 悲しいともとれるし

謙遜の自稱でもあるけれど女王が自分が名乗ったわけではないので

俾彌呼のほうが意味が通るということ。

何にもまして『三国志』にも記してあるのだし・・・・

広東語で読めば卑弥呼俾彌呼も [bei 1 nei4 fu1]  ベイネイフ

普通語で読めば卑弥呼俾彌呼[bi mi hu]   ビミフ (四声は不明)

*広東語と普通語の発音 fとhは分かれています。

ビミフとヒミコ 近いな~。

ウキペディアにはこんなことが書いてある。

一説には、中華思想により、他国の地名、人名には蔑字を使っている為に、この様な表記となっている。

また他の一説には、古代日本語を聞いた当時の者が、それに最も近い自国語の発音を当てた為に、また(中国から見て)単に外来語であることを表す目印として先頭の文字を特別なものとしているというものがある。これは現代日本語でのカタカナの使用や英語での固有名詞の表記、ドイツ語での名詞の表記に似た方法である。

現代日本語では一般に「ひみこ」と呼称されているが、当時の正確な発音は不明。ただし故をコと読むのは平安期以降であることが知られている。



物事とは決めてしまっては面白くない。

いろいろな権威からの知識が決めつけられて順番通り整って行っては身動きがとれない。

考えがすぐに動けるように柔らかな知の土台でないといけないと思う。

卑弥呼の中華思想により、他国の地名、人名には蔑字を使っている為に、この様な表記となっている

そうなのか?

なら蔑字の意味ではないゾ。

現代においてもまだまだ自然には不思議で太刀打ちできない力がある。

今も満月や必要な時に雨や風を呼び込める人がいたなら

卑弥呼 卑雨呼 卑風呼 なんて呼ばれるかしら。

卑弥呼は個人の名前でもないし

卑しいでもなく俾彌呼[bi mi hu] ビミフという技能を持つ人ということではないか。

日本人はどうしても女性には「子」という音が来ると落ち着くようですが

中国語で子[zi]は古代は女の子を指したが

同時に古代には男子の美や尊敬、敬意を表現するのに使われている。

韓非子、墨子、百家の著作は子書

日本でも馬子、妹子がいますね。

俾彌呼の呼が[ko]と読めたら学術的には万々歳なんでしょうが

これは職名だと思うので俾彌呼[bi mi hu]。


お粗末ながらメロンボールが考えた卑弥呼(俾彌呼)の呼び名の意味でした






スポンサーサイト
     

コメント

へ~え!

非常に興味深い解釈ですね。
なるほど。

中国語のドラマを見ていて、
個人名にもちゃんと意味があると知りました。

ただ、日本人には、
漢字の原義がわからない。

卑弥呼と言えば、
日本史の先生に「卑しい巫女」だろうと習いました。

でも卑の文字が違うのですね?

中国語は同音異義語が非常に多いので、
詩や言葉遊びが桁違いに豊富です。

ホリエモンは、活力門「ホーリーメン」という音と
ライブドアlive doorの意味を兼ねた物です。

卑弥呼も恐らく、
純粋な音と職業を兼ねた名なのでしょう。

賢い中国の歴史家が、
音だけで名を付けたとは到底思えませんから。

メロンボールさんの新解釈、
中々面白いと思います。

中国語古代語の広東語の知識と、
日本人としての知識がおありですからね。

motomasaongさま

ありがとうございます。

私は日本語の教師をしていた時期があります。

韓国にいたときに勉強した韓国語も非常に日本語に似ていますが

香港に来て中国語の古語である広東語が

日本語にいかに影響を与えたのかと驚いています。

アカデミックの世界ではどうしても中国語(普通語)を

基準にしてなんでも考えるので

見えないことが多いんだと思います。

広東語はもっと勉強したい分野なので

まだまだ深入りしそうです。

Secret

     
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
こびとさんの時計

ふたりに触れないで~

フリーエリア
banner-himawari2.jpg
プロフィール

メロンボール

Author:メロンボール
どこにいてもマイペース。
とっても天然メロンです。

なおブログの引用、転載お断りいたします。

カテゴリー
リンク
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索