FC2ブログ

家探し スタート (1)

大寒の今日。

それほど寒くなく来週あたりは

もうどんな格好でいるかななんて思わせる気候。

引っ越しは3月中旬の予定だけれど

香港で家探しはまだ早くてなかなか物件を見せてもらえない。

それは物件のオーナー側の理由ですぐ契約してもらいたいからだろう。

見るだけは許さないというスタンスでしょうか。

そんな中で1件、不動産屋さんが見せてくれた物件。

なかなか気に入って3月中旬まで空いているといいなと心配している

66階建ての50階でベランダ付き。

50階はあまりにも怖いがベランダに洗濯ものを干せるのは少し魅力。

今度はお手伝いさん部屋がないので外に干せればいいかもしれない。

勿論物が飛んで行ってもいい覚悟で・・・・

ただ2月中旬の旧正月を挟んでオーナーの強気の値上げ交渉が始まるでしょう。

九龍半島の賑やかなところにいる友人は20%upと言われたようでなんと60万円。

ひと月ですよ。目が飛び出ます。

香港に来た当初は中環でそのあたりの値段だったのが

今はどの地域もほぼ変わりない金額。

彼女は10%の値引きで決着したようだけれど為替でその額は大きく変わりますね。

私はもっと安いところで値段交渉でしょうが

それでも日本で貸している我が家のマンションがかわいそうなぐらいの差があります。

香港の不動産はクレイジー。

2月はじめか中旬の旧正月前を狙って契約できたらと思っています。

今のオーナーはイギリスに住む中華系マレーシア人。

今のようにいいオーナーだといいんですが・・・・・

DSC_2199礼是















スポンサーサイト
     

コメント

No title

目が飛び出るほどの家賃ですね~ 香港ってみんなこんな感じなんですか??皆さんリッチなのかな~

自遊自足さま

こんにちは。

いつもありがとうございます。

> 目が飛び出るほどの家賃ですね~ 香港ってみんなこんな感じなんですか??皆さんリッチなのかな~


不動産は目が飛び出て、感覚がマヒします。

駐在時期が住んで今は自分で支払うのでランタオ島にいますが

それでも日本でこの値段支払うと超高級マンションに入れるという感じです。

香港の人たちのお給料は日本より多いと思いますが

最近の若い人たちは自分で家を買うことをあきらめて

使う人生と決める層が増えていると聞きますよ。

店をしている日本の友人も賃料のために働いているようなものだと言っています。

なので商売も大手でないと香港に進出できないですね。

みんなきりきりのところで頑張っているということですね。

税金が安いのと公共料金が安いのが救いです。

魅力のある街なので世界からくるのですね。


また引き続きよろしくお願いします♪



No title

そうなんですか??? 個人でこれだけ払えるって言うところがすごいですね。確かに日本じゃ超高級マンションですね~

自遊自足さま

おはようございます。

ほとんどの外人(日本人含む)は駐在員なので会社負担です。

私たちは現在、自営なので少し遠くても広くて安くと考えてます。

香港人の中間層は70%ぐらいが公屋という公共の部屋を買ったり借りたりしますが

それもかなりの競争率なので、いつまでも親と二家族同居という形になりそうです。

香港は富裕層が多いのでいくつもマンションを持ったりしている人も大勢で

日本よりも格差がずっと大きいです。

外人はやはり民間のデベロッパーが建てたマンションに住みますが

外資金融に努める西洋人たちは月に何百万円と払う人も珍しくないです。

香港は金額と物件が一致しないので古くても高い、新しければなおさら高いということです。

年金がないのでみんなが自立して資産を貯めようと努力している感じです。

その選択肢に日本や海外での物件購入もあるのでしょうね。

日本では日本が先進国で一番お給料が低いということにみんなが気づき始めているようですが

香港ではもらったお給料をどうすればもっと増えるか若いうちから実践するようです。

そして早くリタイヤして優雅に過ごすのが夢のようです。














Secret

     
FC2カウンター
カレンダー
07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
こびとさんの時計

ふたりに触れないで~

フリーエリア
banner-himawari2.jpg
プロフィール

メロンボール

Author:メロンボール
どこにいてもマイペース。
とっても天然メロンです。

なおブログの引用、転載お断りいたします。

カテゴリー
リンク
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索