FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 世界遺産 長崎市外海の出津集落 

今年のお正月にかねてから行きたいと思っていた

外海の出津集落(しつしゅうらく)。

長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産の一つです。

DSC_0079 (1)出津集落 教会

長崎市は国宝の大浦天主堂と外海の出津集落、大野集落があります。

そのほか南島原市、佐世保市、平戸市、北松浦郡小値賀町、 南松浦郡新上五島町

五島市そして熊本県の天草市。

今回行った外海の出津集落 

絵のような風景でした。

DSC_0092 (1)出津集落

旧出津救助院。

DSC_0088 (3)出津集落 産院 DSC_0083 (3)出津集落 積み石


今でもあまり人が少ないこの地域。

過酷な歴史はやっと日の目を見ました。

当時の人たちの誇りを感じます。

世界遺産に登録されなければ今もひっそりした地域だったでしょう。

日が昇り煌めく海にも

陽が沈み空の瞬く星にも

十字を見たのでしょうか。





レモンチキン

湾仔で用事を済ませ

ビルの1階にある益新へいく。

目的はレモンチキン。

DSC_0105 (5)益新

カラっと上がったチキンにレモンソースをたっぷりかける。

お店も人がソースを自分でかけるか聞いてくれる。

この店はなんでも丁寧な料理が出てくる。

好きなお店の一つ。

DSC_0104 (2)益新

チャイニーズレタスのゆで方最高。

梅菜包もなんとも優しい。

ご存知の人も多いだろうがポットのお湯の追加を頼むときは

このように黙って蓋をずらしておいておくとお店の人がもっていってくれる。

DSC_0109益新 ポット

場所柄会計事務所の人たちがよく来ている。

無駄な装飾のない大人な感じで落ち着く。

DSC_0100 (2)益新

レモンチキンは裏切らないおいしさでした。



側頭神経痛はまだチクチク。

明日の朝も運動。




側頭神経痛でも今年も頑張ろう。

5日の夜に暖かい香港に帰ってきました。

遅くなりましたが本年もどうぞよろしくお願いいたします

昨年の秋から後半は2つの引っ越しを抱え本当にあわただしい生活でした。

年末はとどめの忙しさ。

孫や子供家族全員集まり、子供たちにとっては

久しぶりに親の家に集まったという感じでしょうか?

やはり日本の本拠地を定めておかないといけません。

ここ数年は長崎の母親の家に集まったり、旅行に行ったりと

落ち着かなかったけれど東京からも便利で福岡に定めてよかったかなと思います。

あまりのてんてこ舞いで行ったところも多く

日本での生活は深く広い。

なんともまだまとめられません。

帰ってから疲れがどっと出て、暖かさのせいか

異常な眠さといつものチクチク痛い後頭神経痛。

これは目の疲れと肩こりから来ています。

ところがなんと今回は後頭ではなく側頭。

数秒から1分間隔のチクチクの痛みは、その度に力んで余計に

肩が凝ります。

こんな時は頭から汗を出すのが一番です

毎日1万歩歩いてもなかなか汗が出ない体質なので

こういう時はジムで短期集中で汗をかいて後頭神経痛を治しています。

香港では今回9月に引っ越しをしたばかりのマンションではじめてのジムです。

00120001jym.jpg

自転車こぎを30分

ウォーキングを1時間と思ったけれど45分

これを3日ほど続ければ後頭でも側頭神経痛でも治るはず。

普段は外を歩けばいいんですけれど汗をかくのが自己流治療です。

結構荒治療が好きなんです。

50才代は私的にはとても充実した10年でした。

今の年代はなんだかとても無駄に過ごしている気がするので

今年から心入れ替えて取り返したいと思っています。

公言すればできるかな?


どうぞよろしくお願いいたします。







今年最後のクラゲ

中華でクラゲはよく出てくる食材です。

しかしこんな大きなのは初めて。

00060001kurage.jpg

クラゲ(海蜇頭)のお刺身みたいです。

もっと細く切ってほしかった。 

私の今年の最後の中華料理はこのクラゲになりました。


今年もそろそろ終わりですね。



皆様よいクリスマス🎄🎄と

ご健康でよいお正月をお迎えください。

今年もどうもありがとうございました

多謝


山から遠い

今朝再放送のNHKの「チコちゃんに叱られる」で

「サバを読む」を取り上げていたけれど

私も書いたね。

広東語との関係。

このブログ 

あの番組は「諸説あります」と表示されますね。えらいね。

ではこれはどうでしょうか?

山 卡啦 好遠。   [saan 1 ka3 la1 hou2 yün5 ]

(山から遠い)



卡啦 カラ という漢字はこれは当て字です。


日本の漢字にはないのですが 九の下に日 日の下に九で [ka3  la1]


カラの意味は隅の方、辺鄙なところ、ちょっと離れたところ、隅の席等です。


広東語と言っても現在の若者が使っている広東語は随分変わってきています。



古い広東語を聞くと驚くほど日本語の助詞や助動詞あたりに


大きく影響していると思うのが私の自説です。



「山 卡啦 好遠」 山から遠いと聞いたとき目が丸くなりました。


どう考えましょうか?




     
FC2カウンター
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
こびとさんの時計

ふたりに触れないで~

フリーエリア
banner-himawari2.jpg
プロフィール

メロンボール

Author:メロンボール
どこにいてもマイペース。
とっても天然メロンです。

なおブログの引用、転載お断りいたします。

カテゴリー
リンク
最近の記事
月別アーカイブ
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。